本当?TARGET口コミ評判!実際に2週間セブ留学してターゲットを確かめてみる

TARGET GLOBAL ENGLISH ACADEMY(ターゲット)の口コミ評判が本当なのか、実際に留学して確かめてみた。今回、僕は実際にTARGET(ターゲット)に行って、2週間留学してみた。口コミ評判がいいこの学校の評判が、本当なのか?悪い噂はないのか?実際に留学したからこそいえるリアルをまとめた。

 

口コミ評判をもとに実際に体験してみた

インターネット上には、ターゲットの多くの口コミがある。評判が良いものから不満まで様々あるのだが、実際に僕が2週間留学をしてみて感じることをまとめてみた。

実際にネット上に書かれている口コミ評判は本当なのか僕自身が実体験をもとに検証していく。

1 TARGET(ターゲット)は施設が汚い?

ターゲットは、施設が汚いと言う話がある。これは間違いだ。実際僕が利用している部屋は、かなりきれい。口コミで言うほど、汚い印象は全くない。特に、驚いたのがWi-Fiのスピードだ。

びっくりするほど速く、もしかするとフィリピンのセブ島にある学校の中でベスト5に入る程度の速さなのではないかと思うレベルだ。

実は、僕はこれまでセブ島の学校に留学した経験がある。サウスピークのオリジナル校、Nexseedの英語学校、サウスピークの日本語禁止校、SMEAGのキャピタル校と、4校に行っている。この経験からリアルな話をすると、TARGET(ターゲット)は施設もよく、WiFiも速い。

強いて不満を言うのなら、シャワーの出が悪いこと。フィリピンの水道事情を言うと、シャワーはあまり良くない。そもそも、日本のマンションのような感覚で、シャワーを使えるところはフィリピンでは少ない。

これは、フィリピンのホテルでも標準的なことなので、フィリピンに来る時は意識しなければならないこと。ターゲットに限らず、フィリピンのセブ島全体の問題として、シャワーの出が悪いことは知っておくべきことだ。

2 TARGET(ターゲット)はさまざまなキャリアの人に会える?


ターゲットの面白さは、様々なバックグラウンドの人に会えることだ。要するに、いろいろな職業経験のある人に会える。僕が、ターゲットで受けた印象は、転職の合間に来ている人が多いと言うことだ。

セブ島にある語学学校の多くは、大学生を中心とした若い人が多い。だが、ターゲットは、仕事を辞め、キャリアアップとして英語を学びに来ている人が多い。そのため、20代前半から上は50代まで、かなり幅広い年齢層の方が、生徒としていらっしゃる。人数は、50人から100人程度いるような印象。学校としてはそこそこ人が多いイメージだ。国籍もバラバラで、日本人、ベトナム人、台湾人がいる。

皆、自分のキャリアアップのために来ている人が多く、将来の事や仕事の話などなどより大人な会話をすることができる。英語を勉強することのみならず、社会勉強もできるのがターゲットの良さだ。

もちろん、学生もいる。オススメなのが、就職活動前にターゲットに参加することだ。いちど、社会経験をしている人たちが多い分、より的確なアドバイスをしてくれる。経験談や、日本の会社のリアルを聞くことで、自分のキャリアステップに置き換えて話を聞けるのは大きなポイントだ。

3 TARGET(ターゲット)はマジメに勉強できる学校?

自分で勉強したいことに合わせてくれる。ターゲットは、決まったテキストがない。一番最初の授業で、自己紹介をする時に、自分が勉強したいことを確認される。自分が、勉強したい内容を他の先生に伝えることで、自分独自の勉強カリキュラムを組むことができる。

先生とマンツーマン英会話する授業は、フィリピンのセブ島の語学留学では、当たり前だが、ここまで個人の意見で寄り添って勉強方法を考えてくれる先生たちはターゲットくらいだ。

生徒の数が多い分、先生の数も多い。先生の数が多いため、先生の教え方はまちまちだ。フィリピン人の先生らしいハイテンションな先生もいれば、落ち着いた印象のある静かな先生もいた。僕が受けた先生の中で1番印象に残っているのは、性格が強めの先生だ。ここで、留学のリアルな話をすると僕はその先生と性格が全く合わなかった。

ターゲットの良さは、先生を即変更できることだ。合わなかった先生はすぐに変えることができるのだ。先生と生徒である以上、合う合わないがある。ターゲットは、空いている先生がいればすぐに変更してもらえるところがすごい。勉強しに、お金を払っているためより勉強に集中できる環境があるのおすすめポイントだ。

4 TARGET(ターゲット)は英語の楽しさがわかる?

英語の楽しさがわかると言う口コミ評判があった。ターゲットの先生は、フレンドリーだと言うことで有名だ。フィリピン人は、明るい人が多い。そのため日本人の先生よりも、フレンドリーに感じるところがある。ただ、僕の先生は落ち着いている人が多い。先生たちは、生徒によって、真面目に勉強したり、明るく教えたり柔軟に対応してくれている。

英語の楽しさを学ぶと言う点では、先生とマンツーマンで話す機会が多い分、よりパーソナルな話ができるのが楽しさだろう。セブ島で、英語漬けの環境を作ることで、英語を学びながら英語で会話をする楽しさを知ることができる。

5 TARGET(ターゲット)は無料で留学できる?

ターゲットでは、インフルエンサー留学をしている。インフルエンサー留学とは、SNSのフォロワーやブログの閲覧数が多いマイクロインフルエンサーを、無料で留学招待している。僕も今回無料で留学に招待された1人だ。

このブログの記事もよりリアルな体験談を書くために、実際に2週間ターゲットに留学をしながら書いている。TwitterやYouTube、Instagramやブログを持っている人なら、このインフルエンサー留学に挑戦してみるべきだ。英語を学ばせていただきながら、自分が体験しているこの留学環境を発信する仕事は、マイクロインフルエンサーに最適だ。

この記事を読んだ方が、よりターゲットを好きになり実際に留学していただけると僕は嬉しい。公式サイトや口コミサイトでは見れない部分をよりリアルに発信できればいいなと思っている。

余談だが、ターゲットは健康にもなれる。寮の近くに、鶏が住んでいる。この鶏が朝からすごく仕事をしている。朝6時ごろからコケコッコーと鳴くので朝は自然と起きることができるのだ。これが意外と僕には合っていて、自然な目覚ましを感じれるのはターゲットだけだろう。

セブ島の朝は比較的暖かいので、朝起きやすい。朝から自分のやりたい勉強して、朝食を食べに行くことができるのですごく良い。生活習慣を戻しながら健康に英語を学ぶのならターゲットはありだ。

 

独学で英語を学ぶのは当たり前

結局、英語の勉強は、自分がどれだけ知識を蓄えたのかにかかっている。大量に英語をインプットして、英語で覚えた単語や文法を使って英会話でアウトプットをする。この繰り返しだ。インプットをする時間を「独学」で作れる人は英語のみにかかわらず、どの分野を勉強しても成果が出せるようになる。僕が実際に英語を勉強した時のスケジュールやおすすめのテキストを事細かくこちらに記事にまとめた。9ヶ月真剣に英語と向き合った記録。

英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在