たった1枚のプライオリティパスを持つだけで、旅行が豪華になる「夢」の空港ラウンジカード。

たった1枚のカードを持つか持たないかで、驚くほど「旅」が快適になるカードがある。それが、「空港ラウンジカード」。通称、「プラオリティパス」とよばれる「空港のラウンジ」が「無料」で使い放題になるカードがある。海外ノマドワーカーとして、世界を飛び回るなら、必須のアイテムの一つだ。今回は、おすすめの空港ラウンジカードを紹介する。

 

空港ラウンジが使えるカードには種類がある

空港で利用できるラウンジには、「カードラウンジ」と「空港ラウンジ」がある。こちらのラウンジは提携していて使えるが、あちらのラウンジは、提携していないので使えない。使えるラウンジと使えないラウンジが存在する。

この2つのラウンジを広範囲で網羅する方法が、「楽天プレミアムカード」と「プライオリティパス」の両方を持つ方法だ。

 

夢のカードラウンジカード「楽天プレミアム」

国内線で活躍する楽天プレミアム

カードラウンジは、クレジットカードの会社が、「プレミアム」などの上級会員に用意しているラウンジだ。上級会員だけが使えるスペシャルな空間を提供している。主に「国内線」のラウンジ利用に使用できる。楽天プレミアムカードを持っていれば、提携している「カードラウンジ」を使うことができる。

 

夢の空港ラウンジカード「プラオリティパス」カード

国際線で活躍するプライオリティパス

空港ラウンジとは、空港の「待合室」のこと。ビジネスクラス、ファーストクラスで航空券を予約した人たちが、一般客とは違う場所で搭乗時間まで待機できる「特別」なスペース。この特別な待合室を「無料」で利用できるのが、空港ラウンジカード。要は、このカードを持つだけで、退屈な空港での飛行機の待ち時間が、「夢」のような快適な時間に変わる。もちろん、格安LCCの航空券を持っていてもこのラウンジを使うことができる。

プライオリティパスは、クレジットカードではない。空港ラウンジ専用のカードだ。

 

ラウンジでできること

空港のラウンジでは、「特別な」体験ができる。これらのサービスが全て無料で受けられる。

・シェフによるビュッフェサービス

・各種ドリンクサービス

・シャワールーム

・会員専用の高速wifi

・快適なソファー

・電源コンセント

 

「夢」のカードを発行する方法

この「プライオリティパス」を手に入れる方法はいくつかある。

・プライオリティパス公式ページで申し込む 年会費35,000円

・クレジットカードの特典で手に入れる  無料

便利なプライオリティパスだが、公式サイトから加入をすると、ラウンジが使い放題の会員登録で、年間35,000円ほどの会費がかかる。ただ、この会費を払わずに、プライオリティカードを手にすることあができるのが、「クレジットカード」会社の特典を使う方法。特典で手に入れる場合、「無料」で手に入れることができる。

ただ、実際に、プライオリティパスを手に入れるのは無料だが、これは、あくまでクレジットカード会員の特典。クレジットカード会員の年会費がかかる。

 

最安の年会費で、プライオリティパスが手に入るクレジットカード

僕が知る限り、一番費用をかけずに「プライオリティパス」が手に入るのは、「楽天プレミアム」。楽天カード、ゴールドカード、そしてその上の会員である「プレミアム」になれば、空港ラウンジが使い放題になるプライオリティパスを手に入れることができる。ミニマルな費用で空港ラウンジが使えるカードはないかと探し回ったが、結局、完全無料で使えるカードは存在しなかった。徹底的に調べた結果、楽天プレミアムカードを使って、プタイオリティパスを手に入れる方法が最も費用がかからない。

年会費は、10,000円。空港ラウンジが使い放題になり、かつ、自動付帯の旅行保険をつけることができる。海外ノマドや旅行好きには、オススメのカードだ。プライオリティパスで使える空港ラウンジの1回の使用料は、$29(3,500円)。年間3回以上旅行をする人にとっては、お得なカードとなる。

・年会費 10,000円

・還元率 1%

・旅行保険 自動付帯(旅行保険の詳しいまとめはこちら

▶︎ 楽天プレミアム

 

審査もさほど難しくはない

楽天プレミアムの会員になるのは、難しい審査がいらない。日本で一番といっていいほど簡単に会員になれる「楽天カード」をお持ちなら、そのままそのカードをグレードアップさせることができる。

 

わかりにくい加盟ラウンジ

そもそも空港ラウンジには、いくつかの会社がある。「空港そのものが提供しているラウンジ」や「航空会社が独自で運営しているラウンジ」、「クレジット会社のラウンジ」などなどわかりにくい。空港にあるラウンジが全てつかえるわけではないが、「プライオリティパス」は、ほぼほぼどこの空港でも利用できる。

・世界120各国400都市

・世界1,000箇所以上

 

国内線では、「楽天プレミアム」カードを持って行く

カードラウンジ」と「空港ラウンジ」で使えるカードが異なる。国内線では、「カードラウンジ」が使えることが多いため、カードラウンジが使える「楽天プレミアム」カードを持って行こう。国内線の待合室にあるラウンジをこちらのカードで使う。

 

国際線では、「プライオリティパス」を持って行く

国際線の空港ラウンジでは、プライオリティパスがほぼ使える。海外へ行く際は、必ずこちらのカードを持って行くべき。もちろん、カードラウンジも使えるが、「プライオリティパス」の空港ラウンジの方が豪華であることが多い。

 

使える空港ラウンジはネット検索して探す

「カードラウンジ 〇〇空港」や「プライオリティパス 〇〇空港ラウンジ」とネット検索しよう。そうすれば、ほぼどこの空港でも行った人のブログ記事を探すことができる。空港ラウンジを利用した内容のレビューがあるため、迷わず「プライオリティパス」が使えるラウンジを見つけることができる。

 

プライオリティパスで空港ラウンジを使い倒す方法

空港ラウンジが使える「プライオリティパス」を使って、旅行を快適にしよう。このカードを思う存分に使い倒す方法が以下。

・ラウンジのはしご 空港ラウンジへは、搭乗券を見せれば何度でも入れる。ラウンジをはしごすることもできる。

・乗り換えの待ち時間 飛行機の乗り換え時も使える。乗り換え時間が快適に過ごせるのは大きなメリット。

・24時間ラウンジ 24時間使えるラウンジもある。シャワールームがあるラウンジで、快適に一夜を過ごすこともできる。

・早めに出発してラウンジを楽しむ いつもより早く空港に到着して、高速wifiで仕事をこなすのもいい。

・LCCでも利用できる LCCの航空券でも利用できるため、フライト前に食事を済ませることもできる。

 

僕が実際に使ってみた空港ラウンジ

実際にプライムカードを使って、いくつかのラウンジを利用してみた。どこの空港ラウンジも快適。空港での待ち時間が苦手だった僕が、今では、好きになってしまった。何時間も前から空港入りして、高速wifiでパソコン作業をしながら、コーヒーで至福のひとときを過ごす。これが空港ラウンジの楽しみ方だ。

 

タイバンコクスワンナプーム空港ラウンジ

ラウンジも4箇所程度あり、どこもこういった綺麗な施設が多かった。僕の搭乗ゲートから最も近いラウンジを利用して、空港での待ち時間を快適に過ごした。おすすめは、サンドイッチ。おいしかった。

 

台湾ラウンジ

台湾では、乗り換えの時間に利用した。高速wifiであったため、ひらすらパソコン作業をし続けていると、搭乗時間になっていた。空港ラウンジのデメリットは、時間を忘れてしまうことだろう。乗り遅れないように気をつけるべき。

 

香港ラウンジ

香港のラウンジでは、比較的広い施設を利用した。ここには、シャワールームやトイレが充実しており、かつ、席数も多かった。スープヌードルが名物だった。

 

空港ラウンジを楽天プレミアムカードで使いたおそう

楽天プレミアムカードを持とう。「楽天プレミアム」の機能で「国内線」のカードラウンジを使う。楽天プレミアムの特典を使って、無料で作れる「プライオリティパス」で「国際線」の空港ラウンジを使う。この2枚を持つことで、空港にあるラウンジほぼ全てで使えるようになる。

空港ラウンジが使える「プライオリティパス」を使った、空港での待ち時間を有意義機に過ごそう。今一番、費用をかけずにこのカードを手に入れるには、「楽天プレミアム」会員になるのが最もおすすめ。海外ノマドとして、旅をしながら仕事をする人には、必須のアイテムだ

▶︎ 楽天プレミアム

 

旅行に持っていくべきクレジッット4厳選

実際に僕が旅に出るときは、4つのクレジットカードを使い倒す。本当に使える旅行におすすめのクレジットまとめ。

▷ 僕が実際に使い倒している、海外旅行に持って行くべきおすすめクレジットカード4選。