【具体的】1日3時間しか働かなくていい方法!働かない生き方おすすめのFIRE脱サラする副業ビジネスアイディア

「新たにはじめるならこれ!」というビジネスの話。どうやら最近「1日3時間しか働きたくない」とか「そもそも働きたくない」という人も増えている様子。たしかにサラリーマンとして働くことが当たり前である今、「働くことが悪」なのは否めない。

ただ、世の中には「1日3時間しか働かなくていい」「働かない生き方」を実現する副業ビジネスがある。今回は実際に島でとあるビジネスを見つけた。これよかったのでシェア。

1 継続してお金がかかるビジネスは続けづらい

「コストがかからない」「ロスがでない」ビジネスってかなり優秀だ。要するに自分がやりたいことをするに当たって「お金がかかる」「維持費がかかる」ことって「長く続けること」が難しい。

趣味も同じように、お金がかかり続けることってなかなか続けづらいだろう。ビジネスも同じで運営コストがかかるモデルは「長続き」しない。

例えば、飲食店もそうだ。レストランやカフェは頻繁につぶれたり、改装されたり、店舗がなくなったりする。これは「維持費にすこぶるお金がかかる」ビジネスだからだ。特に「食材」は廃棄ロスが生まれやすく維持コストがかかる。また人を雇うにも「人件費」や「教育費」、さらには店舗の家賃など運営するために莫大なコストがかかるわけだ。

2 お金がかからないビジネスは長続きできる

逆に「コストがかからないビジネス」は長続きする。例え本人が飽きたとしても継続できる。

例えば、アブサロンメンバーの1人が行っている「廃品回収事業」も「お金がかかりにくい」ビジネスの一つ。「いらなくなったもの」や「不要品」を回収して、そこから収益を生み出せるモデルだ。特に超高齢化時代だからこそ、空き家や廃業が増えている。不要品はどんどん増えているからこそ需要は伸びている。

さらに「SDGs(持続可能な開発目標)」のような取り組みとマッチさせやすい。「リサイクル」や「エコ」というワードで環境に配慮した方法を使うことで伸ばしやすい。

「コストがかかりづらい」という共通点でいえば、ウェブサイトやブログ、動画編集やカメラなども同じだ。「自分のスキル」は廃棄ロスが生まれない。自分を高める教育費は忘れない限り一生ものだからだ。

3 島で見つけた1日3時間ビジネスモデル

「費用がかかりにくい」「継続させやすい」ビジネスモデルを宮古島で見つけた。それが「ヤギカフェ」だ。ここは、ヤギと戯れることができる場所なのだが、この施設の運営が上手くできていた。実際の経営側の数字を見ていないが、モデルとして考えられるすごさを紹介する。

「ヤギが見えるカフェ」なのでちびっこにも大人気だった。孫を連れてくる地元のおじいちゃんや宮古島に観光できたカップル、インスタ映え好きな女性グループなどなど老若男女、さらには観光客から地元民まで幅広い人に人気だった。

ヤギカフェでできること

お客に仕事をさせる

☑︎ 300円でヤギやニワトリコーナーに入れる
☑︎ ヤギやニワトリにエサやりできる
☑︎ カフェからヤギをながめられる

ここで面白いのが「運営コスト」がかかりにくいことだ。ヤギは放牧草を食べて育っているのでエサ代はほとんどかからない。またより栄養価の高いエサは「お客のエサやり」でまかなえる。要するにお客がわざわざ300円を支払って、「エサやり」という仕事をしているわけだ。

本来、ヤギにエサをやることは「仕事」だが、エンタメとして「お客に分業」することでビジネスにしているわけだ。極端な言い方をすれば、「無料で生えている草」と「エサやりの仕事」が「有料のエサ」と「エサやりの分業」というビジネスになっているのだ。

もっといえば、ヤギのミルクをつかってお店で出すミルクラテやヨーグルトを作れたり、広い敷地で栽培しているアロエを入れたドリンクをつくったりと、あらゆるコストがかかりにくいビジネス展開がされていた。

また地元のちびっこが訪れやすいリピートできる場所なので、島の交流もスムーズにつくれそうだ。こうした島でのビジネスはどうしても地元の方とのコミュニケーションが不足して「よそ者扱い」されることもあるが、移住者が運営したとしても上手く運営できそうだ。

 

働かない生き方を身につける

働かない生き方を身につけよう。1日3時間しか働かないくらい時間を有効活用させればいいだけだ。要はビジネスをつくるだけ。

副業をする上で重要なことをおさえればいいだけ。運営コストを下げるために「廃棄ロス」や「人件費を削減」する話はよく聞きく。ただこのお店のように、「従業員の仕事」を「お客と分業」してエンタメビジネスにできるのはいい。

運営コストがかからないように放牧草で育て、なおかつエサやりもビジネスにして人件費を削減し、カフェでも提供できるような自給自足ビジネスをつくるのはありだ。

さらに、観光客の一見さんや地元の方にもちびっこにも愛されるコミュニケーションがとれる場所っていい。やるならこうしたビジネスはあり。ポイントは「継続できるようなコスト管理」だ。

 

100個以上の副業を本にした

100種類の副業まとめ本を出版

Kindleで副業本

僕があらゆる副業を実際に試した結果、その経験を「100個」まとめた本をKindleで出版した。副業アイデア100|これからの時代の個人のビジネスモデル実践集」は「これさえ見れば副業の裏側がわかる」という内容にしたつもり。Kindle Unlimitedなら無料で読めるし、なおかつ販売価格は100円にした。