怪しい?カウチサーフィンを使え!外国人と友達になれる無料アプリを徹底的に使いこなす方法。

カウチサーフィンを使ったことがあるだろうか。カウチサーフィンは無料でできる外国人と友達になれる最高のアプリ。カウチサーフィンの使い方、おすすめの方法をまとめて紹介する。

 

カウチサーフィン(CouchSurfing)はヤレる?外国人と出会うカラクリ

カウチサーフィンはヤレるという噂が立っている。実際に外国人と出会えるものの、やるやらないは相性次第というのが本音。男女が同じ部屋で一夜を過ごすのだからもちろんそういう雰囲気になることもある。そのまま恋に落ちたり、一夜限りを楽しんだり男女としての国際交流も無いとは言えないが、あくまでも恋愛目的での利用はご法度だ。

ただ、ここだけの話、たくさんのゲストとの出会いの中で体の関係になることはなくも無いのが事実。もちろんホストの容姿や力量にもよるが、単純に出会いの多さと、無条件で部屋に泊められると言う点では夜のコミュニケーションに発展するのも珍しいことでは無い

 

カウチサーフィン(CouchSurfing)で実際に外国人と出会う使い方

今回は、カウチサーフィン(CouchSurfing)で、実際に外国人と出会う方法をまとめていく。このマニュアルさえあれば、絶対に外国人と友達になれる。外国人の友達を作るコツを踏まえて、カウチサーフィンのリアルとまとめた。

 

1カウチサーフィンの「ホスト」になれ!

カウチサーフィンを日本で使って、カウチサーフィンの「ホスト」になればいい。ホストになれば、自動的に外国人が自分の家に遊びに来る。外国人が遊びに来れば、簡単に自分の友達が増えていく

カウチサーフィンはfacebookもしくはメールアドレスから簡単に登録、アカウントを作ることができる。基本的には全て無料。アカウントを作ったらまず、自分の仕事、趣味、話せる言語などプロフィールを記入していく。

ホストになるにはプロフィール以外にも、「宿泊させる部屋の宿泊可能人数」、「宿泊が可能な曜日」など、ホストとしての詳細を登録する。ゲストは複数のホストの中からプロフィールや部屋の画像、または本当に安全なホストなのかどうかレファレンス(口コミ)を読んで宿泊のリクエストを送る。だが、最初はゲストからのレファレンス(口コミ)が少なく情報がないため、「口コミ評価」を上げなければならない

 

2プロフィールで「レファレンス」を集めろ!

カウチサーフィンのホストとして活動するには、「レファレンス」を集めなければならない。要は、自分自身の「口コミ評価」をあげるのだ。ゲストが安心してリクエストを送れるように、まずはプロフィールや写真を充実させること。これがが大切。自分がゲストになったつもりでしっかり考えて記入することがリクエストを貰うコツ。

プロフィールの詳細やプロフィール画像をいかに魅力的にするかが、口コミ評価を上げる秘訣。徹底的に使いこなして、トライアンドエラーでどのプロフィールが一番反応がいいか確かめるべき。

 

3ホストで外国人を自分の家に泊めてみる

カウチサーフィンの機能を一通り知ったら、実際にホストとして泊めてみるのが一番早い。ゲストからのやりとりも簡単。

ゲストからのリクエストが届いたらゲストの希望の日付を確認し、宿泊可能ならaccept(承諾)、都合が悪い場合はdecline(拒否)を選ぶ。そこからはカウチサーフィン内のメッセンジャーで実際に会話をして会う場所などを決める。当日は駅などの待ち合わせ場所でお出迎え、軽く挨拶や自己紹介などをしながら部屋に案内してシャワーの使い方や寝床、部屋のルールなどを伝える。

基本的には自由なのでそのままご飯や観光に付き合ってあげてもいいし、様子を見てほったらかしにしてあげても良い。予定していた日数宿泊したらゲストはまた旅路へと旅立って行く。

仲良くなればなるほど別れは寂しい瞬間でもあるが、お金では買えない貴重な経験や出会いに喜びを噛みしめる瞬間でもある。玄関で見送るも良し、駅まで見送ってハグするも良し。たった一泊でも、共に過ごしたゲストが旅立った後の静けさは案外寂しいものである。

4カウチサーフィンの「ゲスト」として国内外で宿泊する

カウチサーフィンは主に、泊める側(ホスト)と泊まる側(ゲスト)の二つで成り立っている。このゲストになるのも外国人と友達になる方法の一つ。旅行先ではホストではなく泊めてもらう側のゲストになるのだがホストとはまた違った楽しさがある。

宿泊代を浮かせられるだけでもありがたいが、何より現地で暮らす人の生活空間に飛び込むことでその土地や国の風土を間近で体験できることがカウチサーフィンの醍醐味とも言えるだろう。とは言え見ず知らずの他人の部屋に泊まるのは不安でもある。

 

5宿泊する前に相手の口コミ評価をチェックすべき!

特に、女性が男性の部屋に泊まる場合は注意が必要だ。まず最初にチェックするのはホストのプロフィールから見れるレファレンスだ。過去に宿泊した人たちが残した口コミみたいなもので、ホストがどんな人なのか、ゲストがどのように過ごしたのかなど様々なことが書かれている

異性の部屋に宿泊する場合は、レファレンスの無いホストは避けるのが無難である。また滞在する部屋の立地などをメッセンジャー等であらかじめ確認し交通費や、治安などの安全面も調べることで旅の思わぬトラブルも防ぐことができる。ホストを決めたら日にちを選んでリクエストを送る。

何も反応が無い場合も多く、一人目でいきなり承認されることは少ないので複数のホストにリクエストやメッセンジャーでコンタクトを取ることが早く宿を確保するコツである。承認されたらメッセンジャーで会話をしながら質問したり当日の打ち合わせをしたりする。

この時点である程度会話をして打ち解けておくことで実際の宿泊も居心地よく滞在できるので、積極的にコミュニケーションを取って親睦を深める。仲良くなればなるほどもてなしてくれるのは言うまでも無いが、第一印象から悪い印象を与えると滞在中のトラブルに繋がり、最後はレファレンスにも影響してくるので最初のメッセンジャーでのやりとりと第一印象は特に気をつけたほうが良い。

 

6日本人はどこの国でも評価が高い

基本的に、日本人の謙虚な国民性は、世界のどこに行ってももてなされる。そのため、必要最低限のマナーと気遣いがあれば問題は無い。当日は待ち合わせ場所で落ち合い、部屋に案内して貰ったら説明を受け、荷物を置いて部屋でくつろいだり、ホストと出かけたり自由に過ごす。

予定してた滞在日数はその場で延長の交渉などもできるので次の滞在先が見つからない場合などは早めにホストに相談しながら調整する。出発の日はなるべく綺麗に部屋を整えて出るのがベター。最後まで気遣いを忘れないことがレファレンスの評価に繋がるのだ。もちろんホストへのレファレンスの記入も忘れずに。

 

7ハングアウト機能を使って近くにいる人と会う

「ハングアウト」とは” hang out ” のこと。要するに、一緒に「出かける」ことができる機能だ。これを使えば、近くにいるカウチサーフィンを使っている日本人や外国人と「ハングアウト」することができる

宿泊無しで気軽に友達を作る方法としてはとしては、ホストとしての設定を”Accepting Guests”(宿泊可)から”Want to meet up”(とりあえず会うだけ)にすると言う方法もあるが、もっと簡単に近くの人と会う方法としておすすめなのがハングアウト機能。ホーム画面の下、左から2番目にある👥マークを選んでハングアウトの設定画面からBecome Available(ハングアウト機能をONにする)をタップする。

ハングアウトで何をしたいのか選ぶ画面になるので”grab beers”(飲みに行きたい)、”drink tea or coffee”(ちょっとお茶でも)等から選んだり内容を自分で打ち込むこともできる。自分で設定して待つのもありだが近くでハングアウトをONにしてる人を見つけてこちらから参加するのが手っ取り早い。

会いたい人を見つけたら実際にメッセンジャー等でやりとりをして落ち合う。すでに近くの人たちが参加してることもあるのでその場合はグループでのハングアウトになる。複数のカウチサーファーと同時に出会えるので友達をたくさん作りたい人にはおすすめだ

 

8イベントに参加する

さらに簡単に沢山の友達を作る方法としてカウチサーファー同士が集まるイベントに参加する方法がある。カウチサーフィンのホーム画面にある”WHAT’S HAPPENING NEARBY?”の下にある”See Events Near Your Location”を開くと周辺で開催されるイベントが表示される。

その中からイベントの内容や日時、参加費などをチェックし”Join”をタップするだけで参加することができる。イベント内容は、みんなで5kmのジョギング、禅の体験イベント、コンサート、カフェでボードゲーム、カラオケなど様々である。

自分の興味のあるイベントを選び集合場所で落ち合い、集まったメンバーでイベントを楽しむのだ。国際交流はしたいけど実家暮らしで人を泊められない場合でも、イベントに参加することで気軽に国籍豊かな友達を作ることができるので一度参加してみることをおすすめする

 

カウチサーフィンは怪しい?事件が起こるのは本当?

カウチサーフィンは怪しいとの噂がある。初めての人は特に気になるところでもあるだろう。しかし、実際はそんな危ないものではない。今まで50人近くゲストを泊めてきた経験から言うと危険なことや不快に思うことは特に思い当たらない。

むしろ一人一人との貴重な経験や思い出、そして世界中にできた友達とまたいつか会える楽しみが僕の人生をより豊かにしてくれている。ただニュースやメディアでは、特に男女間のトラブルやネガティブな書き込みがあるのは確かで、誰でも利用できる便利さ故、レファレンスやプロフィール等ある程度の情報収集は必須である。

特に女性一人で異性の部屋に泊まるのは避けたほうが無難だろう。女性だけではなく男性ゲストから聞いた話で、彼が宿泊した部屋の男性ホストが、一緒にシャワーを浴びようと誘って来たと言う話もある。だからこそ、男性も絶対に安全とは言い切れない。ただ誘いは断れば基本的に相手も無理強いはできないので現地での意思表示はしっかりと示すことが大切である

 

カウチサーフィンを日本人同士で使う

カウチサーフィンに登録してるのは外国人だけではなくもちろん日本人のホストやゲストも居て、登録さえすれば国籍問わず誰でも利用することができる。特に日本国内で利用する場合は日本人同士の場合も少なからずある。英語など語学が得意でなくても日本人同士ならスムーズにやりとりができるのでカウチサーフィン初心者は日本人のホストやゲストを探すのも良いだろう。

経験上、日本人でカウチサーフィンをやってる人は少なからず海外経験があったりグローバルな価値観や自由な生き方をしていたり面白い人も多いので、外国人に限らず様々な人と交流することをおすすめする

▷ CouchSurfing

 

カウチサーフィンは有料6,600円を寄付すべきか?

カウチサーフィンは基本的に無料で使える。僕は正直、間違って有料会費を払ってしまった。その額、6,600円。これが寄付金になっている。例を挙げるなら、Wikipediaと同じような感覚。寄付金として贈与することで、カウチサーフィンがよりよく発展していくことに金銭的に関与することができる。ただ、有料会費を支払う必要はない。

わざわざ寄付金を支払って、メンバーにならなくても使用できる。