英語でチャットができるアプリ。真剣に言語交換したい人向け、楽しみたい人向けアプリまとめ。

チャット感覚で英語学習を使用。英語でチャットができるアプリを使って、「楽しみながら英語を学習できる」と「本格的に英語学習」ができるアプリをまとめる。

 

チャットで英語学習の息抜きをする

本格的に「語学学習」をするのなら、チャットで英語を勉強するべきではない。ただ、学習の息抜きとして、英語でチャットをするのは大いに賛成。英語は、実際に使わなければ上達しない。より英語学習に特化したい方には、こちらを参考にしてほしい。僕が、英語学習に真剣に取り組んだ時の英語学習スケジュール。

▷ 英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在

 

しっかり語学学習したい方向けチャットアプリ

語学交換アプリがおすすめ。今巷で流行っている語学交換チャットアプリを紹介する。しっかり語学学習をしたい方向けのチャットアプリと、楽しみたい方向けのアプリをまとめた。

 

Hello talk

▶︎ Hello talk

純粋に語学学習をしたい方向けのチャットアプリなら、Hello talk アプリが王道。母国語を教えたい人と、学びたい人がSNS上でチャットができるシステム。Hello talk アプリがしっかり学習したい人向けなのが、Hello talk の運営側が、しっかりとした対策をとっているためだ。

例えば、プロフィールとして、自分の写真を掲載できるのだが、拡大写真を見ることができない。これは、出会い目的で交流をしようとするユーザーをなくすための対策。また、FacebookやLINEといった別のSNSのIDを聞くことは、基本的にできないようになっている。純粋に、語学交換ができるアプリを維持するためのシステム管理が徹底されている。

無料で使えるこのアプリで、真剣に英語でチャットに挑戦してみてはいかがだろうか。

 

HiNative

▶︎ HiNative

HiNativeは、「ネイティブスピーカー」に直接英語の質問ができることだ。もともとこのサービスは、あの有名な Lang-8 の会社が手がけている。Lang-8 は、世界中のユーザーから語学に関する質問ができるネット上のサービス。このSNSのシステムを使った、「質問コーナー」がこのアプリのベースになっている。

質問コーナーでは、本当に気軽になんでも質問できる。発音の訂正をお願いしたり、ネイティブが使う表現かどうか確認したり。世界中にいるユーザーに質問ができる「掲示板」のような感覚だ。世界中のユーザーがあなたの英語の先生になってくれる。

日本にいながら、ネイティブが使う表現の微妙な「差」を知ることができる。教科書やテキスト、辞書を読んでもわからないことは、どんどん聞けるのがいい。

また、HiNative TREK という月額9,800円の有料サービスもある。有料会員では、ITやWEB関連のスタートアップ企業に勤めたい方向けの「ビジネス英語」が学習できる。時間がない人向けに、1日1課題提出するスタイルで、ネイティブの先生が、丁寧に添削してくれる。しっかり学習したい方にはうってつけだ。

 

フラミンゴ

▶︎ フラミンゴ

フラミンゴは、チャットというよりも、対面で英語学習ができるアプリ。アプリで英語の先生を探すことができるのがフラミンゴ。使い方は簡単、自分が学びたい「言語」を選んで、近所にいる「先生」を探して連絡を取る。プロフィールやレビューを見て、相手の人柄や性格が確認できるのがポイント。お好みの先生を見つけて、近くのカフェで「直接」言語を教えてもらうことができる

フラミンゴは、「英語を勉強したい」、「留学や英会話スクールに通うのはお金はない」という方にぴったり。1レッスン500円から受けられ、ご自分の好きな先生と英語を学ぶことができる。「英語」を学習しながら「国際交流」ができるオススメのアプリだ。ちなみに、アプリを使用するには、基本的にFacebook登録が必要なので、 カスタマーサポートを万全とのこと。

 

Facebook

▶︎ Facebook

純粋に、チャットとは離れるが、語学交換の分野では、Facebook は使いやすい。Facebook から、「語学交換イベント」を探してみるのもあり。Facebookでは、世界各国で毎日のようにイベントが開催されている。現在地からイベントを検索できる機能があり、「今日」「明日」開催されるイベントごとを見つけることができる。

旅先で、ちょっと暇になった時は、「ランゲージエクスチェンジ」などの語学交流会に参加してみるのも良いだろう。現地で日本語を勉強したい人たちと交流をして情報収集をするのもおすすめ。僕がフィリピンにいたとき、実際に行ってみたのでこちらも参考にしてみてはどうだろうか。

 

外国人の彼氏彼女を作れば英語は上達するのか

よく、外国人の彼氏や彼女をつくれば、英語は自然と上達するという話を聞く。これは、僕の経験上、当たってもいるし、外れてもいる。このお話の本質は、「親しい仲になること」だ。いつも英語を話せる環境が、彼氏彼女の関係であったというだけで、親友を作って、毎日英語で話すのも有効な手段の一つ。

要は、ネイティブスピーカーと友達になって、リアルな英語漬けになれればそれでいい。その方法の一つとして、親しい「彼氏彼女」といった関係の「お話」があるのだろう。

 

楽しみながらチャットで英語学習したい人向け

親しい友達を作る、もしくは、関係をつくるのなら、チャットができるアプリはおすすめ。気軽に外国人と交流ができ、かつ、英語漬けの環境を作ることができる。おすすめのアプリを紹介する。

 

マッチング.com

▶︎ Match.com

世界で一番使われているサイトといえば、Match.com。ユーザー数が200万人近くいる。このサービスの特徴は、「登録が簡単」なこと。上のように、地域を入力すれば終わる。登録してすぐ、相手を探すことができるため、初心者におすすめのSNSアプリ

相手のプロフィールを読みながら、チャット相手を探すことができる。おすすめは、日本に住んでいる外国人にターゲットを絞ること。基本的に無料で使用することができるが、より多くの機能を使う場合、有料会員になる必要がある。無料で使ってみて、手応えが良かった際に、有料会員になることをおすすめする。下手な国際交流イベントにお金を注ぎ込むよりも、好みの異性を見つけることができる気軽さが便利

 

Tinder

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-10-20-53-48

▶︎ Tinder

全世界で流行っているアプリといえば、tinder  だろう。ただ、気をつけて欲しいのが、「ブラック」な使われ方があること。日本で言えば、マルチ商材やネズミ講。海外で言えば、売春の営業として使われることもある。使う場合は十分気をつけなければならない。

フィリピンでは、フリーランスのフーカーたちが、tinder を使って営業をしていた。セクシーな衣装を身にまとって、購入者を探しているらしい。中にはレディーボーイを混ざっているので気をつけたい。完全無料でできる分、こうした「営業」に使われているのが現状だ。メリットは、完全無料で楽しめること

 

チャットアプリで楽しく語学交流

チャットアプリで英語学習をしよう。世の中にはどんどん新しい商品やサービスが出回っている。やるかやらないかは、自分次第だ。面白いアプリは、どんどんトライしていくべき。

 

日本と海外で国際交流

僕がおすすめのマッチングアプリを以下に紹介した。

▷ 日本と海外で国際交流。外国人と友達になるおすすめアプリ26選