【酷い】なぜ外国人がアジア人を差別?4つの理由で日本人も海外で暴行される危険あり【対策】

実は今、コロナの影響を受けて「外国人差別」が始まっている。海外では「アジア人」に対して強い偏見があるようだ。今後、海外旅行をするにあたって気をつけなければならない。「どうしてアジア人が狙われているのか」「なぜ日本人も暴行されるのか」外国人差別の話をまとめる。

 

アジア人が差別される理由

アジア系の人が海外で狙われている理由の一つが「コロナ」の影響だ。世界中を襲ったパンデミックは中国の武漢からはじまったとされている。だからこそ「アジア人のせいだ」と攻撃を受けているようだ。

例えば「アメリカのアトランタのスパでアジア人女性が集団で殺された」「サンフランシスコでは散歩中のタイの男性が殴られた」「中国系アジア人の老婆がいきなり暴行された」「パキスタンで日本人女性が暴行を受けた」など『アジア人差別』のニュースが届くようになった。しかも男女問わず、また年齢も関係なく「アジア人だから」という理由で攻撃されている現状があある。

中国人も日本人もタイ人も襲われている傾向があるので「アジア人」に対して、フラストレーションが溜まっているようだ。

1 コロナはアジア人が広めたと思っている

要するに、世界の見方は「アジア人がコロナを広めた」と思っているというわけだ。もちろん、全員がそういうわけではない。ただ、知識のない層がコロナをアジア人のせいにしている傾向がある。

コロナの影響を受けて「外出禁止や自粛」、「1年以上に及ぶ規制」をはじめ「職を失ったり」「家族をなくす人」も出ている。やり場のないストレスを発散させる矛先を「アジア人」へ向けているわけだ。

「自分の国へ外国人が入ってくるな」「自分の国へ帰れ」と言わんばかりに外国人ヘイトが強まっている。

2 日本人も中国人も同じに見えている

そもそも「アジア系」が狙われている理由の一つに「中国系も日系も区別がつかない」という理由もある。「中国人は嫌いだけど日本人は好き」また「中国人は好きだけど日本人は嫌い」という区別をつけられる外国人は少なかったりする。そもそも見た目だけでどの国の出身かわからないと答える人がほとんどだ。

私たち日本人が「外国人の違いに疎い」のと同じだ。ヨーロッパ人や欧米の人というように実際「どこの国の人」か把握しづらいからだ。例えば、「この人がフランス人なのかオーストリア人なのかわかりますか?」といわれればよくわからない人がほとんどだろう。「アメリカ人とイギリス人を区別できますか?」といわれれば曖昧なはずだ。

理由は単純に祖先が近いからだ。アメリカにいたっては16世紀の大航海時代にコロンブスたちがアメリカ大陸を発見し移り住んだから。もっと祖先をたどれば「同じホモサピエンス」だったかもしれないが、今現在、「アジア系」「ヨーロッパ系」「アフリカ系」と何となくの顔立ちを区別しがちだ。

要は、アジア人が狙われている理由の一つが中国系も日系も区別がつかないことにあるのかもしれない。

3 コロナのストレスが世界中でたまっている

またストレスの矛先をアジア人に向けているのはあるだろう。世界全体、「コロナによってかなり変動」した。4年に1度のオリンピックは延期後どうなるかわからないし、その次にくる冬のオリンピックですらよくわからない状況だ。もっといえば、激動の時代だからこそ「明日どうなるかわからない」と思えるほど変化している。

だからこそ、世界中でストレスが溜まっている。世界中の人がストレスをためこんでいるわけだ。コロナ前まで当たり前にできていたことが、今ではできないこともたくさんある。このストレスから「ちょっとしたことで暴力を振るったり」「ストレスを発散させるために脅迫したり」と攻撃しているわけだ。

単純に暴力だけで解決しようとするのは愚かな動物がすること。知性を備える人であれば、ストレス程度で他者を攻撃はしない。知能指数が低い人ほど暴力をふるってしまうわけだ。

4 日本でも外国人差別がある

この「コロナ差別」は海外の話だけではない。日本でもこの差別はある。例えば、「道ゆく人が中国語を話していたら、あなたはどう思うだろう?」

「いつから日本に来ているのだろう?」「あれ、日本って自由に入国できるのかな?」と疑問に思う人もいるはずだ。実際、外国人と話すと「自分の国へ帰れ!」と日本の老人に言われたと話していた。

外国人差別はどこの国でもあるわけだ。日本でもあるし海外でもある。大半の人はどの民族のせいでもないことはわかっているが、ごく一部の人が「アジア人のせいでコロナが広まった」と思ったり、「アジア人のせいで世界がパンデミックに襲われた」とストレスの吐口にしているわけだ。

 

アジア人差別を対策しよう

「アジア人に対するヘイト」の動きは数年続くだろう。これからコロナのパンデミックがおさまり、また世界で移動が始まったとしても「アジア人」のヘイトはなくなっていないかもしれない。海外へ行く際は気をつけなければならない。

「そもそも海外へ行かない」「外を歩く時はマスクと帽子をかぶる」「肌の色をみせない」「アジア人っぽくしない」など対策をする必要が出てくるかもしれない。今後、様子を見ながら移動する必要がある。未曾有のパンデミックは怖いが、本当に怖いのは「人的差別」かもしれない。

あわせて読みたい記事

外人は差別用語?

【外人?外国人?外人は失礼?】外人は差別用語?外国人の正しい呼び方は?