外国人と交流できるゲーム遊び5選!話しながら盛り上がるお酒を飲みながらできるパーティーミニゲーム

今日は「外国人と交流できるゲーム」の話だ。パーティー好きなサロンメンバーに書いてもらった記事。

外国人と盛り上がるゲームとは?

日本人の友達と遊ぶときに、交流して楽しめるゲーム遊び。ボードゲームやパーティーゲームで盛り上がった経験はある人も多い。

ただ、外国人の方とはどんなゲームをすれば盛り上がるだろうか?世界中の人と仲良くなりたい!そう考えている人も多いのではないだろうか。

 

外国人と交流できるゲーム遊び

blank

日本人の友人だけでなく、初対面の海外の方と仲良くなる際にぴったりなパーティーゲーム。楽しいだけでなく、互いの文化の共有や英語上達など、スキルアップのチャンスだ。

今回は、国籍関係なく遊べるパーティゲームについて紹介する。準備などしなくても充分楽しめる内容のものも多いため、是非とも挑戦してほしい。

1 Never Have I Ever の話すゲーム

blank

Never Have I Ever「今まで一度もしたことがないこと」をシェアする言葉遊びはおすすめ。

一人ずつ順番に「今までやったことのないこと」を言い、それをやったことがある人が、お酒を飲まないといけないという交流遊び。

blank

より軽いノリにするなら、ポイントを数えるパターンもある。両手を開いてゲームをスタートして、やったことがある場合は指を折って数えていき、誰かが0になった時点でゲームが終了になる。

このゲームの良いところは、初対面の人同士ならお互いのことについて知ることができること。

blank

また、知り合い同士ならお互いの知ってる経験について攻撃して飲ませるなど戦略的な作戦も可能。簡単な英語や単語で自身の経験を伝えれば良いため、英語初心者の方でも挑戦しやすく、楽しめるゲーム性となっている。

2 Truth or Dare のウソツキ当てゲーム

blank

Truth or Dareとは、「真実か挑戦か」という意味。このゲームで選ばれた人は、「真実(Truth)」か「挑戦(Dare)」を選択する必要がある。

もし「真実」を選んだ場合、質問には何でも正直に答えなければならない。また、「挑戦」を選んだ場合、相手が挑戦して欲しいことを行う必要がある。一度選んだ選択は後から変更することができないため、最初の選択が重要だ。

blank

事前に参加者に紙に質問や挑戦を書いておいて、一枚引くというルールを追加しても良いだろう。

「挑戦」の内容は何でも良いが、大人同士であれば少し攻めた内容のことを書いてみても面白い。また、「真実」の代わりに「飲む(Drink)」という「Drink or Dare(飲むか挑戦するか)」というルールでも盛り上がることだろう。

3 3Likes and Dislikes

blank

Likes and Dislikesとは「好き嫌い」という意味。このゲームではまず、ゲームの前に参加者の好き嫌いを書いた紙を用意する。その紙を引いて、誰がその紙を書いたのかを当てるゲームだ。比較的簡単な英単語でできるため、英語初心者にはオススメのゲームだろう。

blank

また、初対面同士であればお互いの好き嫌いを知ることが出来るため、グループに好きな人がいた場合などは好みを知れる良いきっかけにもなる。

簡単なお題である「食べ物」や「音楽」だけでなく、「シチュエーション」「友達の言動」「好きな人の行動」など、ちょっと凝ったテーマで好き嫌いについて掘り下げると大いに盛り上がるだろう。

アプリを試して外国人と友達になる
blank

アプリなら簡単に友達ができる

正直、「外国人と友達」になるのなら、アプリが一番いい。自分の好みの相手を簡単に探せるからだ。アプリを使いこなして友達を作ろう。実際に使ったおすすめのアプリをこちらにまとめている。

《厳選7アプリ》日本人の友達が欲しい外国人を簡単にみつけるアプリ

 

4 Charades

blank

チャーゲームのこと。特に子供にオススメのゲームだが、もちろん大人でも楽しく遊べるだろう。

用意するものとして、物の絵や動作を表しているカードと、それを隠す袋などがあると良い。遊び方は、絵カードを袋の中に入れ、ジェスチャーをする人が袋の中からカードを取り出す。

blank

そして誰にも見られないようにカードにかかれているものを声に出さずにジェスチャーをして説明し、他の人はそのジェスチャーが何を表現しているのか当てるという内容だ。

カードがない場合や、大人で集まった場合は自分たちで考えたジェスチャーをやってみても良い。また、単語や行動だけでなく、固有名詞やシチュエーションなどを当てるといった応用ジェスチャーも楽しいだろう。

5 Beer pong

blank

Beer pongとはビアポンと呼ばれる飲み会でも有名なゲームだ。映画やテレビなどでも、一度は目にしたことがあるだろう。

ビールやお酒のコップを10個用意し、テーブルの両サイドにボーリングのピンのような位置でそれを並べる。相手チーム側に並べた10個のカップに、1人1投ずつ交互にピンポン玉を投げる。

blank

そして先に敵チームの全てのカップにピンポン玉を入れたチームが勝ちとなる。

アメリカではカップに1/4程度ビールを注ぎ、ピンポン玉がカップに入る度に中身を飲み、カップを片付けるのが基本ルールとなっている。

blank

一発でピンポン玉を入れるだけでなく、ワンバウンドさせたり、ダブルスで戦ったり、ボールの入ったコップに面したコップのお酒を全て飲まなければいけないなど、様々なルールもある。

このゲームの良いところは、言葉が必要ない点である。英語初心者の方も、外国人の方と仲良くなるにはピッタリのゲームとなっている。お酒に自信のある方は是非挑戦してほしいゲームだ。

外国人と交流しよう

blank

日本にも数多くのパーティーゲームが存在するが、海外のゲームも簡単で楽しそうな内容のものが多い。

ゲームの中では会話が必要ない物や、会話によって仲を深めていくルールもある。

そういった機会で新しい友だちの意外な一面を知ったり、男女の仲を深めていくにもぴったりな時間になることだろう。海外留学をした際や、外国人の友人が出来た際には是非チャレンジしてみてほしい。