台湾で中国人と友達になる方法!台湾人と出会い仲良くなる4つの方法とは?

日本から近く、格安で行けると話題の台湾。最近は、タピオカミルクティーや小籠包の人気も高く、観光地としてますます注目されている。

食べ物が美味しいことで有名な台湾だが、実は台湾の本当の魅力は「人」。人としての魅力に気づいてしまった日本人は、瞬く間に台湾人の虜になってしまう。

とはいえ、台湾人と友達になる方法に悩む方も多いのではないだろうか?そこで今回は、台湾在住経験のある友人に「台湾人と友達になる方法」を聞き出してみた。

 

台湾人と友達になる方法4選

今回は、実際に台湾に住んでいた友人に聞いた「台湾人と友達になるための4つの方法」をまとめていく。

まず、台湾人と友達になる上で気をつけるべきことがある。挨拶程度であれば特に気にする必要はないが、中〜長期的な友人関係になるのであれば、注意が必要とのこと。

それは以下の2点である。
・中国語や英語が全く話せないなら、ある程度日本語を話せる台湾人を見つける
・SNSで繋がる

もし中国語や英語が話せないのであれば、会話を続けるのは至難の技。ただ、台北には、片言でも日本語を話せる方は一定数以上いるので、そういった人にターゲットを絞って探すのもおすすめ。

また、台湾ではFacebook、Instagram、LINEは多くの人が使用している。そのため、台湾の友人と知り合った際にはこれらのアカウントを交換すると良いだろう。

ここからは具体的に台湾人と友達になる方法を解説する。

1 ゲストハウスに泊まる

まずオススメなのが、「ゲストハウスに泊まる」という方法。台湾で観光する際には、ホテルに泊まるのが一般的だが、ホテルだと台湾人の友人を作れる可能性はかなり低い。

一方で、共有スペースのあるゲストハウスに宿泊すると、同じ部屋や共有スペースで台湾人と話す機会が増える。僕の友人は、台湾で50以上のゲストハウスに泊まったらしい。その結果、多くのゲストハウスで台湾人を始め、たくさんの人と友達になれたと言っていた。なかには、料理を一緒に作ったり、夜市に一緒に行ったりするほど仲良くなった友達もいるとのこと。

このように、ゲストハウスに泊まると、運や行動次第で台湾の人と友達になれる確率はグッと上がる。ゲストハウスを選ぶ際は、出来るだけ個人経営っぽい場所を選ぶのがおすすめだ。そうすることで、より台湾人と深く関わることができる。

また、日本にいながらでも台湾人と友達になることは可能。観光やワーキングホリデーなどで、日本を訪れる台湾人も増えている。滞在する場合はシェアハウス、観光ではゲストハウスを利用する台湾人が多い。そのため、こういった場所に足を運ぶと、日本に興味のある台湾人に出会えるかもしれない。

2 台湾の日台交流イベントに参加する

台湾、特に台北では日台交流イベントが盛んに行われている。

台湾で日台交流のイベントを探す方法は主に以下の2種類。

・グーグルで検索してみる(「日台交流会 地名」など)
・フェイスブックで交流会ページを探す

フェイスブックを使って、日台交流イベントに参加している人は多い。ただこの場合、台湾人だけでなく、日本人もいるため、台湾人としか交流したくないという人にはあまりおすすめできない。

逆に日本人、台湾人問わずたくさんの人と友達になりたい人にはもってこいの方法だ。また、これらの日台交流イベントは、東京や大阪を始めとして日本でも行われているので、興味のある人はぜひ調べてみると良いだろう。

3 バーに行く

夜はできるだけゆっくりしたいという人は、バーに行って友達をつくるのもあり。

海外のバーとなると、一気にハードルが上がると感じるかもしれない。たしかに、日本語が全く通じないバーだと、ゆっくりくつろぐどころか、逆に気を張って疲れてしまう。しかし、台北には日本人が運営しているバーもある。

日本人が運営しているおすすめのバーは「台日交流Cafe&Bar Kiseki」。ここならマスターが日本人なので、コミュニケーションに困ることもない。また、そこには日本に興味がある、日本語が話せる台湾人がよく来ているので、声をかければ友達になれる可能性も高い。
僕の友人は、こういったバーで友達をつくり、台湾にいる間よく一緒に遊んでいたらしい。このように、日台交流のバーで友達をつくり、仲を深めていくのもいいだろう。

4 友達に台湾人の知り合いを紹介してもらう

自分の友人に台湾人の知り合いを紹介してもらうのは難易度が低く、安全性も高いのでおすすめ。特に、女性の場合、初対面の人と会うのはこわいという人もいるかもしれない。そういった場合でも、友達の知り合いなら安心感がある。共通の知り合いがいるということで、会話も弾みやすいだろう。

僕の友人も、台湾に住んだばかりの頃は、友達の知り合いを紹介してもらったおかげで台湾人と友達になれたと言っていた。その台湾人と2人で遊びに行くこともあったらしい。

そして、1人の台湾人と仲良くなると、その台湾人の友達とも遊ぶ機会ができる。こうしてどんどん友達の輪が広がっていく。こういった友達の連鎖が生まれるため、まずは知り合いを紹介してもらうのがおすすめだ。

これは、僕の友人の場合に限った話ではない。台湾人は遊びに行く際、友達の友達も気軽に連れてくることがよくあるので、台湾の友達が少しでもできると、芋づる式でどんどん友達が増えていくのだ。

このように、台湾人の知り合いを紹介してもらえるのであれば、それは台湾人の友達をつくる上で最強の方法と言えるだろう。

 

台湾に来たら台湾人の友達を作ってみよう

台湾に観光に来たからには、台湾人の友達をつくってみるのがおすすめ。

今回紹介した方法以外にも、
・言語交換の友人を探すなら「Hello Talk」
・異性の友人を探すなら「Tinder」、「Pairs」
こういったアプリも試してみる価値がある。

実際に「Hello Talk」を使って、言語交換の友達を見つけ、仲良くなっている人もいた。また、欧米人はかなり「Tinder」を使って、彼女を作っているし、僕の友人も「Pairs」を使って台湾美女とデートすることができたと言っていた。このように、アプリを使って台湾人と出会う方法もおすすめだ。

今回紹介した方法をはじめ、外国人と出会い、友達になるのには様々な方法がある。自分に合った方法を用いて、台湾人と友達になるのがいいだろう。