最強の海外マッチングアプリはどれだ?10選☝︎海外で有名なマッチングアプリで日本にいながら外国人と出会い友達・恋愛できるアプリまとめ

海外で有名なマッチングアプリを使いこなそう。海外で人気のアプリを使えば、外国人ユーザーの方が多いため、日本人がマイノリティーな存在になる。日本のアプリを使って、外国人と友達、恋愛、出会うよりも海外で人気のマッチングアプリを使いこなせた方が、友達の輪が広がる。

 

海外で有名なマッチングアプリ

今回は、海外で人気・有名になっているマッチングアプリをまとめて紹介する。

1Match(マッチ)

世界で一番使われているサイトといえば、Match.com。ユーザー数が200万人近くいる。僕が知る限り、このサービスが世界で最も大きいマッチングアプリだろう。このサービスの特徴は、「登録が簡単」なこと。上のように、地域を入力すれば終わる。登録してすぐ、相手を探すことができるため、初心者におすすめのSNSアプリ

おすすめは、日本に住んでいる外国人にターゲットを絞ること。基本的に無料で使用することができるが、より多くの機能を使う場合、有料会員になる必要がある。無料で使ってみて、手応えが良かった際に、有料会員になることをおすすめする。このアプリのおかげで、下手な国際交流イベントやパーティに行くのはやめた。お金を注ぎ込むよりも、気軽に好みの異性の「外国人」を見つけるのなら、絶対にこのアプリがいい。

Match.com

 

2Tinder(ティンダー)

全世界で流行っている出会いアプリといえば、tinder  だろう。言わずと知れた、若い人たちの「ヤリモク」アプリ。寂しい時、人肌恋しい時に使えるのがこのアプリ。実際、海外でもそういった認知があるほど、このアプリはなかなか大人の匂いがする。無料で使えるこのアプリは、爆発的にヒットした。

ただ、気をつけて欲しいのが、「ブラック」な使われ方があること。日本で言えば、マルチ商材やネズミ講。海外で言えば、売春の営業として使われることもある。使う場合は十分気をつけなければならない。

フィリピンでは、フリーランスのフーカーたちが、tinder を使って営業をしていた。セクシーな衣装を身にまとって、購入者を探しているらしい。中にはレディーボーイを混ざっているので気をつけたい。完全無料でできる分、こうした「営業」に使われているのが現状だ。メリットは、完全無料で楽しめること

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-10-20-53-48

▷ Tinder

 

3Langmate

語学学習を目的としたアプリなら、Langmate が面白い。語学を「学びたい」人と語学を「教えたい」人を繋ぐアプリ。2017年にリリースされたばかりの最新アプリ。プロフィール写真を見ながら先生となる相手を探すことができる。リリースからすぐに50,000ダウンロードを記録するほど人気のアプリとなった。このアプリのポイントは、「親日な外国人」と友達になれること。Facebookの承認を利用している。残念ながらメッセージのやり取りは課金が必要

今、ダウンロード数が増えているアプリの一つ。langmateはさくらが多いとの評価もあるが、僕が実際に使った印象では感じられなかった。むしろ、今勢いのある面白いアプリ。親日な外国人と交流ができるこのアプリを使わない手はない。

と、以前僕は高評価していただ、実際このアプリを使い込んでみると、他のアプリを使った方がいいと感じ始めた。課金してもそこまで話は盛り上がらないし、別のアプリの方が価格的にも良心的。これは僕個人の見解。別のアプリを使った方がいいだろう。

▷ Langmate

 

4EastMeetEast

最近話題になっているのが、こちらの「アジア人」に特化したマッチングアプリ。海外では、アジア人をどうしても「中国人」だと思い込んでいる人たちも多い。僕たちが、アフリカに住んでいる人たちをアフリカ人と大きく捉えているように、アジア人のことを中国人と大きく考えている人もいる。こうした少しの差別というか偏見を持っていないアジア人好きの外国人をマッチングしてくれるのがこのアプリだ

アジア人好きの外国人が交流できるニューヨーク発のベンチャーだ。世界は広いものの、いまだに差別的感情を抱いている人も多い。アジア人を下に見ている外国人も多いのが事実。こうした偏見を持っていない外国人に特化したアプリを探しているのなら、これを使ってみるべき。

ロサンゼルス、サンフランシスコ、ロンドンとアジア人コミュニティーが強くなっている地域に、今どんどん広がっている。今後、より注目して行くべきデーティングアプリ。

▷ EastMeetEast

 

5Locomee

日本にいながら、外国人との交流ができるのがこちらのアプリ。日本にはたくさんの外国人が訪れている。ただ、現状は、そこまで交流ができていない。観光客ならまだしも、定住している外国人たちと交流している日本人は、ほんの一部でしかない。

このアプリを使って、より気軽に外国人と交流をしよう。語学を教わるのもいいし、食事に行くのもいい。気軽に楽しく交流をするのならこのアプリを利用してみるべきだ。

▷ Locomee

 

6OkCupid Dating

海外で流行っているマッチングアプリといえば、このOkCupid Dating。位置情報から近い相手を探してくれる機能が便利。外国人ユーザーがほとんどで、日本人ユーザーが少ないのが特徴。

ただ、使ってみた感想は、日本に住んでいる人はほとんどいないという印象を受けた。要するに、海外で使うべきアプリ。日本にいながらこのアプリを使って、英語でチャットをしたい人には向いている。

▷ OkCupid Dating

 

7happn

いますれ違った人よかったな。話しかければよかったな。という後悔をしたことはないだろうか。 happn は、その後悔をさせないためのアプリ。その日、近くをすれ違った相手が自動的に表示されるシステム。

もちろん、このアプリをやっていなければ表示はされないが、偶然の出会いから密な関係になれるのであれば使ってみない手はない。基本的に無料だが、より高機能を使うには有料になる。

このアプリを紹介しているサイトは多いが、実際にやってみるとそこまで使いこなせないのが現状。このアプリのユーザーが多い場所でないと発揮できないのが難点だ。だから僕はこのアプリは使っていない

happn

 

8Bumble

このアプリは台湾やタイなどアジアで多くユーザーを獲得しているようだが、実際のところ、あまりいい印象はない。このサイトのトップを見てもらうと分かるが、そこまで賑わっている感じがしないのは僕だけだろうか。ユーザーインターフェイスがダサい。

マッチングアプリだが、メッセージが女性からしか送れないレディーファーストなアプリ。tinder と同じシステムで、プロフィール写真をみて選り好みできる。無料で使えるものの、24時間以内に女性からメッセージが来なければマッチングが成立しない面白いシステム。公式ページには、「人生は短いですよ。あなたから行動をおこそう。」と銘打ってある。

▷ Bumble

 

9Skout

アメリカで流行った有名マッチングアプリ。外国人に会うためには、海外で流行ったアプリに参加するのが早い。こちらのアプリでは、パソコンからでも使用できる。

「Search setting」でお近くのエリア設定をすれば、近くにいる相手を探すことができる。利用者は、ほとんどが外国人だ。” ethnicty ” でマッチングしたい相手を選べるのがポイント。” Here ” に設定して、相手を探すのはいいものの、どこまで「近い」のか判断しづらい。使いこなしにくいといった印象を受けた。

▷  Skout

 

10Sweetring

世界20カ国で人気のスウィートリング。利用者は、300万人となかなかの数字。こちらのアプリは、婚活向けユーザーが多いのが特徴。80%以上が婚活に使っているというデータが公表されている。より真剣な出会いを求めている人が多い。気になる相手に、質問をしながら交流をしていくスタイル。ただ、日本では、あまりアクティブユーザーがいない印象を受けた。

このアプリを使ってみると分かるのだが、日本人が使うのはちょっとハードルが高い。なかなか出会えるイメージがわかないし、ユーザーも少ない。

▷ Sweetring

 

最高の海外マッチングアプリは?

結局、どの海外のマッチングアプリも使いこなすまでに時間がかかるし、海外のアプリであるため、海外の現地の人に会うためには、その国に行かなければならない。日本に住んでいる外国人と出会うことすら難しいのに、わざわざその人の国まで行くのは、手間がかかりすぎる。

海外のマッチングアプリを使う基準は、日本に住んでいる外国人が使っているマッチングアプリを使うこと。日本に住んでいる外国人とマッチできる機能があるサービスが使いやすい。

Match.com

Pairs

 

僕が実際に使っているのは、マッチペアーズくらいだ。海外のマッチングアプリで使えるのは、マッチとティンダーくらい。ティンダーは、ヤリモク感がすごいので、最近は全く使っていない。そのため、僕が外国人と友達になる時は、マッチペアーズを使っている。