不安?初めての留学はホームシックになる?初心者のセブ留学ブログ2週間体験記!クロスロードをおすすめする4つの理由

「留学でホームシックになった」「留学って日本が恋しくなりそうで不安」という人が多い。今回は、セブ留学の初心者にも、何度も来ているリピーターにもおすすめできる「旅人が集まる英会話スクールクロスロード」を実際に留学してまとめた。

 

初めての留学は不安?ホームシックになる?

初めての留学で「ホームシック」になる人がいる。「留学したいけど、日本が恋しくなったらどうしよう」だとか「留学先で友達ができなかったら嫌だな」と不安になったこともあるはず。今回は、初めての留学でもホームシックにならない方法をまとめる。「初めての留学」として、留学したことのない女性と一緒に実際に留学してみた。セブ島にある旅人が集まるクロスロードに行ってみた。

 

女性の初めてのセブ留学を2週間クロスロードでやってみた!

セブ留学は、アラサー女性でも、初めての留学でも安心して留学できる。今回は、口コミでも評判な旅人が集まる英会話スクール「クロスロード」に実際に行って、2週間留学してきた。「初めての留学って不安」「ホームシックになるかも」と心配している女性に向けた記事を書いてみた。

結論から言うと、クロスロードは、初めての留学にも大満足できた。初めての留学で感じるホームシックのリアルな感情の部分。また、どうしてクロスロードで大満足できたのか、満足できた理由をまとめた。

 

1 そもそも初めての留学で1度はホームシックになる?

初めての留学で「ホームシックになるかもしれない」と不安に思っている人もいる。ただ、こんな心配をする必要はない。大丈夫。実際、「ホームシックにならない人はいない」と思う。よくよく考えて欲しい。初めての海外生活が合わなかったり、全部自分のことを英語で説明しなければならなかったり、時差ボケで苦しんだり。不安に感じない人はいないはずだ。言葉が違う環境にいけば、そらだけ自分にストレスがかかる。

だからこそ、「ホームシックになるのは仕方ないこと、ほとんどの人がホームシックになる」と初めから思うのはありだ。

自分が留学中に「ホームシック」になること想定して、予め対策をしておけば大丈夫。自分が留学する目的を明確に「紙に書いておく」のはおすすめ。「2週間で旅するための英語力を必ず身につける」だとか、「瞬間英作文のテキストを必ず1冊終える」だとか。自分自身で留学中に成し遂げることを明確に定めておけば、「何のために留学にきたのか」振り返ることができる。

僕がいま訪れているセブ留学のクロスロードでは、初めての留学でも安心できるポイントが多い。例えば、スタッフの方々や先生方が超フレンドリーだったり、留学で勉強したいと同じ気持ちで来ている人も多い。留学前にホームシックになりそうと悩んでいた自分を忘れるくらい楽しい思い出がつくれるはずだ。ホームシックにならなければならなかったでいいのだから。準備が大切。

クロスロードの学校自体が「かなりアットホーム」だからこそホームシックに悩んでいたことすら忘れる。今回、2週間ほどクロスロードでお世話になったのだが、全く寂しい思いをしなかった。学校の先生の英語の教え方はうまいし、元気で明るい。また、現地のスタッフの方々も手厚く接してくれたおかげで、毎日楽しく生活できた。

ちなみに、僕はこれまで11校もの留学体験をしてきた。その中でも寂しさを感じる学校もあれば、先生の英語の教え方が下手な学校もあった。

その中から比較してもクロスロードは、ベテランな先生が多い分、日本人の発音の仕方や英会話が苦手で文法が得意なことを、よく知っている先生が多かったのだ。だからこそ、日本人の生徒に慣れていて、かつ、教える方法を熟知しているように感じた。こうした「細かい配慮」があるからこそ、初めて留学したとしてもホームシックになることは少ないのかもしれない。

2 クロスロードは友達つくりやすい環境が魅力

留学でもう一つ気がかりなのは、現地で「友達ができる」かどうか。実際のところ、友達はその場の雰囲気による。僕自身、いままで11校もの学校に留学したのだが、実際、学校や校舎によって雰囲気はまちまちだった。

ある学校では、スタッフが親切ではなかったり、より生徒が自分の目標にむかってゴリゴリ勉強していたり。学校によって雰囲気もかわるので、一概に、「留学は友達ができる」とは言い切れない。

クロスロードは「友達ができやすい」と感じた。なぜなら、友達ができやすいほどコンパクトだからだ。僕が留学した時期は、生徒が20人程度。日本人メインの英会話スクールなので、友達はつくりやすい。さらに「旅人」「旅好き」が集まる留学学校なので、「同じ趣味」で意気投合しやすい。旅の話をしてもいいし、世界一周の相談をしてもいい。

人見知りな人ほど、話のネタに困ることが多い。だがクロスロード では、共通の趣味として「旅」をテーマに話すことができるのがポイント。おすすめの旅先でもなんでも気軽にきける環境がある。

あとは余談だが、困ったときはスタッフのこのみさんやみつるさんに相談すればオッケー。この2人にSOSを出せば大丈夫。この2人は巻き込み力があるので、友達に困っていても話かける手伝いをしてくれる。

もし、あなたが「人見知り」で悩んでいたとしても2人が気をかけてくれる。だから大丈夫!と言い聞かせられるほど気が効くスタッフの方がいる。

ここがクロスロードが口コミで評判になっている理由だろう。この環境で友達ができないわけがない。と僕自身思ったほどだ。旅好きが自然と集まってくるこの学校で、英語を学びながら旅の話をしてみよう。

3 クロスロードは日本食が恋しくならない

大きなポイントだ。以前、「クロスロードの料理は美味しいとよく言われるんです」とクロスロードに行ったことがある方から聞いていたのだが、本当に美味しかった。

正直言って、フィリピンの料理はお世辞にも美味しいとは言えない。だからこそ、僕のフィリピンに対する「料理の質」に対するハードルが下がっているのもある。ハードルが下がっているのもあるが、クロスロードの料理は、日本食が恋しくならないほど美味しい。

毎日美味しい料理が食べられるのを楽しみにしているほどだった。やっぱり、食事って大事。僕は昔、料理が美味しくない学校に留学した際、かなり苦労した。毎日、3食ついているのだが、美味しくないので、ただエネルギーを摂るためだけにわざわざ食べていた。という感覚だった。

僕も一緒に留学した彼女も「食事」にはかなり不安になっていた。「セブの料理は美味しくはないよ」と事前に教えていたのだが、その期待を大きく覆してくれた。それくらい衝撃が大きかった。

クロスロードは、毎日の食事が楽しみで仕方なかった。美味しい料理も食べられて、楽しく勉強できる環境はここしかない。

4 勉強に集中できる環境があるのはありがたい

クロスロードを初心者におすすめするポイントは、勉強に集中できる環境があること。食事をはじめ、洗濯や掃除も全てやってもらえる。こんないい環境はない。3食美味しい料理が食べられるし、毎週部屋を掃除してもらえる。

地味なことだが「毎日洗濯してもらえる」って超ありがたい。クロスロードは、洗濯をお願いしたその日に洗濯物が返ってくる。これまでたくさんの留学をしたのだが、平日は毎日洗濯できて、午後には乾いた洗濯物が戻ってくる環境はなかった。洗濯物が毎日出せて、なおかつ、即返ってくるのはありがたかった。

普段自分でやっている「家事手伝い」を全て任さられる生活って快適すぎる。冒頭で説明したホームシックにならない理由の一つにもなるが、自分でやらなくていいことで「自分の時間」をつくれるのは「ストレスがなくていい」。

自分がやりたいことに時間を使えるし、勉強も熱が入る。自分のペースで、自分のやりたい勉強に時間を使えるって素晴らしいこと。

自分がやらなくていいことを全て任せて、「勉強に集中できる環境」をつくるのはなかなか難しい。まして、海外で「英語漬け」になりながら、自分がやりたい勉強だけにフォーカスできるのがクロスロード留学のよさだ。

5 クロスロードは親子留学もできる

クロスロードがよりアットホームだと言われる理由は、親子留学も受け入れられているからだと感じた。ここ最近、親子で家族で留学する人が増えている。だからこそ、クロスロードでは「子連れ」の生徒さんもたくさんいる。

僕のツイッターにも、「家族移住を考えています」「親子留学ってどうですか」といった質問がいくつかあった。海外移住を家族で考えている方にもクロスロードはおすすめできる。

僕が出会った家族は、クロスロードの環境が良すぎて、2度目の留学をされていた。フィリピンでは、ベビーシッターやハウスキーパーを雇いやすい。日本でベビーシッターを雇うよりも安い金額で質のいいシッターを雇うことができる。同世代のちびっこやお兄ちゃん、お姉ちゃんたちに囲まれて、子供を育てるスパイスにするのはありだなと僕も感じた。

将来、自分の子供に「英語を身につけさせたい」と考えている人にもぜひおすすめできる。ただ、親子留学て結構大変。お母さんも不安になることも多いし、受け入れる学校側も細心の注意を払っている。だからこそ、一度「自分で留学」して、クロスロードの環境を見て、親子で留学してみるのもあり。まずは試してみるのも一つの手だ。

クロスロードには、同じように家族移住を考えている人や、実際に移住に向けて動いている人も集まってくる。だからこそ、小さいお子さんや親子で留学できる環境が整っている。

 

女性の留学にも初心者の留学にも家族や親子留学にもおすすめできるクロスロード

クロスロードは旅人が集まる英会話スクールとして有名。だが、実際に参加してみるとあらゆるバックグラウンドをもった面白い人たちに会えた。アットホームで、様々な人と出会えるこの環境は留学先としておすすめできる。

ホームシックになるのではと不安になる必要はない。留学ではたくさんの楽しみがあなたを待っているはず。まずはクロスロードを調べて、問い合わせてみるべき。そのあとは、航空券を買って、留学してみよう。留学は何度でも楽しめるエンタメだ。

 

とりあえずセブ留学しよう!はおすすめしない

「とりあえず、英語圏に留学すれば英語は話せるようになるだろう」と思っている人にはセブ留学はおすすめしない。英語を話せるようになるには、効率の良い勉強を「長期継続」させる必要があるからだ。1週間の短期で留学するのであれば、日本で「効率の良い勉強できる場所」に通った方が断然がいい。

英語を本格的に学びたい方におすすめなのが、 ENGLISH COMPANY 。僕も体験レッスンを受けたのだが、絶対におすすめできる。実験と研究によって証明された「第二言語習得研究」と呼ばれる「学問」データをもとに、英語学習プログラムを作成している。この科学的根拠のある学習プログラムが圧巻。英語を話せるようになった1人の「経験則」ではなく、何万人ものデータを元にした「科学的根拠」のある方法を、一人一人の英語レベルに沿ってパーソナルに提供してくれるのだ。

後悔する?イングリッシュカンパニーの悪い口コミ評判を集めたみた!ENGLISH COMPANYのここがヤバい!

 

独学で英語を学ぶのは当たり前

「正直、留学の費用は高い!」と思った人にはおすすめしない。なぜなら、英語は独学でもできるから。結局、英語の勉強は、自分がどれだけ知識を蓄えたのかにかかっている。大量に英語をインプットして、英語で覚えた単語や文法を使って英会話でアウトプットをする。この繰り返しだ。インプットをする時間を「独学」で作れる人は英語のみにかかわらず、どの分野を勉強しても成果が出せるようになる。僕が実際に英語を勉強した時のスケジュールやおすすめのテキストを事細かくこちらに記事にまとめた。9ヶ月真剣に英語と向き合った記録。

英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在

 

無料のLINE@で英会話スクールやセブ留学を相談してみる

ついに、LINE@で無料相談を始めた。これまで、11校もの留学や、何十校もの日本の英会話スクールに潜入取材をしてきた。「どこの英会話スクールがいいかわからない」「どこの留学がいいのかイメージもつかない」そんな悩みを直接相談できるLINE@

実際に語学の「留学」をして、実際に留学を「体験」を元に赤裸々にお話しします。全学校に実際に行っているからこそ、おすすめできる「留学・英会話スクール無料相談LINE@」はこちらから登録できます。

Abroader|留学と英会話スクールの「無料相談」ができるLINE@!