デジタルノマドワーカーとは?初心者で未経験から旅するフリーランス・旅ブロガーってどうなるの?成り上がり物語

会社に行きたくないなと思った人が、家で仕事をする方法。僕自身も銀行に勤めていて、毎回毎回満員電車に乗ったり、車に乗ったり歩いたりしながら会社に行っていた。「家で仕事できないかな」とか、「会社に行く必要ないのに」と思いながら、満員電車に揺られていた。

そんな人が会社に行かなくても仕事をする方法がある。そのたった一つの方法が、ノマドワーカーになることだ。じゃあどうすればノマドワーカーになれるのか、ノマドワーカーとして生活するにはどういう風に仕事ができるのかについてこれから解説していく。

 

デジタルノマドは戦略でなれる

今日この記事を読んだ方が、「これだったら私も家で仕事ができる!」「これだったらわざわざ会社に行かなくても家でやったほうが早いんじゃない?」と共感していただいて、実際に仕事を一緒にトライしていただければ!と思っている。

 

デジタルノマドとは?WiFiでできる仕事をやっているだけ

結論から言うと、「WiFiでできる仕事」「パソコンでできる仕事」をしているだけ。要するに、普通のサラリーマンがやっていることと何ら変わりない。パソコンでできる、WiFiでできる仕事だからこそ、世界各国のフリーWiFiをつないで、ただただ普通の仕事をこなしているだけだ。

デジタルノマドワーカーとは、旅と仕事を両立する働き方をする人たち。「旅して働く」がコンセプトとのノマドワーカーは、どんな生活をしているのかまとめていく。

 

ノマドワーカーとは?遊牧民

ノマドとは、遊牧民から来ている言葉。モンゴルの遊牧民たちのように、季節によって二分の住処を移動している人たち。ノマドしながら、仕事をするからこそ、ワーカーの言葉がついている。移動しながら仕事する人をノマドワーカーという。

 

ノマドワーカーは怪しい?

怪しいも何も、ただパソコン使って、WiFi環境で仕事をしているだけなので、普通の仕事と同じだ。ただ「デジタルノマド」と言う響が、まだまだ浸透していないので、理解できない人も多い。「自宅でパソコン使った仕事しています」「パソコン1台で仕事しています」と言うと、仕事せずに、オンラインゲームばかりやっている人だと思われるのと同じだろう。

残念ながら、ノマドしたい、旅と仕事を両立したい一部の人たちが、マルチ商法を使って、人を騙してビジネスしている。僕はこれが許せない。人を騙してビジネスをするやつはビジネスする資格はない。ノマドワーカーと名乗る怪しい奴らを撲滅するために僕は、ノマドワーカーの記事を書いた。

 

旅するノマドワーカーの全記録

今回は、世界を飛び回っている僕のノマドワーカーとしての全記録をここにまとめた。どうやって仕事をしているのか、おすすめの航空券の取り方からホテルの予約方法、旅に持っていくガジェットやミニマルなアイテム集などなど。あらゆる旅情報をクセ強く紹介している。

 

ノマドワーカーとは

ノマドワーカーとしての働き方が今流行っているが、ノマドワーカーを一言でいうと旅するフリーランス。拠点やオフィスといった仕事場を固定で持たずに、カフェだとかシェアハウスだとかコワーキングスペースなどで仕事をする人たちのことをノマドワーカーという。

ノマドワーカーの語源は何かというと、モンゴルの遊牧民。いろいろなところに行って季節ごとに転々と移動する遊牧民のことをノマドといい、そこから名前がつけられている。
旅するフリーランスだとか、リモートワーカーだとか、アドレスホッパー、在宅ワークもそういった形だ。場所を問わずにどこでもできる仕事を作ればノマドワーカーになることができる。

 

どういう風に仕事すべき?

ではどういう風にすればノマドワーカーとして働くことができるのかというと、Wi-Fiがあればできる仕事をすること。パソコン1台でできるような仕事を見つけてそれで収入を得るようにすれば、ノマドワーカーになれる。
パソコンでできる仕事には、例えば、デザイナー、WEB制作、動画制作、ライティング、ディレクションなどといったものがある。最近はやっているプログラミングもそう。だいたい稼いでる人は、エンジニアやプログラマー、あとは最近増えてきた動画クリエイターとして働いている方が多い。

僕自身が銀行員だったときは、支店があって、その支店に毎朝1〜2時間かけて通勤するという無駄な時間を過ごしていた。毎朝、眠たい目をこすりながら、同じ満員電車にのって出勤するというのは仕事場としてももったいないし、時間ももったいない。

そういうことを考えると、自分でビジネスを起こして、副業やフリーランスをしたほうが、効率がいい。そう思った僕は、銀行員をやめてフリーランスになった。

僕みたいなノマドワーカー、フリーランスとして働くというスタイルは今後すごく発展していく。なおかつ、活躍していける仕事だと僕自身感じている。ノマドワーカーになるポイントは、どこでも仕事ができるように、パソコン1台でできるような仕事、Wi-Fiがあれば完結するような仕事で収益を得るということ。

 

☝︎ノマドワーカーを探せ

家にいて会社に行かなくても仕事ができる方法が確立されていて、なおかつフリーランスという働き方もある。ノマドワーカーとして働くにはどういったやり方があって、成功した人はどのように働いているのかしっかり調べておくのが重要だ。いろいろな仕事がある中で、実際にそれで生計を立てている人、実際にマネタイズしている人がいる。じゃあなぜこの人達はマネタイズできているのか、どういう風に収入にしているのか、仕事にしているのかというのを研究してみるのが重要。

YouTuberやライターの場合、実際にその人達の動画を見たり記事を読んだりすると、情報が隠れていたりする。それを紐解いていって、どういうメカニズムでマネタイズできているのか、「この広告収入があるから仕事になっているのか」というふうに分析をしてみると、その人の収入源がわかってくる。分析をした結果、「これだったら私にもできる」と思ったものをトライしてみる。そうすると、案外できたりする。

 

「パソコン1台で絶対に稼げますよ」って言う副業はない

まずひとつ言いたいのは、必ず稼げる副業はないということ。仕事はごまんとあり人によって出来る仕事出来ない仕事、好きな仕事嫌いな仕事ある。だが実際やってみると稼げないことも結構ある。そもそも絶対稼げるという話は怪しい。そのことを前提として踏まえた上でチャレンジするべきだ。今回紹介するものは僕自身いろいろ話をきいてやってみて、これならうまくいく可能性が高いと思ったものだ。

うまくいく副業には、パソコン1台で仕事が出来るという共通点がある。副業は手軽かつ気軽で、辞めようと思えばすぐに辞めれる。という3点が重要になってくる。この3点を満たしたおすすめの副業を今から紹介する。

 

仕事も旅も楽しめる時代

僕は今、福岡に拠点を置きながら、世界を旅する生活をしている。やりたいことをして、好きなところへ行く。動画や写真を撮りながら、WiFi環境のある世界中のコワーキングやカフェ、ホテルで仕事を完結させている。僕もかつては、サラリーマンをしていた。全く生産性のない仕事という名の「作業」と上司やお客への「接待」をする面白くのない毎日だった。

今は、仕事も旅も両方楽しめる時代。知るか知らないかで生き方が変わる僕の生き方に共感した人は、ぜひこちらも見て欲しい。

 

移動するコミュニティ Abroader salonアブローダーサロン

旅を楽しみたい人が集まる移動するコミュニティ「アブサロン」がついにできた。「毎日更新されるメルマガ」をはじめ、各界で活躍するフリーランスを集めた「仕事シェア」もできるし、毎月世界のどこかで「オフイベント」を開催しているオンラインサロン。旅仲間もできるし、仕事も楽しめる、そんなエンタメコミュニティ。「サロンってどんなことをするの?」「実際、どんな活動しているの?」と気になる方は、アブローダーオンラインサロンをチェック。99%のオンラインサロンが潰れると言われている中、1%の成功サロンとして残れるのか。

Abroader salon|アブローダーオンラインサロン「ノマドホーム」入会申込みページ