副業で英語を使う!5つのステップ外国人とやりとりする働き方のリアル

英語を使って仕事をしよう。留学や海外移住の経験がある人は、英語を使って仕事をしたいと思ったことがあるはずだ。僕自身も、海外で生活した経験があるが、海外で英語を使いながら仕事をした事はあまりない。今回は、海外に出なくても日本で英語を使いながらできる仕事をまとめていく。日本にいながらでも外国人と仕事ができる方法まとめ。

 

日本での仕事は英語は不要

日本での仕事はやはり英語が必要ない。海外に在住するような人は、エリートが多い。海外駐在になるためには、それなりに日本でのキャリアを充実させなければならない。そのため社内評価も必要となってくるため、必ずしも英語が流暢でなければならない事は無い。むしろ英語が話せなくても選ばれることが多いため、海外駐在しようと日本企業に入るのはナンセンスだ。

逆に、外資系の企業に勤めようとすれば、それなりの英語が必要なってくるためなかなかハードルは高い。残念ながら、外資系に勤められるような英語力を身に付けるにはそれなりのスキルがいるため、なかなか入れないのが現状だ。

 

副業で英語を使えばいい

僕が行き着いた答えは、副業で英語を話すことだ。外国人と英語でやり取りをするようなビジネスを自分で作ることができれば、自分で英語を使って仕事ができるようになる。

今回は、英語で副業ができる方法についてまとめていく。副業で英語を使うようになれば、日常で英語を使うことと似ている。ビジネスで英語を使う機会を身に付けておけば、それもビジネスでの業務経験となるため、より自分のスキルアップにつなげることができる。おすすめの副業外国人と英語を使いながらできる副業をまとめた。

1 海外のオークションサイトで副業

1番人気のある英語を使った外国人と仕事ができる方法は、物販だ。オークションサイトを使って日本のアイテムを海外に出したり、海外のアイテムを日本に輸入したりする方法がある。これは、直接的な英会話が必要ではなく、メールを使ったメッセージのやりとりが基本となる。

海外のオークションサイトeBayを使った方法であれば、日本で購入した中古アイテムを、海外に輸出することができる。これはものすごく面白くて、日本にいながらでも副業として外国人相手に英語を使ってビジネスをすることができる。

この海外のオークションサイトを使ってやりとりをする人は、結構増えてきたのだが、やはり電話は使える人でなければできないと言うハードルも高い。参入障壁が高い分、副業として英語を使いながら外国人と取引をする人は少ない。まずは手始めに英語を使いながらビジネスをしたいと言う人にとっておきな方法だ。

2 オンライン日本語講師で英語を使う

オンラインで日本語教師になる方法もある。アメリカや東南アジアではまだまだ日本の文化に触れたいと言う外国人は多い。しかしながら、日本語を教えてくれる英語ができるスタッフは少ない。アメリカ東南アジアで、日本語を勉強したいと言うニーズはあるものの日本語教えてくれる人が少ないためなかなか機会は無い。

だからこそ、日本人が日本語教師となって、オンライン上で日本語を教えれば良い。この副業も面白くて、オンライン英会話と同じような感覚でオンライン日本語を、外国人に教えることができる。日本語のレベルもまちまちなので、翻訳を英語で行うこともできるため、英語と日本語を使いながらビジネスができる。

オンライン英会話の日本語版であるため、それほど大きな収入にはならないが、副業として日本語を教えながらビジネスをするのはアリだ。

3 外国人向けガイドをしてみる

外国人向けのガイドをする方法も面白い。一時期流行った、エアビーエヌビーのエクスペリエンスを使って観光ガイドをするのもありだ。エアビーエヌビーは、自分の自宅を宿泊料として貸すことができる方法の1つだが、エクスペリエンスを使って観光ガイドになることもできる。

観光ガイドとなれば、自分の友人を日本に招待して自分の好きなところに連れて行くのと同じような感覚でできる。観光ガイドになれるビジネスともあって、英語がしゃべれる英語圏の外国人に対してもビジネスをすることができる。面白いのが、自分が好きなところを好きなように回ることができるところだ。

料金は、自分が欲しい金額を提示できる。さらに、今流行の評価経済と言うプラットフォームである分、レビューが高ければ高いほどあなたに仕事が入ってくる。英語圏の外国人を相手にすれば、副業でありながら、会話を通して英語の勉強もできる。自分の友達も増える分、一石二鳥として英語を話しながら仕事ができるのは嬉しい。

4 日本文化講師をしてみる

日本語の文化を教える先生になるのも、副業として良い。京都を中心に、日本文化を学びたい外国人も増えてきた。日本文化を提供するようなクラスに行ったり、日本の伝統的な作法を勉強できるエクスペリエンスを作っても良い。

日本の文化を知りたい人が多いため、オンラインで授業するのもありだろう。オンラインで授業が出来るようなプラットフォームは、世界各国にあるため、楽しみながら副業をすることができるだろう。

今後も、こうした学びができるオンライン教材というのが増えていく。英語ができるなおかつ日本語もでき、日本の文化を海外に発信できるようなコンテンツ作りは今のうちからしておくべきだ。5Gのインターネット回線がくると言われているこの頃、ライブ配信がものすごく人気となっている。こうしたライブ配信への準備もかねて今からやっておくべきだろう。

5 外国アイテムを日本向けに販売する

海外のアイテムを日本で販売するのもありだ。バイマといったファッションアイテムの専門プラットフォームも人気になっている。僕が昔やったビジネスの1つは、このバイマを使ってブランド品を日本輸入することだった。

バイマは、基本的に在庫を持たなくてもアカウントを作ることができる。在庫なしの取引ビジネスとして、ドロップシッピングのような形で売れたときだけ、アイテムを購入して販売することができる。こちらのプラットフォームも、評価経済と言われるレビューの評価を中心として運用されているため、いかにしてレビューを稼ぐかがキーポイントとなっている。

海外で販売されている海外限定モデルのファッションアイテムを、日本人向けに輸入をして取引するのはありだ。こうした取引も、為替や輸入費用や関税コストによって変化するため、輸入する前には注意が必要だ。どのビジネスもやってみなければ自分に合うかどうかわからないため、どんどんやってみることが大事だろう。

 

副業のアイディアは無限

外国人と英語を話しながらできる副業は様々だ。実際、アイデアを思いつこうと思えばいくらでも思いつくことができる。僕自身が経験をした副業を中心にまとめた記事がこちら。副業100選と言う記事をまとめているのでよかったら見てほしい。
▷  副業100のアイディアまとめ。月100万円以上稼いで、好きなことで収益をあげる方法。

 

英語を使って仕事をするリアル

英語を使って仕事をするリアルを取材したこともある。フィリピンの語学学校に勤める女性は、語学学校のスタッフをしていた。英語を使いながら現地のスタッフとやりとりをする様は、難しそうではあるがやりがいはありそうだった。

外国人と仕事をする上でやはりコミニケーションは重要になってくる。外国で英語を使って仕事をするリアルをインタビューを通してまとめた記事がこちら。もし外国で英語を使いながらビジネスしたい人は見て欲しい。
英語を使って海外で働くキャリアウーマン。セブの語学学校で仕事をする女性に密着