ブログがオワコンの2022年でも40億円を稼ぐマネタイズ方法とは?

これからの時代のサバイブ術を紹介するメルマガ。最新のウェブコンテンツの「デジタル」な世界から、全てのモノを自給自足する「アナログ」なサバイバル術まで、時代を生き抜く収入の生き方をレポートします。

❏ もくじ

❏ 2022年にブログで年商40億円

❏ 2023年はスマホで仕事するからウォッチで仕事する

❏ 2025年はシンギュラリティがくる

ポイントを稼ぐ Walk To Earn のリアル

❏ 手取り13万円がトレンド入り

「厳選したニュース」を元に、「個人で使える方法」を紹介します。

 記事の更新通知をメールで受けと

❏ 2022年にブログで年商40億円

「ブログはオワコン」「いまからやっても遅い」といわれながらも、優秀な人たちはブログで稼ぐを体現しています。

なかでも最近話題になった人たちは「年商40億円」だったとのこと。

25歳で年商40億円の株式会社アルゴリズム、事業実体はサイト貸しを活用したアフィリエイター集団か。過激化するSEOハックの実態に迫った。』の記事にもあるように、どうやら若干25歳で年商40億円になるとのこと。

実際に使われていたといわれる方法は以下。

ざっくり説明をすると、Googleに評価の高いサイトに、広告収入が得られるブログをくっつけて作るイメージです。

❏ 作り方

❶ 街の病院のサイトURLを借りる

❷ ドメインに紐づけて別ブログをつくる(サブディレクトリ)

❸ 高評価のドメインなので検索上位になりやすい

❹ 広告に強いワードで記事を量産する

❺ 他の病院でも別ブログを何個もつくる 

❻ 検索上位のサイトを量産する

例えば、病院の公式予約サイトのURLを使って、新たに別の脱毛サイトを作る具合です。

Googleの検索アルゴリズムは、「地域の病院」や「街のクリニック」など、「ローカルの店舗」や「被リンクが多い」「権威性が高い」サイトへの評価が高いという傾向があるようです。

❏ 個人のブログで応用できる?

「ブログはオワコン」といわれていますが、この「アルゴリズムを読む」視点は大切です。

Twitterも、YouTubeも、TikTokも「アルゴリズム」を理解して戦略を立てる部分は同じです。

❏ アルゴリズムの仮説をつくる

・ドメイン評価はやっぱり重要

・お店の実態があることも考慮される

・予約ページのような「何度も見られるページ」はカギ

みたいな仮説を立てることができます。

要は「ブログ×お店」への評価が高いので「自分のお店=ビジネス」をつくればよさそうです。

❏ 個人がマネできそうなこと

☑︎ 英語ブログ × 英語学習の動画教材・留学の相談会・留学エージェント・国内留学

☑︎ ミニマリストブログ × アイテム紹介Kindle本・出張片付けコンサル・YouTubeルームツアー

☑︎ 動画編集ブログ × テンプレ販売・編集スクール・動画教材

☑︎ 農家ブログ × つくったモノの販売

ブログで稼ぐのが「目的」ではなく、ブログを使ってビジネスを広める「手段」として使う思考です。

「自分のお店」を作る意識をするだけで、結果として

❏ 結果

・お気に入りに入れてもらえるページが増える

・SNSで活動をシェアできる

・被リンクが集まる

・リアル店舗をつくるきっかけになる

僕自身、この「自分のお店をつくる」思考を実験するために「うまみ農園」というさつまいもブログをつくっています。

「さつまいものブログ」をベースに、自分でさつまいもを作って、ブログを使ってさつまいもを販売する構想です。

このブログ、かなり読まれるようになりました。

要するに、自分のビジネスをつくりつつ、ブログもつくる感覚。

ブログで稼ぐのが「目的」ではなく、ブログを使ってビジネスを広める「手段」として使う思考が大事です。

 

❏ 2023年 スマホで仕事するからウォッチで仕事する

アメリカで「iPhoneからApple Watch Ultraに買い換えました」という動画が150万再生を超えています。

動画を見ると時計だけでも生活できる。

ニューヨークが舞台でしたが、日本でもできますね。

時代は「スマホで仕事」から「ウォッチで仕事」ができるようになったようです。

僕自身、2015年ごろから「パソコンで仕事できる環境」を整え、世界各国を旅しました。2017年には「スマホで仕事」できるように全仕事を「スマホ」に集約できるようにしました。

そして、2022年の最新ガジェットを使えば、時計で仕事をすることができる時代です。

❏ 個人ができること

2023年は「ウォッチで仕事する」へ僕もシフトさせます。

この動画のYouTubeチャンネルは2万人と少ないにもかからず、150万再生となっています。

ということは、2023年ごろに、日本でも動画をつくって発信すればおもしろそう。

アップルウォッチなら「音声入力」と「キーボード」が使えます。過去の音声入力の履歴から、入力の精度も最適化されるので文字入力は可能です。

もはや時計を使って執筆することもできます。Twitterやブログ、ライティングの下書きやメルマガなど「文字を書く」仕事はウォッチでできるようになります。

「時計で仕事をする時代」。これやってみたいですね。やります。

 

❏ 2025年はシンギュラリティがくる

おもしろい動画があったのでシェア。

【落合陽一のシンギュラリティ論】シンギュラリティは2025年に来る/ディフュージョンモデルの衝撃/知的ホワイトカラーが没落する/最新版デジタルネイチャー/音楽と論文が数秒でできる』は、より「未来的思考」を養うことができます。

要約すると、コンピューターが、人間の処理スピードよりも恐ろしく進化しているという話です。

まさに、AIが人間を超える「シンギュラリティ」がもう迫っています。

❏ シンギュラリティとは

AIが人間の脳を超えるとき。

❏ 個人が使えるサービスはある?

具体例として、「AIサービス」の実例が挙げられていました。

文字で入力するとモノの数秒でイラストが作れたり、音楽が作れたり、長文が作れたりといった感じ。

AIサービスによって、様々なクリエーションが数秒でできてしまう時代です。

❏ AIサービス

抽象的な画像生成AI ➫ Midjourney
リアルな画像作成AI ➫ DreamStudio
アートっぽい画像AI ➫ DALL-E2
SEO対策記事作成AI ➫ Article Forge
音楽トラック作成AI ➫ Mubert

例えば、作ったイラストを個人で使う例がこちら。

❏ 個人で使える例

・ブログのアイキャッチのイラスト

・YouTube動画のバックサウンド

・Twitterのバナーデザイン

今回のこのメルマガのアイキャッチも「DALL-E」で作っています。

AIサービスを使いこなして「AIクリエイター」になるのもおもしろい。

日本ではまだまだマイナーだからこそ、今から使いこなすのはスキルになります。

 

❏ ポイントを稼ぐ Walk To Earn のリアル

blank

「Play To Earn」や「Walk To Earn」という「ゲームして稼ぐ」とか「歩いて稼ぐ」という言葉が流行って久しいです。

ただ、残念ながら一時期流行った歩くだけで収入になる「STEPN(ステップン)」をはじめとする暗号資産からみのゲームは、ほとんど話を聞かなくなってしまいました。

❏ 個人ができる歩いてポイント

そこで最近伸びてきているのが「楽天ヘルスケア」です。

2022年の10月12日から楽天で「歩いてポイントを稼ぐサービス」がはじまったようです。

シンプルに、1日5000歩を歩くと翌日くじ引きが引ける仕組み。

僕自身毎日歩くことが多く、1日10,000歩以上を歩いています。

❏ 実際にやってみた結果

1日目 1万歩(翌日にくじが引ける)
2日目 6ポイント
3日目 1ポイント
4日目 × (5000歩いかず)
5日目 ×
6日目 0ポイント(はずれ)
7日目 0ポイント(はずれ)
8日目 15ポイント(3日連続ボーナス)
9日目 10ポイント

合計 32ポイント

という感じ。何日か続けることでボーナスポイントがはいるものの、5000歩いかなかった場合の喪失感がすごいですね。

「歩いて稼ぐ」には程遠いです。

blank

今からだと「キャンペーン」で新規登録すると100ポイントゲットできる様子。

「誰でも始められる Walk To Earn」の遊びとして体験するのならいいかもしれません。

楽天ヘルスケア キャンペーンエントリー

 

❏ 手取り13万円がトレンド入り

Twitterで「手取り13万円」がトレンド入りしていました。

つい2年前には「手取り16万円」がはやっていたのですが、もう3万円も下がってしまったようです。

国税庁の『民間給与実態統計調査結果について』にもあるように、平均給与は441万円とここ数年横ばいです。

世界は物価上昇とともに年収も上がっていますが、日本は物価が上がり収入が下がってしまっているのが現状です。

❏ 個人ができる準備

このマガジンでは前々から『日本の安さ』を問題視していましたが、いよいよ「生活で体感する」ようになりました。

別の記事では「日本の安さがわかる本」を紹介しています。

「日本と世界を俯瞰する情報」や「実際に海外に行って体験する」のは大切です。

❏ 日本の安さがわかる本

安いニッポン「価格」が示す停滞

貧乏国ニッポン ますます転落する国でどう生きるか

超加速経済アフリカ―LEAPFROGで変わる未来のビジネス地図

女子大生風俗嬢 性とコロナ貧困の告白

「どんな時代でも生き抜く力」を身につけましょう。これからの時代を生き抜く「サバイバル術」をどんどんシェアしていきます。

混沌とする世の中だからこそ、できることをしましょう。

ミニマムな生活コストを維持しながら、好きなことに時間とお金を投資する。

いつの時代も愚直に「行動する」ことが基本です。

 

記事の更新通知をメールで受け取る

 

❏ 発行元

❏ 株式会社Fab

Twitter

Kindle

プロフィール