【悲報】フリーランスは海外で仕事するのは無理?日本脱出して何をしたらいいかわからない人へ

「やりたいことを仕事にしよう」だとか「好きなことを仕事にする」って人が増えてきました。正直、やりたいことを仕事にするって考え方は難しいですよね。何をしたらいいのかわからない、好きなことがないと考える20代から30代の方も増えました。

今回は、どうすればやりたいことを仕事にできるのか具体的な方法について、お金を交えて解説していきます。

 

そもそもやりたいことも好きなこともない

好きなことを仕事にするだとか、やりたいことを仕事にするという話が増えました。ただ、やりたいことが何なのか、自分の好きな事は何か具体的に決まってない方も多いです。

特に、新卒で新入社員となった20代から、5年程度会社で働いた30代まで、会社員として働いた人は、より自分がやりたいを自分自身で明確化できてない人が多いです。

1 「今日ハンバーグ食べたいなぁ」も「やりたいこと」

たくさんの人が、自分のやりたいことがわからないと言います。よくよく考えてみると、自分がやりたいことって身近に転がっています。例えば、今日夕食で何を食べようかと考えることもやりたいことの1つです。要するに「やりたいこと」や「好きなこと」を仕事にするとなると、ハードルを高く考えすぎる人が多いのです。

真面目に考える人が多いからこそ、やりたいこと=きちんとした仕事でなければならないと思い込む悪循環があるのです。今日の夕食何食べようかなと考えることもやりたいことですし、明日のお昼は何を作ろうと考えることもやりたいことです。ちょっとした趣味嗜好のように、ハードルを下げて考えると、より自分の心に素直になれます。

2 趣味もやりたいことの1つ

僕は昔、趣味が1つもありませんでした。ゲームも面白くないと思っていたし、勉強も苦手でした。食べることも特に好きでもなかったのです。ただ、今振り返ると、自分は何もやりたいことがないと思い込んでいたように感じます。やりたいことがないと自分に言い聞かせていたところがあります。

例えばもし、あなたが10億円持っていたとしたら、今何をしますか。仕事を辞めて、海外旅行に行ってフラフラと旅をしたいと思うでしょうか。お金の制約を抜きにして考えるとやりたいことが浮かびやすくなります。趣味をする感覚で自分がやりたいと思える楽しみを想像してみてください。

3 「趣味」を発信することで仕事にする

趣味が仕事になるという話を聞いたことがあるでしょうか。仕事は趣味の延長になれば面白いですよね。2020年以降、趣味を仕事にする人がより増えました。中でもキーポイントは、趣味を発信し続けることです。

発信することが大事だという話をよく聞きますよね。SNSやブログを使って発信することが仕事になる時代になりました。例えばYouTubeもそうです。自分の動画をYouTubeというプラットフォームに発信して仕事を作っています。

4 やりたいこととできることを分けたお金を作る

僕が常々言っているのが「やりたいこと」と「できること」を分けることです。やりたいことはトコトン突き詰めて、できることで生活費のための仕事をするイメージです。

お金って生きていく上で必要ですよね。ただ、これが多ければ多いほどいいかと言われれば、たくさんありすぎてもトラブルの元になります。

5 年収800万円で幸せになる?

「イースタリンのパラドックス説」では、「お金と幸せは相関しない」と言われていますし、「お金儲けをする人は、生産効率を重視しようとするので、孤独になる」とか、「年収800万円を超えれば幸せ度が一定になる」とノーベル経済学賞受賞者で行動経済学者のダニエルカーネマンの研究でも証明されています。

要するに年収が約800万円を超えると 、それ以上お金を稼いでも 、日々感じる幸福にあまり影響が表れないってことです。

6 年収800万円を目指せるのがフリーランス

ただ、これって年収800万円の話ですよね。一般的な生活をする上で、お金ってある程度必要です。だからこそ、まずは「生活するために仕事」をして、年収800万円を目指せばいい。幸せ度だけで言えば、800万円を目指すのがいいです。

生活のために仕事をする必要もあるけど、やっぱり、自分が面白いと思うことを仕事にしたいと思っている人も多いはずです。まずは必要なお金を稼ぎつつ、さらに自分のやりたいことで、お金を作れるのが理想です。

7 趣味を見つけて発信することが仕事になる

そのカギが、発信することにあると僕は感じています。実際、「発信」をすると自分のやりたいことを仕事にすることも可能です。例えば、僕がやっているような英会話ブログで発信したり、Twitterで投稿したり、YouTubeでトークしたり、福岡のメディアを使って情報をアウトプットすることも仕事になります。

 

1人ではなくチームで仕事をする時代

正直、発信するだけでは、なかなかお金は発生しません。一人で闘うのが難しいからこそ「個人」で戦うだけではなくて、「チーム」で戦うのがいい。

サロンでは、チームを作りながらメディアを作成しています。例えば、福岡のメディアであれば、サロンメンバーにディレクターやライターをお願いして、編集をすべてサロンメンバーで完結させています。

概算ですが、今年度の福岡メディアの単体の年商は600万円から800万円程度になる予定です。今後も、こうしたサロン内での仕事をどんどん増やしていきます。個人で達成しづらいことを、チームで仕事をしながら達成させていく仕組みを作り上げていきます。

 

僕が実際に脱サラした話

2016年につくった初々しい記事

2016年にこの「海外移住計画」記事を書いた

この記事は、2016年当時、僕がまだ普通のサラリーマンだった頃に趣味で書いた記事をリライトしたもの。「海外フリーランスという働き方を確立して、海外移住をする」という気持ちを書き残している。正直、今読み返すと「何を言っているの?」と思う箇所も多々あったが、記録のために残している。恥ずかしいが、こんな中二病のような時期も「過去の自分」。

旅行が好きだった僕は、脱サラして「海外で生活すること」を目指した。これが、その時の軌跡。要するに「海外生活できる仕事をすればいい」と思ったことがきっかけ。この記事を書いてから1ヶ月単位で、やるべきことを実行して「脱サラ海外フリーランス」になった。

 

脱サラして海外移住する計画

 

 

アーリーリタイアするための100個の副業収入源

100種類の副業まとめ本を出版

Kindleで副業本

あらゆる副業を実際に試した結果、その経験を「100個」まとめた本をKindleで出版した。リタイアするために副業を作る試行錯誤をし続けた。「副業アイデア100|これからの時代の個人のビジネスモデル実践集」は「これさえ見れば副業の裏側がわかる」という内容にしたつもり。Kindle Unlimitedなら無料で読めるし、なおかつ販売価格は100円にした。

リタイアして海外移住するために荷物を減らそう

手ぶらで旅行や出張をするアイテム集

Kindleでアイテム本

「手ぶら」生活が本になった。要するに、必要な荷物が少なければどこでも移動できる。手ぶらアイテムをまとめた本「ウェアラブルギア」をKindleで出版した。

ついに「手ぶらで旅行するアイテム集」のKindle本を出版した。「1週間の旅行も手ぶら」で行く筆者が作った「身につけるアイテムまとめ」。これまで旅行に使い倒したサービスや商品を惜しみなくまとめている。より最新のサービスやアイテムを知りたい方は、ぜひ読んで欲しい。Kindle Unlimitedでは無料。Kindleでは100円で読める。