【失敗】副業でおすすめしない仕事まとめ!安心安全は嘘かも?失敗しないためのアイディア

「副業で稼ぐ」とか「安心安全」でとか、ネットにはたくさんの情報が広がっている。正直、副業はたくさんあるものの、どれをやっていいかわからない。そんな方に向けた失敗しないための、「おすすめしない副業」をまとめていく。

 

副業で稼ぐ方法ってありすぎて困る

サラリーマン時代、僕は、自ら稼ぐ方法を全く知らなかった。そんな手探りの状態から、「何としてでも自分で稼げるようになってやる!」と意気込み、様々な副業を自分で調べては試すということをひたすら繰り返した。

そして現在、ブログやサイト運営で収入を得ながら、情報収集や発信を仕事として生きれるようになった。今振り返ると、このタイミングでこれをして、次にこうすればもっと効率良くできたのにと思うことが多々ある。

今回は、自分の実体験を含め、「実践重視」の副業を紹介する。読んだ方が、何をどうすればいいかが具体的にわかるよう、図解を用いてまとめた。読んですぐに実行できる内容になっているので、ぜひ参考にして実際に試してみてほしい。

 

絶対に稼げる!は怪しいと思え

「絶対に稼げます」「安心安全です」と歌っている広告には用心したほうがいい。以前、【暴露】99%詐欺?評判悪い公式LINE@を使ったビジネスの正体の話。大丈夫?スキマネタイズって何?の記事でもまとめたが、こう言う「リストマーケティング」と呼ばれる手法で、情報のない弱い相手を半ば洗脳して、商売している人も世の中にはいる。

 

怪しいビジネスは世の中にたくさんある

僕も動画でアップしたことがあるが、世の中には怪しいビジネスがたくさんある。悲しいのが、そのほとんどの勧誘者が、自分がどんなビジネスをしているのか本当に理解していないことも多い。怪しい話を持ちかけてくる人自身も、知識がなく、上司に洗脳されてしまっていることが多い。

残念ながら、こうしたネズミ講のようなビジネスを持ちかけてくる相手とは「距離を取る」のが一番いい選択だ。 

 

成功者がいるビジネスを学ぼう

世の中には「副業」で失敗した人もいれば、成功してる人もいる。こうした成功者の生の声を聞き集めるのがおすすめ。個人的には、YouTubeでおすすめの副業を話してくれている人を探すのがいい。YouTubeは無料で、あらゆる情報がつまっている。

興味がある、信頼できそうな人の動画を「無料」で見漁ればいい。あなたが信頼できると思ったチャンネルをじっくり見て無料で勉強するのが手だ。

 

月1万円のキャッシュバックを利用するセルフアフィリエイト

僕が、最もおすすめしている「副収入」の作り方が、「セルフアフィリエイト」。ご存知な方もいるかもしれないが、僕が思うにセルフアフィリエイトが、一番簡単でリスクがなく、そこそこ収益をあげることができる収入源だ。

セルフアフィリエイトでは、ネット上の広告を扱うサイトに掲載されている「商品」や「サービス」を実際に試すことにって、収入を得ることができる。例えば、クレジットカードの登録。あるサイトからクレジットカードの申し込みをすれば、5,000円のキャッシュバックが得られるといった「広告」の案件を実際に使うことで、「報酬」が得られる仕組みとなっている。

 

セルフアフィリエイトのメリットデメリット

セルフアフィリエイトのメリットは、元金がなくても高額の収入が受け取れる点。高い案件では、数万円を一度に手に入れることもできる。一昔前まで、こうした「広告」用の商品は悪質なサービスもあった。しかし、今のアフィリエイトは、大手企業が「広告」の一環で提供しているサービスも多く、自分が使いたいと思える商品もたくさんある。

広告を出す企業側は、なぜお金を払ってまで「商品」や「サービス」を提供しているのか。ポイントは、ブログやYoutubeなどの影響力のある人に、「口コミ」として「広告」してもらえるためだ。アフィリエイトをしている人の大半は、「サイト」や「ブログ」を使用している人ばかり。商品を使ってもらって、そのレビューを記事にする。この流れによって、企業側は、自分たちで広告するよりもはるかに多くの自然な「口コミ」や「レビュー」を得ることができるのだ。

リスクが少なく、リターンが大きいこのセルフアフィリエイトは、やらなければ損だと言い切るほど僕はおすすめしている。一方デメリットは、資金化に時間がかかること。商品を選んで、郵送されるまでの待ち時間、ならびに、本当に使用したかどうかの確認期間と、実際にお金が振り込まれるまでに、2ヶ月程度かかってしまう。この2ヶ月は少し期間が長いと感じる人もいるかもしれない。即入金されるCASHのようなアプリと組み合わせて使えばキャッシュフローに余裕ができる。

僕はセルフアフィリエイトが最も簡単でリスクがなく簡単にできる副業だと思っている。自分の使いたい商品を登録して、試すだけで数万円入るのはメリットでしかない。他にもっと収益率のいいモデルがあれば、個別に教えてほしい。それくらいおすすめできる。

 

実際の利用方法

ここからは、実際の利用方法をご紹介する。アフィリエイトサイトで最大手なのが「A8」。ここの良さは、何と言っても案件の多さだ。他の案件サイトとは比べ物にならないほど「商材」が豊富だ。また「A8」は、ブログやサイトを持っていなくても登録できる。

▷ A8

こちらの登録フォームに入力後、メールにて登録完了となる。セルフのキャッシュバックに関する案件ページはここから選ぶことができる。

A8のセルフバックでおすすめの商材

☝︎おすすめ3選

1 ご自分の好きなサービスや使ってもいい商品

2 報酬条件が簡単な商品サービス

3 報酬が高いモノ

1 自分の好きなサービスや使ってもいい商品

僕がセルフバックを始めたのは、「旅行系」の案件だった。自分が旅行に行く際に、このサイトを通すことで、3,000円程度のキャッシュバックがもらえる。大手の旅行会社が広告を出しているため、信用もでき、使いやすい。簡単に使えて、リターンが受け取れるのはメリットでしかないだろう。

また、ファッション系のサービスもおすすめ。オーダースーツやオーダーシャツなど、サラリーマンに必須のアイテムをあえてこちらのサイトから経由して注文することで、報酬が得られる。この体験が広告ビジネスの根本を理解するのに適している。何事も試してみること。なぜ、この広告で企業が収益を上げられるのか考えながら試すことをおすすめする。

この際、格安SIMを勉強して、SIMを購入することを検討してみるのもあり。日本で最も使いやすいのは、LINEモバイルだと思っている。新規で3,000円のキャッシュバックなので、普通に登録するよりもお得。このように、自分の好きな商品を購入する際に、サイトを通すことが一番はじめのステップだ。

 

2報酬条件が簡単なクレジットカード

クレジットカードは、比較的簡単な報酬条件でリターンがいい商品がそろっている。僕がクレジットカードで最も優秀だと思っている「リクルートカード」も2,800円のセルフバックができる。クレジットカード系は、登録後に、各会社の「ポイント」を得ることができるのもメリットだ。

スマホの決済をクレジット登録したり、光熱費を登録するだけで、さらに10,000ポイント入ったりと、使い方を工夫するだけで報酬が増額される。楽しみながら「利益」が得られるのがクレジットカード。

 

3報酬が高いカードローン

カードローンの案件は、かなりおすすめ。カードの登録だけで15,000円のキャッシュバックが受け取れる。一般的に「カードローンを組む」ことを「借金をする」ことだと勘違いしている人が多い。カードローンは、借り入れの「枠」を作るだけなので、実際に「借金」をするのは、カードローンを使ったときにしかカウントされない。仮に「報酬条件」が新規登録後、一度の使用。だったとしても、使った分、その日に返済すれば、*「信用情報」も傷つくことはほぼない。

カードローンと聞くと「借金」を連想する人が多いにもかかわらず、クレジットカードでは全く連想しない人がいる。厳密に言うと違うが、クレジットカードもカードローンも似たようなものだ。個人の「信用」を元に、会社がお金を貸しているのと同じなので、そこまで気にする必要はない。

カードローンは、この申し込みハードルが、一般的に「高い」ため、申し込んでくれる人を募集するために「高額報酬」が設けられている。要は、商材の「報酬条件」をクリアすればいいだけ。時期によっては、数万円の案件なども存在している。他にも、各会社がセルフバック、キャッシュバックの広告を出しているので、セルフアフィリエイトの商材を眺めてみるのもおもしろいはず。こうした広告を組み合わせることで、月1万円稼ぐことは簡単にできる。

こちらが、アクセストレードのセルフバックページ。やはり、A8の方が見やすく、検索しやすい。おすすめは、ジャパン銀行。ネットで決済することが多くなるため、こうしたネットバンキングは必ず持っておくべき。僕は、新生銀行、ジャパンネット銀行を中心に利用している。

アクセストレード

 

やるべきことまとめ

☝︎セルフアフィリエイト

・ビジネスの仕組みを知るためには、実際に使ってみるのが一番
なぜ儲けているのか、なぜお金を払ってまで使ってもらうのか探る

☝︎手順

・A8が最大手
狙い目の案件をやってみる
・一過性だが、収入源になる
・収入の元金を使ってやりたいことに「投資」をする

A8

アクセストレード

 

*信用照会

ちなみに、金融機関は、ブラックリストのような「信用照会」があるという話を耳にする方もいらっしゃるだろう。僕は、元銀行員なので、こうした「信用照会」を見て、お客にお金を貸すか貸さないかを判断しなければならなかった。実際、銀行は、個人のお客の「借金歴」を見ている。この人は、返済能力があるのかというのを判断するためだ。これが「信用照会」。

この照会には、現在その人がどれだけ借金をしているのか、いつ延滞をしたのか、過去に自己破産をしていないかなどなど細かくみることができる。もちろん、会社によって提携していないサービスなどは出ないが、ある程度の金融機関であれば内容を見ることができる。

クレジットカードやカードローンなどは、「枠」として照会に表示される。金額は「0」。キャッシングの機能があることが明記されるのだ。金融機関は、この「枠」に関してまで査定の項目に加えたりしない。数百個近く枠があれば別だが、数個の枠程度で、借入を拒否することはほぼないだろう。

それよりも過去の「延滞」や「借金額」を主に見ている。借り入れの基準に、現在の「借金額」や「延滞」の有無がチェック項目としてあるのだ。うっかり返済を忘れた、返済講座を間違えたなどは、印象が悪い。

要は、クレジットカード、カードローンを作ったからといって、全く問題ないということだ。気にせず作って、報酬を得るほうが賢いだろう。と僕は感じている。