《バンコク》現地の友達作りにおすすめコミュニティ、国際交流バー、カフェ、イベント、パーティのランキング

タイのバンコクで国際交流をしよう。外国人の友達を作ろう。バンコクで現地人と友達になれる、現地で長期滞在者と交流ができる面白いおすすめスポット、外国人が集まるバー、国際交流の場を紹介する。

 

タイのバンコクで国際交流をしよう

最近、タイのバンコクを旅するデジタルノマドフリーランスの生活をしてきた。バンコクで実際に友達を作ってきた結果、日本人向けのウェブサイトを製作する仕事を請け負うことになった。世界にこうした友達の輪を広げることで、仕事の幅を、日本のみならず、世界へ広げよう。

 

タイ人の英語力

大学を出ている人であれば、だいたいが英語を話せる。と思っていいほど堪能だった。タイの友達いわく、大学生も英語で授業で行われているところにいたため、かなり話せるようだった。

ヨーロッパからのバッパー

バンコクは、その温暖な気候と便利さ、生活費の安さから、世界中から観光客が集まっている。カオサン通り辺りは、ヨーロッパではないかと錯覚するほど、その色は濃い。タイでヨーロッパの友達を作るのもありだ。

 

アプリを使って外国人と友達になる

アプリを使って気軽に外国人と国際交流をしよう。Match.comは、世界25カ国、日本だけでも200万人近くの人が登録している最新のマッチングアプリ。外国人ユーザーが多いのが特徴。日本在住の外国人は、こうした最新のSNSを上手に使って友達の輪を広げている。

日本に住んでいる好みの外国人を探そう。親日で、人との交流が好きな人に出会えるのがポイントだ。他にもおすすめのSNSと使い方を以下にまとめた

▷ SNSで外国人と友達になれるおすすめのアプリまとめ

 

マッチング.com

世界で一番使われているサイトといえば、Match.com。ユーザー数が200万人近くいる。このサービスの特徴は、「登録が簡単」なこと。上のように、地域を入力すれば終わる。登録してすぐ、相手を探すことができるため、初心者におすすめのSNSアプリ

Match.com

おすすめは、日本に住んでいる外国人にターゲットを絞ること。基本的に無料で使用することができるが、より多くの機能を使う場合、有料会員になる必要がある。無料で使ってみて、手応えが良かった際に、有料会員になることをおすすめする。このアプリのおかげで、下手な国際交流イベントやパーティに行くのはやめた。お金を注ぎ込むよりも、気軽に好みの異性の「外国人」を見つけるのなら、絶対にこのアプリがいい。

 

タイ・バンコクの国際交流ができるスポットランキング

外国人の友達をつくる。また、交流のできる場所をさがす。海外を感じることのできる面白い場所に訪れてみよう。僕の経験から、試験たっぷりにタイ、バンコクで友達を作る方法をまとめてみた。

 

1位 ドミトリー

おすすめ度 ★★★★★

英会話学習 ★★★★☆

現地を旅行で訪れるなら、ドミトリーは、かなりおすすめできる。バッパーの聖地と呼ばれるデジタルノマドに好評のバンコクには、各国からノマドフリーランスたちが集まっている。特にヨーロッパからきている人たちが多いのは、いま、宿泊施設と物価が驚くほど安いバンコクが観光のブームとなっているからだ。

Booking.comで、好評のドミトリーを選ぼう。バンコクであれば僕は、Rezt Bangkokを利用してみた。このドームは、交流がある。綺麗な施設で、1泊1,000円程度で泊まれる安さ。年齢層は、20代から40代までと幅広い。僕と同部屋になったのは、51歳の韓国人と、36歳のドイツ人、39歳のオランダ人と若いロシア人だった。ドミトリーは、現地で友達ができるツール。世界中からバンコクにやってくる人たちと友達になろう。

▶︎ Booking.com

 

2位 コーワーキングスペース

おすすめ度 ★★★☆☆

英会話学習 ★★★☆☆

コーワーキングスペースも友達をつくることができる。みんな真剣に仕事をしているところは、別だが、ある程度話をしている場所では、その輪にはいることができる。昼間よりも、やはりアフターファイブの方が人は増えてくる。勉強をしている学生から、フリーランスエンジニアまで様々な人に会えるのがポイント。

実は、コーワーキングスペースが充実しているバンコク。あるスペースでは、定期的なイベントが行われている。こうしたイベントに参加して、友達になるのもおすすめ。なかでも僕が訪れたのは、Growth cafeSPACE@SIAM 。どちらもサイアム駅横にある。どちらかというと、SPACE@SIAM の方が好きだった。1時間80BHTと下手にカフェに入るよりいい。

▶︎ coworker.com bangkok

 

3位 カオサンロード

おすすめ度 ★★★★☆

英会話学習 ★★★☆☆

バッパーの聖地といわれるカオサンロードは、ヨーロッパからのバックパッカーが山ほど集まっている。昼間から、ビール片手にワイワイしているため、お酒が好きならどんどん友達も増えていくばす。

残念なポイントは、彼らの多くが旅行できているため、飲み友達程度の中で終わってしまうこと。より仲良くなるためには、もっと楽しい時間を共有すべきだろう。

▶︎ カオサンロード

 

4位 JJmarket

おすすめ度 ★★★☆☆

英会話学習 ★★★☆☆

地元の人で賑わう JJ market は、若者が集まるマーケット。夜市とも言えるのか、学校からそのままきたような学生たちで賑わっている。タイの大学生は、制服で学校に通う。そのため、どの人が高校生で、どの人が大学生なのか見分けはつかない。これもタイカルチャーなので実際に見てみることをお勧めする。

ファッションのマーケットとしても有名で、ちょっとした洒落たブレスレッドやリングを見つけることもできる。実は、アパレル業界でもこのマーケットは有名。僕の知り合いの原宿のセレクトショップは、ここで小物を仕入れている。他にも、バンコクから仕入れている業者はたくさんあるので、チェックしてみるのも面白い。変わったお土産をはっくするのにもおすすめ。

▶︎ JJ market

 

5位 Rambuttri alley

おすすめ度 ★★★☆☆

英会話学習 ★★★☆☆

実は、カオサンロードよりも一本入った通りの方が、パブが多い。ここ、Rambuttri alley は、雰囲気のいい飲み屋が何件も連なっているのが面白い。ここは、ヨーロッパかと思うほど多くの外国人で賑わっている。朝からビールを飲んで、国際交流をするのもおすすめ。お酒が回ったら、口も回りやすくなる人も多いため、よった勢いで英語学習がてら英会話を楽しんでみるのもおすすめだ。

ちなみに、ナイキやアディダスのTシャツが格安で売ってある。質もそこそこ良い感じだった。

Map▶︎ Rambuttri alley

 

6位 ムエタイジム

おすすめ度 ★★☆☆☆

英会話学習 ★☆☆☆☆

タイで有名なものといえば、ムエタイ。国技として、スーパー格闘技として、日本人にとっても人気のスポーツ。最近では、フィットネス感覚で一種のアクティビティとなっているのが面白い。体験レッスンもできるので、こうした体験をしてかけがえのない「経験」をするのも旅の思い出。格闘技を習いながら、友達をつくってみよう。一緒にスポーツをすること仲も深まる。はずだ。

▶︎ ムエタイジム

 

7位 バンコクのサークルから仲間を作る

おすすめ度 ★★★☆☆

バンコクは、日本人の移住者が数多く住んでいる。バンコクを田舎だと思っている人も多いが、かなりの都会。あらゆるものがそろっていて、かつ、生活費や物価が安い。住みやすい地として有名なほどだ。ここに実際に住んででいる人たちのコミュニティがある。そこから友達を紹介して輪を広げるのもあり。

日本人コミュニティや、日本のガイドブックに載っているレストランへ行くのもいい。日本人向けの味付けのお店には、たくさんの日本人が訪れていた。

▶︎ サークル一覧

 

現地のブロガーに情報収集してみる

おすすめ度 ★★★★☆

現地でお世話になったのが、SEKATABIさん。バンコクでアツイ国際交流できるエリアや、デジタルノマドのおすすめのコーワーキングスペースも教えてもらった。現地のことは、現地に詳しい人に聞くのが一番。

今現在は、パタヤにお住まいとのこと。時間が合えば、次回は、パタヤでドローンを一緒に飛ばしたい。

 

Facebook イベント

Facebookを使って、「地元で開催されている」イベントを探そう。イベントによっては、ニッチなものもあるが、大きなパーティイベントもある。なかでも一押しなのが、現地に住んでいる日本人が主催のパーティやイベント。ここならある程度、信頼が担保されている。

 

英語の勉強をしてから国際交流

世界共通語は、今のところ「英語」。英語を使いこなすことができれば、あなたの交流の幅は広がる。英語は独学で勉強できる。英語学習に使えるテキストを記事にしたので参考になれば。

▷ 英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在

 

全国国際交流マップ

日本で「国際交流」のできる「場所」を全国を旅しながら回っている。外国人と友達になる方法をみにつけて、友達をたくさん増やそう。

▷ 国際交流マップ