【2022年】新しい働き方3つの仕事!副業も本業も大切なこと

新しい働き方を身につけよう。2022年はより混沌とした世の中になりつつある。

もしあなたが今の働き方に納得いっていないのであれば、副業や転職などできることをすべきだ。

2022年こそ新しいことを始めよう

新しい働き方トレンド

トレンドはどんどん移り変わるからこそ、できることを始めよう。

1 変化し続けること

やっぱり、変化し続けることって大事。フリーランスや経営者は特に「変化」を楽しめないと時代に遅れる。

例えば、ブログがはやったらブログはじめたり、YouTubeが伸びたらYouTubeやる。TikTokの時代なら順応するのが必要なスキルだ。

結局、世の中は変化する

どんどん新しいことをしよう

新しいことに挑戦するスキルが必要。

2 新しいことを楽しめること

blank

新しいことを「ワクワク」しながら受け入れられ人が「ずっと生き残り続けている」のが現実だ。

要するに、「進化を継続している人」ほど世界で生き残るわけだ。

進化を継続してできるか

どんな人が生き残る?

☑︎ 新しいことを楽しめている人
☑︎ 進化し続けている人
☑︎ 理想を追い求めて変化している人

3 未来の先取りができること

blank

「昔のコンテンツが好きでした」とか「前やってたYouTubeでビジネスの話が聞きたいです」というメッセージをくれる人もいる。

ただ、昔やったことや前の出来事を繰り返したところで「劇的な変化」は起こせない。だからこそ、「これからの時代を先取りする」ような未来のトレンドを発信していている。

僕のプロフィール」にまとめた「やってきたこと」を見ると面白い。これまで、日本で流行る「ちょっと先のこと」をどんどん発信してきた。

よくよく振り返ると、やってきたほとんどのことを「先取り」できている。僕はやっぱり「これから流行ることを先取りしてやる」のが得意だ。

これまでやってきた先取り

未来を見据えてやる

☑︎ リモートワークしながら旅する生活
☑︎ 手ぶらで旅するミニマリスト
☑︎ Kindleで雑誌をつくるマネタイズ
☑︎ FIREの早期リタイアの話題
☑︎ 焼き芋ブームの前にさつまいも栽培
☑︎ サステイナブルとゼロウェイストの話

4 変化し続けること

blank

世の中では「脱資本論」や「脱成長」という言葉が流行っている。『人新世』というマルクスの資本論をベースにした本がかなりの高評価でバズっていたくらいだ。

ただ、ここ最近は、「やっぱり人類は進化し続けるべきだよね」とか「成長によって貧困死者数が減ったよね」という資本主義のポジティブな見方も出てきた。

要するにホモサピエンスが進化できたのは、人類が成長し続けたからだという話だ。火を使い、道具をつくり、集団で生活して食料を確保するようになったように、「進化」は人類に必要だという思考。

逆に言うと、「進化し続ける」必要がある。風の中の流れに乗るのではなく、流れを先取りするように「新しいことをする」必要がある。

このブログでは何度も「先取り」の話をしてきた。「新しいこと」や「知らないこと」は嫌われがちだが、「変わらなければ」進化に遅れてしまう。

5 生き残るフリーランスは進化し続けている

blank

かつて、僕と同じ時期にフリーランスになった人は、軒並みいなくなってしまった。ポジティブな転職として新たな道をスタートした人は良いが、フリーランスをやめ、病気になり連絡が取れなくなっている人もいる。

サラリーマンでもフリーでも「進化し続けること」ができた人が生き残っている。人類の歴史も同じで、進化し続け、生き延びるように「行動すること」が必要だ。

幸い、僕自身、「新しいこと」や「進化すること」が好きなので、趣味感覚で楽しく生き延びれている。

毎日、新しいことをするのが楽しくて仕方がない。むしろ、平凡な日常に飽きてしまうので、新しいことを探すことが日課になっている。

フリーでも副業でもサラリーマンでも、この世の中を生き残るキーワードは「進化し続けること」かもしれない。

変化し続けることを発信する

blank

だからこそ、このブログでは「新しいこと」「これからの時代に流行ること」をどんどん先取りして発信していく。

新たな時代を先取りして実験していく場所。

2016年に脱サラ宣言

2016年にリタイアすることを決めた記事

blank

2016年に会社を辞めてアーリーリタイアして独立することを決意した。それがこの記事。今読み返すと恥ずかしさしかないが、当時の気持ちをそのままリアルに残している。もし、僕と同じようにあなたも「仕事を辞めたい」「転職したい」と考えているのなら共感してもらえるはずだ。

脱サラして海外移住する計画