【初心者】スマホ1台でユーチューバーになれる動画編集するコツ!独学でかっこいいVlog(ブイログ)旅行動画をつくる方法

動画編集はスマホでできる。最近、スマホで動画編集をする人が増えてきた。2020年はスマホで動画編集の仕事をする時代になるだろう。今回は、初心者未経験からどうやって動画編集を学べるのか、オススメの方法をこの記事にまとめた。

 

みんな最初は初心者!動画編集は未経験から学ぶ

「初心者が動画編集できますか」と言う質問が多い。実際に初心者でも動画編集できる。なぜなら、道が編集を始めた人の多くは独学からスタートしているからだ。

動画編集のプロも元々は素人だ。自分でスキルを身に付けて、未経験から勉強してプロレベルの動画編集のスキルを身に付ける。だからこそあなたにもできるし、プロレベルになることもできる。要するに、適切な努力とスキルアップによってそのレベルになれるのだ。

‪iPhone11Pro‬を使えば全てのことが完結する。撮影から編集、サムネの作成から動画のアップまで、一環して完結できるのが今の時代のスマホの凄さだ。特に、僕がおすすめするのがVLLOというアプリ。これを使えば全てできる

‪iPhoneユーザーに特に人気なのがこのアプリVLLOだ。これを使えば全てのことができる。詳しい説明は動画で行っているので、チェックしてほしい。とにかくすごい。ちなみに、無料版でも使えるが、購入すれば980円で編集の幅が広がる。買いきりなので、月額課金する必要はない。

 

1 まずはVlog動画編集の練習!ブイログをスマホで作る!ユーチューバーになるコツ

まずは、自分で動画編集をやってみることからスタートする。練習はスマホで10分でできる。スマホの性能は特に気にしなくてもいい。例えばこちらの動画は、僕がスマホ1台で撮影して編集した動画だ。面白いのが、エフェクトは1回も使っていないこと。

スマホでの撮影の方法とカットの仕方を工夫するだけで、このような動画を作ることができる。要するに簡単で誰でもできるということだ。要は、この動画がどう撮影されてるのかを知ること。どんな動画編集ソフトを使っているのか紹介していく。

 

2 おすすめのスマホ動画編集アプリ!動画編集ソフトは?

 

僕が使っている動画編集アプリはVLLOだ。他のアプリは、動画編集もできるし、YouTubeのような文字でも可能だ。YouTubeの編集もこのアプリを使っている。無料でも使用することができるので試してみるのはあり。ちなみに僕は有料課金をして、広告が表示されないように使用している。まず練習するのであれば無料で十分だ。

正直に言って、どのアプリを使ってもかまわない。なぜなら、Vlogは「ビデオブログ」だからだ。日記を書き連ねるブログと同じように、自分の日常の記録を動画にまとめるだけだからだ。

▷ VLLO

3 かっこいいVlog動画を旅行で作るコツ

かっこいいVlogが作りたいという人も多いはずだ。かっこいいブイログはカットの仕方にコツがある。「パンアウト」「パンイン」と呼ばれるような「カメラの使い方」で決まる。

例えば、撮りたい映像があったとき、その被写体を真ん中に置いて撮影ボタンを押さない。外側から「録画ボタン」を押して、素早くスライドさせて、動きをつけて被写体を写す。写した後は、また素早く外にカメラを動かすことで、動きを出して「録画停止ボタン」を押すのだ。

カメラの録画の仕方を変えることで「繋がっている動画」を撮影することができる。カットとカットのつながりを意識して撮影すると、「つながった」かっこいい風な動画をつくることができるのだ。

 

4 かっこいい動画編集を未経験から学ぶには?スクール?勉強会?本?

動画編集を未経験から学ぶのに、勉強会や本、スクールに通うことはおすすめしない。なぜなら時間がもったいないからだ。スクールや勉強会で学ぶ程度のスキルは、YouTubeを見たら学べる。例えば僕も、スクールや本、勉強会に参加しなかった。

動画編集スキルは、すべてYouTubeを使って情報収集した。今の時代動画編集は、独学できる。YouTubeを使って独学することこそ、ミニマルな勉強の方法だろう。スクールや勉強会に行く時代は終わったのだ。

 

5 スキルはそこそこに動画編集を「仕事」にしてみる!YouTuberの動画編集は狙いめ

動画編集のスキルを使って、まずは月3万円稼いでみよう。実は意外と簡単だったりする。3万円稼ぐ方法を身につければ、今度は、10倍頑張って、30万円を目指すのもいい。営業力さえ身につければ、どの仕事も月3万円程度は稼げる。

 

いや、まだ編集スキルがないのでは遅い

この動画に動画編集で5万円稼ぐ方法をまとめた。「超絶すごいスキル」がなくても仕事はもらえる。要するに「営業力次第」。僕の動画を見たことがある方は思うだろう。「こいつ、スキルないのによく仕事とれるな」と。

これがポイント。日本の音楽業界を考えてみて欲しい。テレビに出ているあのアイドルたちは「歌が超絶うまいだろうか?」。もちろん、うまい人もたくさんいる。ただ、「この人、俺より下手じゃない?」と思う歌手もいっぱいいないだろうか?要するに、「動画編集はスキルだけが仕事ではない」ということ。売り出し方、仕事の営業の仕方次第で、仕事をゲットできるということだ。

 

スマホ1台で動画の撮影も編集もできる一億総クリエイター時代

‪iPhone11Pro‬さえあれば動画編集ができる時代になった。この動画は、全てスマホで作っている。撮影は‪iPhone11Pro‬とGalaxyS10+。編集は‪iPhone11Pro‬のVLLOアプリだ。もはや、誰もが「クリエイター」になれる時代で、時代は、どんどん動画編集、動画クリエイターが主役となっている。

ちなみに、サムネイルの画像もスマホだけで作成している。Canvaを使って枠を作り、Phontoを使って文字入れし、removeを使って背景を切り抜きして、‪iPhone11Pro‬で撮影したアップルストアの上に貼り付けて、立体感を出しているだけだ。もはやスマホ1台でクリエイターになれる

 

どうしても動画編集を勉強したい人へ

どうしてもお金を使いながら動画編集を学びたい人は、Udemy(ユーデミー)を使うと良い。僕も昔、動画編集を勉強するときにYouTubeを使ったのだが、本当に参考になる人は少なかった。動画編集の参考になる人が少なかったため、有料課金した動画をみたり、海外のYouTubeを使ったりした。

特に、Udemy(ユーデミー)は、YouTubeより質の高い動画を提供してくれるので独学勉強にはうってつけだ。

 

個人で仕事する時代、チームで楽しめる時代

今、僕は福岡に拠点を置きながら、世界を旅する生活をしている。やりたいことをして、好きなところへ行く。動画や写真を撮りながら、WiFi環境のある世界中のコワーキングやカフェ、ホテルで仕事を完結させている。僕もかつては、サラリーマンをしていた。全く生産性のない仕事という名の「作業」と上司やお客への「接待」をする面白くのない毎日だった。

今は、仕事も旅も両方楽しめる時代。知るか知らないかで生き方が変わる。僕の生き方に共感した人は、より詳しく知って欲しい。

プロフィール

Abroader salon|アブローダーオンラインサロン