外国人観光客が驚く日本の凄い5つのところ!特有のマナー?伝統?

「外国人が驚くこと」や「日本の凄いところ」を知ろう。

外国人観光客が驚く日本のすごさとは?

今回は、外国人と100人以上会話をしてきた中で感じた外国人観光客が驚く点をまとめてみた。日本で生活しているだけでは感じない日常の驚きを紹介する。

1 規律がしっかりしている

blank

日本の縦社会の統率力は海外から見ても驚かれる凄いところ。例えば、東日本大震災の時に、物資の供給でも「整列をして順番に並んで待った」と驚かれている。

規律がしっかりしているイメージがあるため、日本人は紳士で礼儀正しいと言うような印象を受ける人も多い。

blank

ただ、実際はそこまでではないと日本に移住して日本っぽさをリアルに体感する外国人も多い。厚生労働省の外国人の雇用する上でのルール』にもあるように、外国人労働者に関するルールがある。ただ、ここに記載されている以上に日本で働くことは難しい。

例えば、コンビニエンスストアで働く外国人は流暢な日本語を話すし、日本語を話せだとしても現場で外国人労働者へのいじめが起きているなど『外国人労働者問題』も多々ある。

2 ルールを守る文化

blank

よく外国人に驚かれるのが「ルールを守る文化」。もちろんルールを守ららない人もいるが、90%以上の人が守ると感じるくらいみんなが集団行動を取れるのが凄いところ。

要するに、ルールを守って空気を読む人が多いと言うことだ。例えば、マスク着用の義務がなくてもルールがあればほぼ全国民がマスクを着用する。

海外では罰則が義務にならなければマスク着用が守れなかったものの、日本では全員がルールとしてマスクを着用したのも凄いところ。

3 看板の多さや文字を読ませるデザイン

blank

日本の驚くデザインの1つが「看板の多さ」だ。特にネオン街と呼ばれるように光り輝く看板屋文字が多いことに驚く人も多い。

理由はいくつか挙げられる。1つは識字率が高いこと。意識率が高い分、文字を読ませるデザインが多い。また、単一民族で構成されている日本だからこそ、日本語のみで表記すればこと足りることも理由の1つだ。

blank

欧米諸国では識字率もあり、文字が少なくデザインだけでわかるような島国も多い。それに比べてアジア圏では文字が多用されているデザインをよく見る。広告には、読ませるデザインも多いため、文字が多用されている。

4 回転寿司と生魚

blank

生魚をこれほどまで多くの種類食べる文化は世界になかなかない。観光客は100円寿司といったリーズナブルなお寿司を日本で食べて感動する。

理由は単純に、これほどまで多くの種類の生魚を海外で食べる習慣が少ないため。特にヨーロッパ圏や、海に面していない国では、そもそも生魚を手にすることすら難しい。だからこそ、生魚をこれほどたくさんの種類扱えている国は少ない。

blank

特に、回転寿司のように何十種類もの生の魚を扱える飲食店が全国各地でしかも安く提供しているのは驚く習慣。農林水産省の『にぎりすし』にもあるように江戸前の寿司は、いまや全世界に知れ渡っている。

5 安い日本

blank

2022年の歴史的な円安傾向から「日本が安い」という印象を持つ人が増えた。実際、円安による爆買いが始まりつつあり、外国人が自国でものを買うよりも、日本の方が安いという現象になっている。

blank

2022年の後半以降、日本に来る外国人観光客も増えていきそうだ。少しずつ円安も鈍化して適正価格に落ち着くだろう。ただ、今後の日本の将来を考えるとより「円安」に進まざるを得ないのかもしれない。

だからこそ日本円で資産を持つ人よりも外貨で資産を保有する人も増えてきている。いずれにせよ、外国人は日本の「安さ」に驚いている。

外国人のことを知ろう

blank

外国人のことを知ろう。今後は日本の人口が減少していくからこそフリーランスや個人事業主は海外のことを知る意味がある。理由は簡単で、日本だけだと将来的に商圏人口が少なすぎるからだ。

「外貨を稼ぐ」「外国人向けのビジネスをする」ようなフリーランスになれば今後も商圏人口を増やしてビジネスをすることができる。

だからこそ海外の情報や外国人の分析をしよう。

アプリを試して外国人と友達になる
blank

アプリなら簡単に友達ができる

正直、「外国人と友達」になるのなら、アプリが一番いい。自分の好みの相手を簡単に探せるからだ。アプリを使いこなして友達を作ろう。実際に使ったおすすめのアプリをこちらにまとめている。

《厳選7アプリ》日本人の友達が欲しい外国人を簡単にみつけるアプリ