注意!日本で出会ったヤバい外国人4人の話!僕が実際にあった外国人は癖が強かった

日本にいながら外国人と出会いたい。外国人とデートしたいと思うなら、即行動するしかない。実際、日本に来ている外国人はたくさんいる。あなたの好みの男性や、好きな女性がたくさんいるにも関わらず、何もアプローチできていないのはもったいない。

ただ、注意して欲しいのは、出会いを求めて行動するのはいいが、たまにヤバい外国人もいる。今回は、僕が実際に出会ったヤバいと思う外国人をまとめる。そして、その反面、理想の外国人と出会い、外国人とデートするおすすめの方法も紹介する。

 

実録!日本で出会ったヤバい外国人

日本にいる癖の強い外国人には注意して欲しい。実は、最近外国人の来訪者数が増えて分、変な外国人もたくさん日本に来ている。ここでいう変なとは、世界的にみてヤバい奴のこと。僕が実際に出会った外国人の話を紹介する。一言いいたいのは、僕は基本的に外国人が好きだということ。嫌いなわけではなく、出会って驚いた、印象に残っている外国人あるあるネタだ

 

1女の人にしか興味がない外国人

基本、男は女性にしか興味がないのはわかっている。だが、国際交流のイベントでは、その色が顕著に現れる。日本で会った外国人男性のほとんどは、日本人女性が、軽い女だと思っている。少なくとも僕が出会ってきた外国人の統計なので主観でしかないが、彼らは、日本のAVに影響されて、日本人女性を狙っている。

国際交流イベントでは、毎回のように、酔っ払った日本人女性がお持ち帰りされていた。母国では、そこまでモテなかったような外国人男性でも、ここに来ればモテると自信満々に語っていた。そういう場にいる奴に話しかけても相手にされないことが多かった。

まだ学生だった頃の僕は、国際交流パーティーで友達になろうと男にも話しかけていた。別にゲイとかではなく、純粋に男友達が欲しかっただけだ。だが、そういう交流の場にいる外国人男性は、ただただ日本人女性を狩にきているだけ。僕のような学生は全く相手にされなかった。ヤバい奴、それは国際交流パーティーにいるモテると思い込んでいるやつだ。

2母国を溺愛する外国人

韓国やサウジアラビア系の男性は、母国愛が強い。ただ、それが嫌気が差すほど愛が強いことがある。日本のテレビ番組で「日本って最高!」といった内容の話が多いのは、海外でも有名な話。母国愛が強すぎるとして外国人から日本人に突っ込まれることがあるが、彼らもヤバいことが多い。

韓国人の男性で一番驚いたのは、教室に飾られてあった世界地図の「竹島」を「독도」としてペンで書き換えたことだ。これは母国愛が強い。韓国は教育として「独島」は韓国領土であると教え込まれている。日本は日本で「竹島」は日本の領土であると主張している。

要するに、緊張関係がある政治の話を、わざわざ一市民が議論したところで何も変わらないにも関わらず、彼は自分の知識を振りかざすために地図を書き換えたのだ。面白い癖の強い人たちは多い。

 

3空気読めない外国人

頑固な人がいるのもわかるが、日本にいるのならよりマイルドに世界スタンダードな態度を取って欲しい。僕が彼と出会ったのは、大阪の国際交流イベント。彼とは最初会った時の印象から合わなかった。たまたま隣にいた彼の他に何人かで話をしていた。せっかく彼が隣に来たので僕は話しかけたのだが、その時の反応が不愉快だった。

“What do you think about it?” と聞いたら、彼は、”John”と答えた。

確実に彼も話を聞いていたにも関わらず、要するに、自分の名前を言ってきた。名乗りたかったらしい。數十分そこにいた彼は、このタイミングでかつ、かなり無理矢理に自分の名前を名乗ったので、周りの外国人もみんなぽかんとしていた。自尊心が高いタイプの頑固系外国人だった。名乗るのはわかる。ただ、話の空気は読んでくれ。

彼のようなタイプに話しかけた僕が悪かったのと、彼に話しかけてしまった僕の思考が浅かったのだが、不愉快だったのでヤバい奴として記憶している。こういうよくわからない頑固系は、女の子に弱い。女性が話しかけた時は、ニタニタ笑いながら話していた。ただ女の子と話したかったのだろう。

 

4英語がわからないと思って卑猥なことを連呼する外国人

広島の田舎であった外国人は、酔っていないにも関わらず、卑猥な言葉を連発していた。日本の田舎では、英語がわかる人が少ない。そのため、彼は、日常的に挨拶の中で卑猥なことを言っていたようだ。

自己紹介の中で、「売春婦です」だとか「回春マッサージしています」と言ったネイティブが使う俗語を話していた。要するに、真面目で型にはまった英語しか知らない人が多い日本の田舎では、その俗語が理解されず、みんなテキトーなリアクションをとっていたのだろう。

たまたま僕がその俗語を知っていたから、彼はかなり驚いていた。最初の挨拶でその「ジョーク」は僕にとっては、面白くもなかった。酒飲みの場ならまだしも、そこそこ格式のある場だったので尚更だ。

 

ヤバい奴もいるし、いい奴もいる

日本人でもヤバい奴がいるように、外国人にもヤバいと感じる人は一定数いる。おそらく、彼らからしたら、僕の方がヤバい奴だし、この記事を書いているところでヤバいと感じる人も多い。一つのエンタメとしてこの記事を記録として書いてみた。実際、いい奴の方が多いことを僕は声を大にして言いたい

 

実践!日本で理想の外国人に出会う方法

逆に、いい外国人と出会うこともある。僕が実際に会ったいい奴の話もこれからしていくつもり。簡単!日本で外国人と出会う方法!日本に住んでいる外人と友達になるための出会い方とアプリの使い方にいい奴との出会い方やおすすめの出会い方法をまとめた。

 

理想の外国人に会う方法

理想の外国人に出会う方法はいくらでもある。おすすめの方法は、アプリを使って、自分好みの相手を探すこと。もし同性を探しているのなら、自分と趣味の合う相手を探すのがいい。方法はいくらでもある。

 

外国人友達になるならマッチ

外国人と友達になるのなら、世界で一番使われているMatch.com外せない。日本で使っている人だけでも200万人もいる大人気のアプリだ。外国人と友達になりたい日本人や、日本人と友達になりたい外国人が使っている。世界25ヶ国、全世界で2,000万人もの利用者がいるので、好きな国の人と友達になれる。このサービスの特徴は、「登録が簡単」なこと。上のように、地域を入力すれば終わる。登録してすぐ、相手を探すことができるため、初心者におすすめの外国人と友達になれるアプリ。

おすすめは、日本に住んでいる外国人にターゲットを絞ること。基本的に無料で使用することができるが、より多くの機能を使う場合、有料会員になる必要がある。無料で使ってみて、手応えが良かった際に、有料会員になることをおすすめする。このアプリのおかげで、下手な国際交流イベントやパーティに行くのはやめた。お金を注ぎ込むよりも、気軽に好みの異性の「外国人」を見つけるのなら、絶対にこのアプリがいい。

Match.com

☝︎世界最大のマッチングアプリで親日の外国人を見つける

世界で最もユーザー数が多いアプリで、外国人の友達を探すのが一番早い。中でもおすすめなのが、親日の外国人と出会うこと。もともと親日であれば煩わしいアジア人差別を意識しなくて済む。Matchであれば「地域」縛りができる分、親日な外国人を発見しやすい☝︎

 

カウチサーフィンのホストになる

カウチサーフィンは、無料で泊まれる宿泊アプリ。カウチとは、ソファのこと。旅人が現地の国の人のソファを借り渡ってサーフィンすることがこのサービスの成り立ち。無料で自分の家に泊めあうアプリなので、より親密な関係になりやすいのがポイント。AirBnBが流行る前からある旅人に有名なアプリだ。

「ハングアウト」という機能で、日本に来ている旅人の「観光ガイド」をするのがおすすめ。旅で日本に来ている外国人に、自分の家の近所を案内しながら、食事やお酒を一緒に飲める。このハングアウトなら、自分の家に泊めなくてもいいので安心して使える。より詳しいカウチサーフィンの使い方は、カウチサーフィンを使え!外国人と友達になれる無料アプリを徹底的に使いこなす方法。にまとめた。

▷ CouchSurfing

☝︎より自分の趣味に近い相手を探す

純粋に友達が欲しいなら、ホストになって旅人を家に泊めてみよう。簡単に友達が増えていく。

 

 ヤバい奴と出会うならTinder

全世界で流行っているアプリといえば、tinder  だろう。ただ、気をつけて欲しいのが、「ブラック」な使われ方があること。日本で言えば、マルチ商材やネズミ講。海外で言えば、売春の営業として使われることもある。使う場合は十分気をつけなければならない。

面白いのが、Tinderを異性同士の交流アプリとして使っている人も多いこと。女の子同士で、外国人と友達になるために使っている日本人女性もいた。いろんな使い方があるから面白い。

フィリピンでは、フリーランスのフーカーたちが、tinder を使って営業をしていた。セクシーな衣装を身にまとって、購入者を探しているらしい。中にはレディーボーイを混ざっているので気をつけたい。完全無料でできる分、こうした「営業」に使われているのが現状だ。メリットは、完全無料で楽しめること

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-10-20-53-48

Tinder