コレが外国人と関わる仕事5選!脱サラして海外へ行くための英語の伸ばし方

英語を勉強したいと思っている人は多い。実際のところ、外国人と関わるような仕事がしたいと思っている人は、英語を勉強しながら自分の仕事をしたりする。今回は、脱サラして海外で仕事をしたいと思っている人向けのライフハックをお届けする。

 

外国人と関われる仕事

実際、僕自身も脱サラをして海外を目指した人間だ。脱サラをして、海外へ行って、外国人と関わる仕事をしたいと常々思っていた。

☝︎外国人と関わる仕事

1 インターンシップとして語学学校で働く
2 優秀であれば外資系で働く
3 東南アジアは狙い目
4 フリーランスとして旅をしながら収入源を得る
5 海外でビジネス起業する

ただ実際のところ、なかなか外国人と一緒に仕事をできる場所は無い。外資系で働くのもいいが、簡単には受からないのが事実だ。

今回は、よりリアルに外国人と一緒に働ける仕事をまとめる。僕自身が脱サラをして仕事を始めた経験をもとにまとめていく。

1 インターンシップとして語学学校で働く

1番外国人と働く方法としてオススメなのが、インターンシップで語学学校で働くことだ。セブ島のフィリピン留学がものすごく流行っているように、インターンシップとしての枠も増えている。日本の語学学校は、ソフトだ。また100校近くある。語学学校で働くのはありだ。

語学学校でインターンシップとして働くメリットは、1つある。それは、語学学校のスタッフとして、実務経験を増やせることだ。日本が応援している語学学校の多くは、インターンシップを雇っているものの、実態は学生ビザで入国させているものが多い。

実際、労働ビザとして発行するのが良いのだが、インターンシップとして人を雇う代わりに無料で授業を受けさせているといった仕組みがある。そのためインターンシップとして働きながら、語学留学もできるメリットがある。

語学学校で働いている先生と英語で会話をしながら、外国人と働く経験を培うことができる。さらに、無料で英語留学できるとあって、挑戦する人も多いのは事実だ。ただ、収入源がないため、なかなかお金の面で厳しいところがある。外国人と働くといったメリットはあるものの、収入がないのは、デメリットだ。

2 優秀であれば外資系で働く

もし、あなたが優秀であれば、外資系の企業で働くのはアリだ。外資系でオススメなのは、日本人が、無償で海外にビジネスを展開している会社だ。外資系といえど、日本人社長の会社は狙い目。

僕の知人は、タイで映像系のビジネスを展開している。特にバンコクは映像系のクリエイターが多いため、映像の編集技術は高い。こうしたオフショアなビジネス展開をしている外資系企業に勤めるのはありだ。

外資系企業というと、アメリカ系企業を想像する人が多いが、東南アジアにある外資系企業も外資系だ。外国人と仕事をする上で、国籍はあまり関係なく、英語でビジネスの展開をしたい人にはオススメできる。

外資系のレベルも、たくさんあるのが事実だ。海外の会社であればどこも外資系。どこの国でも外資系であるため、自分が好きな国で仕事をしてみるのはどうだろうか。英語が堪能であればどこの国でも仕事ができる。

3 東南アジアは狙い目

東南アジアの外資系企業をおすすめすることを話した。実は、個人的にオススメなのが、フィリピンだ。フィリピンは、公用語が英語であるため、大学を卒業した人であれば大概が英語が堪能な人が多い。そのため英語でコミニケーションが取れれば、大体のことができる。

そしてなおかつタレント性があり、英語がしゃべれて、そこそこ勤勉に働く国民性はなかなか無い。それでいて、人口は1億人近くいて、発展途上国であるが、これからどんどん伸びていくのは間違いない。こうした東南アジアでビジネスを展開するのはありだ。

ITパークと呼ばれる最もきれいなエリアは、日本の街並みと変わらない。むしろ福岡であればそれ以上の感覚ですらあるぐらい綺麗さは否めない。

さらに言えば、フィリピンはビザが長い。長期滞在も可能なのがフィリピンだ。日本人の移住者が多いのは事実。実際の事業をしている日本人経営者が多いため、起業に関する情報がたくさんあるのはありがたい。中国人ビジネスマンや、韓国人ビジネスマンが経営している会社も多いため、アジア各国から成功者が集まっている。

4 フリーランスとして旅をしながら収入源を得る

おすすめなのが、フリーランスとして旅と仕事を両立する方法だ。今やWi-Fiがあるから仕事が完結できる。自分が好きなところで仕事ができるようになった。クラウドソーシングといわれる外注サービスを使って、オンライン上で仕事を探すことができる時代だ。

外国人と仕事をするオススメの方法は、海外のクラウドソーシングを使うことだ。日本では、クラウドワークスやランサーズと言われる2つの会社が有名だが、海外のクラウドソーシングを使うことによって、外国人のクライアントを持つことができる。

フリーランスなら、海外で仕事をすべきだ。海外へ行って海外のクライアントを持つのもあり。外国人のクライアントと英語で話すと、自分の英語力が上達するし、なおかつ自分が目指せるレベルも高くなる。

フリーランスとして世界各国で仕事ができるようになったのだ。

5 海外でビジネス起業する

海外でビジネス起業するのはアリ。僕自身、フィリピンで、自分のビジネスを持とうと考えながら仕事をしてきた。しかしながら実店舗を持つのはなかなかハードルが高いことだと気づいた。そこで僕が始めたのが、動画コンテンツを持つことだ。

YouTubeやティックトックといった海外で流行っている動画コンテンツに、日本の良さを伝える動画を作ることにした。これがなかなか面白そうで、コンテンツに投資をすることで、海外のフォロワーを集めるという作戦だ。今後はこの動画コンテンツを、海外で発展させるために動いていく予定。

実際のところ、海外でビジネスをするのはなかなかハードルが高い。海外の現地で、自分が信頼できるパートナーを見つけないといけないことや、これだという利益が見込めそうなビジネスモデルを探すのが難しい。

こうしたビジネスのハードルを持ちながら、そのハードルを越えていくようにビジネス展開させるのは面白いはずだ。海外の人と一緒にビジネスをするのは、コミニケーションの上でも難しいし、環境の面でも難しい。こうした自分を追い込むような環境を作れるのが海外の面白さだ。

 

脱サラして海外でビジネス起業する

脱サラして外国人と仕事をするのはなかなかハードルが高い。ただ、自分自身を追い込むためにも、今後ビジネス展開を変えないで加速させるためにも、英語を使いながら外国人と仕事をするのはアリだ。今や多様性の生き方となっている現代。いろいろな方法で外国人と仕事をしながら、自分のやりたいことを実現させるのが今風の生き方だろう。今後もこうした生き方を発信しながら僕自身面白いネタがあれば提供させていただこうと思っている。

やはり面白いことをしよう。人生は一度しかないのだから、自分がしたいことに、どんどんコミットしていくべきだ。これからはより面白いビジネスモデルを探したら、即行動して実現させていく時代だ。

 

英語を使って仕事をするリアル

英語を使って仕事をするリアルを取材したこともある。フィリピンの語学学校に勤める女性は、語学学校のスタッフをしていた。英語を使いながら現地のスタッフとやりとりをする様は、難しそうではあるがやりがいはありそうだった。

外国人と仕事をする上でやはりコミニケーションは重要になってくる。外国で英語を使って仕事をするリアルをインタビューを通してまとめた記事がこちら。もし外国で英語を使いながらビジネスしたい人は見て欲しい。
英語を使って海外で働くキャリアウーマン。セブの語学学校で仕事をする女性に密着

 

外国人が使う人気アプリを使って友達になる

外国人に人気のアプリを使えば、簡単に友達になれる。Match は世界25カ国、日本だけでも200万人近くの人が登録している最新の人気マッチングアプリ。海外のマッチングアプリなので、外国人が使いこなしている。人気のマッチングアプリなら外国人との出会いも増えるし、英語の勉強にもなる。今の時代、マッチングアプリを使いこなせない方が時代遅れだと言えるくらい当たり前の存在になっている。

要するに、気の合う外国人と友達になることが先!

せっかく外国人の友達を作るなら、自分と相性のいい相手を探すべき。一緒にいて楽しいと思える外国人の友達を作ろう。趣味や思考が合う相手を探すのならアプリが絶対にいい。下手に国際交流パーティーで変な人と上部だけの友達になるのなら、自分の好みの相手をアプリで探そう。外国人と友達になれるおすすめのアプリを厳選してここにまとめた。《厳選7アプリ》日本人の友達が欲しい外国人を簡単にみつけるアプリまとめ

 

コレ!外国人と仲良くなるための国際交流アプリ!

2019年で最もおすすめなのがこのアプリ。外国人と友達になるのなら、世界で一番使われている Match 外せない。

日本で使っている人だけでも200万人もいる大人気のアプリ。外国人と友達になりたい日本人や、日本人と友達になりたい外国人が使っている。世界25ヶ国、全世界で2,000万人もの利用者がいるので、好きな国の人と友達になれる。このサービスの特徴は、「登録が簡単」なこと。上のように、地域を入力すれば終わる。登録してすぐ、相手を探すことができるため、初心者におすすめの外国人と友達になれるアプリ。

おすすめは、日本に住んでいる外国人にターゲットを絞ること。世界で人気なアプリなため、日本全国で使える。基本的に無料で使用することができるが、より多くの機能を使う場合、有料会員になる必要がある。無料で使ってみて、手応えが良かった際に、有料会員になることをおすすめする。このアプリのおかげで、下手な国際交流イベントやパーティに行くのはやめた。お金を注ぎ込むよりも、気軽に好みの異性の「外国人」を見つけるのなら、絶対にこのアプリがいい。

Match 

☝︎日本全国どこに住んでいても外国人と友達になれる

世界で最もユーザー数が多いアプリで、外国人の友達を探すのが一番早い。世界で人気のアプリなので、日本全国、どこに住んでいても外国人と友達になれる。親日の外国人と出会うこと。もともと親日であれば煩わしいアジア人差別を意識しなくて済む。Match であれば「地域」縛りができる分、親日な外国人を発見しやすい。国際交流する場所がない、周りに外国人が住んでいない人に絶対におすすめできるアプリだ。基本は「無料」で使えるのでダウンロードしておくべき

 

実践編!実際にどうやって僕が外国人と出会ったのか?

これまで、「国際交流」として、数人の外国人と付き合った経験がある。どうやって彼女を作って、どこで出会ったのか。その王道パターンをこの記事にまとめた。これまで隠してきた僕の外国人と友達になる、出会うパターンをこの記事にまとめている。これで出会う実践編!日本で外国人と知り合うための超具体的な8つの方法。正直、こんな話を真剣に俯瞰しながら書くのは恥ずかしかった

☝︎国際交流アプリが一番

最近のブームは、国際交流アプリで外国人と友達になること。僕自身、あらゆる方法で外国人と友達になってきたが、やっぱり「アプリ」はすごいなと思っている。本当におすすめできるアプリがどれなのか、最高のアプリをまとめるためにこの記事を書いた。やっぱり、世界で最もユーザー数が多いアプリで、外国人の友達を探すのが一番早い。世界で人気のアプリなので、日本全国、どこに住んでいても外国人と友達になれるMatch は外せない。おすすめのアプリを紹介していく。