【㊙︎】外国人と友達になるメリットって何?4つの出会い友達を作る理由とデメリット

外国人の友達を作ろうと思うけれども、メリットを考える人も多い。友達を作りたいと考えながら、メリットデメリットを気にする人に向けた友達作りの4つのポイントをまとめてみた。どんなメリットやデメリットがあるのだろうか。

1 外国人と友達になって英語を勉強するきっかけを作るのはメリット

外国人と友達になって英語を勉強したいと考える人も多いはずだ。外国人とのコミニケーションは、英語で取ることが多い。世界共通語として言われる英語を話すことで、コミニケーションをとる事は楽しい。自分を成長させるために英語を使って外国人と友達になろう。

ただし、注意が必要だ。英語を勉強するために外国人と友達になると言う発想がもったいない。例えば、外国人が、日本語を勉強したいからあなたと友達になりたいと言ってきたらどう感じるだろうか。少しビジネスチックで、この人と友達になりたくないなと思うだろう。もし、「あなたから日本語を教わりたい。日本語を勉強するために友達になってくれ!」と頼まれたとしたら、少し嫌な気がする。

もし、頼まれた相手が自分の好みであれば別だが、大抵の場合は嫌な気分がするだろう。それと同じように、英語を勉強するから外国人と友達になりたいと考えるのは少しもったいないだろう。外国人と友達になりたいと言うメリットを持ちながら、自分自身で、勉強して、知見を広げる感覚がオススメだ。

2 外国人と友達になることで知見を広げる

外国人と友達になって自分の知識力を高めるのもメリットの1つだ。正直、日本のテレビやマスコミなどあらゆる「情報」は、湾曲していると思ったほうがいい。2011年の東日本大震災では、海外と日本の報道はかなり違った見方をされていた。皆さんもご存じのように、テレビの情報は、信じられるものと信じられないものに分かれている。フェイクニュースの危険性が叫ばれている今、より慎重に自分の情報を選ぶ必要がある。

デメリットは、自分の情報網を広げたことによって、何を信じていいか分からなくなることだ。例えば外国人が〇〇だと言っていたからといって、それを全て鵜呑みにする必要は無い。韓国では日本の歴史を少しゆがめて教育した利、中国では日本に対して反日になるような報道がされることもあった。すべて外国人が言ったからといって全てを信じる必要はないが、自分自身で情報を選択する必要がある。そういった意味ではデメリットにもなるだろう。

3 外国人と友達になるためにマッチングアプリを使うのもあり

Match

Pairs

世界最大級のマッチングアプリを使おう。全世界で使われている有名なアプリを使うことで、外国人との友達を作る。やっぱりアプリが1番効率が良い。2020年以降、マッチングアプリは、より誰でも使えるアプリになってきた。Facebookが昔、マッチングアプリと同じような機能がついていたように、今では、アプリを利用して友達を作っている人はたくさんいる。

アプリのメリットは、日本にいながら外国人と友達になれることだ。日本人の友達間外国人が使っているアプリを利用すると、日本に住んでいる外国人も友達になれる。日本に住んでいる外国人と交流できるアプリを使いこなそう。アプリは、パソコンでもスマートフォンでも簡単に登録することができる。無料で登録できるので一旦無料で登録してみるべきだ。自分に合わなければやめればいいからそれだけだ。

☝︎2つアプリを使い分けて外国人の友達を作る

有名な2つのアプリを使って、友達を作るのはあり。このアプリを使いこなして、どんどん別のアプリの使い方をマスターすべき。初心者ならこの2つはマスト。あとは、より友達なりたい相手を絞って、自分の趣味に合った相手のいるアプリを広げていくのがありだ。

4 オンライン英会話アプリで先生と友達になる

オンライン英会話のアプリを使えば、勉強しながら先生たちと話すことができる。おすすめなのが、綺麗な外国人やイケメンな外国人がいるオンライン英会話。オンライン英会話をやりながら、好みの先生を選んで英語力を伸ばすべき。

ただ、デメリットは、先生と生徒と言う関係だ。先生は、もちろん、英語の学習のために先生をしている。英語を教えるために一生懸命となっているので、あまり邪魔する事はできない。もし、自分と仲の良い性格の先生を見つければ、友達になることが可能だ。オンライン英会話を使って、友達を作りながら、海外に行くのもありだろう。メリットは、日本にいながら外国に住んでいる先生と交流することができること。デメリットは、日本に住んでいる外国人の先生を見つけることが難しいことだ。

【無料50回】オンライン英会話を50回以上使う方法!無料で25社のお試し体験レッスンをやり倒そう!

 

メリットデメリット考える外国人と友達になろう

そもそも、友達を作るのにメリットデメリット考える人がいるだろうか。正直、日本人と友達に会うときに、メリットデメリット考える人少ないだろう。自分が友達になりたい人と自然に友達なるのがベストだ。社会人になればなかなか友達ができない。だからこそ、フィーリングを大切にしながら友達を大切にする人があるだろう。外国人だからだとか、日本人だからということではなく、1人の人間として友達を作るのがベストだろう。

 

 全100種類近くのアプリのなかでどれが一番おすすめ?

最近、「外国人と友達になれるアプリ」が山のように増えてきた。どのアプリもいまいちといった状態なのは否めない。僕はこれまで僕が見つけた全てアプリを試したきた。実際のところ、好きなアプリや使いやすいアプリがある。結局、どの海外のマッチングアプリも使いこなすまでに時間がかかるし、海外のアプリであるため、海外の現地の人に会うためには、その国に行かなければならない。日本に住んでいる外国人と出会うことすら難しいのに、わざわざその人の国まで行くのは、手間がかかりすぎる

僕が外国人と友達になるために、メインで使っているアプリは、 Match Pairs。ティンダーは、ヤリモク感がすごいので、最近は全く使っていない。特に、アジア圏では、Pairs。その他、全世界を相手にする時には、Matchを使っている。この使い分けがおすすめ。

余談をいうと、日本人と出会いたい時は、Omiaiを使う。アラサーになると、Omiaiは、お姉さん系のしっかりした女性ユーザーが多い。頭のいい女性やしっかりした女性と友達になりたい時は、このアプリを使っている。

僕は、30種類以上のアプリを使ってきたが、実際、今メインで使っているのがこの3つ。まずは、この3つをインストールした試すべき。3つを平行して使いこなせれば、絶対に楽しい

Match

Pairs

Omiai

 

もっとアプリを知りたい方へ!親日な外国人が使うアプリを厳選

親日な外国人を見つけよう。「日本人の友達」が欲しい「外国人」に出会えれば、外国人の友達は簡単に増える。マッチングアプリを使えば、自分の好みに合った相手を簡単にみつけることができる。海外では当たり前のようにマッチングアプリが使われている。Facebookやinstagramと同じように、ただのアプリとして新しい出会いを求めている。

アプリを使いこなせば出会いの幅が広がる。下手に友人に紹介してもらったり、パーティーにいく手間を考えれば、マッチングアプリで好みの人を探した方が断然早い。外国人に人気のアプリをまとめた。特に、日本人の友達が欲しい「親日な」外国人が使うアプリを厳選して紹介した記事がこちら