関西国際空港の待ち時間におすすめの場所まとめ。5時間の乗り換えでも快適に時間をつぶせる場・ノマドカフェ・泊まれる場所まとめ

関西国際空港で快適に飛行機の待ち時間を楽しむ方法まとめ。関西国際空港で乗り換え時間が潰せる、泊まれる場所を紹介します。

関西国際空港でノマドワークできる場所まとめ

今回は関西国際空港でゆったりした時間を過ごすためのおすすめ場所を紹介します。WiFiが使えて、電源コンセントもある場所から、泊まれてくつろげる場所まで、関西国際空港のあらゆるスポットをまとめます。

フリーWiFi電源コンセントまとめ

関西国際空港では、”KIX WiFi”のフリーWiFiが使えます。そのため、空港内はほぼどこでもWiFiが使えます。

一番安定のスターバックス

スタバは、安定してWiFiが使えます。また、電源コンセントもソファーテーブルのした、カウンターテーブルでも利用できるのがポイント。快適に時間を過ごせます。席数が少ないので、混み合っているときは注意です。

3階のサンマルクは穴場

一般的なサンマルクは、WiFiが使えないですが、関西国際空港内では、フリーWiFiが利用できます。一人用のソファもあるし、電源コンセントも利用できるので最高です。店内は薄暗く雰囲気がいいので集中してノマドワークできます。関西国際空港内にあるカフェを選ぶなら、ここがベストです。

席数豊富なマクドナルド

マクドナルドもおすすめスポット。WiFiが使えて、電源コンセントもあります。お店の席配置が縦長になっているので、ローソン側のレジから離れている席ほど静かで人も少ないです。

関西国際空港は、ほぼ全部のお店でクレジットカードが使えます。観光客を考慮して、全部のお店で使えるようです。マクドナルドも同様で、クレジットカードが使えました。

プライオリティパスでぼてぢゅを使え

空港の3階にある「ぼてぢゅ」はプライオリティパスが使えます。プライオリティパスは、空港ラウンジが利用できるカードです。このカードがあれば、3,400円分まで無料で料理を頼み放題になります。大阪のお好み焼きやたこ焼きを堪能するのなら、ここがベストです。

> プライオリティパス

プライオリティパスでコリアンエアラウンジを使え

コーヒーや軽食を楽しみながらノマドワークするのなら、ここのラウンジがゆったりできます。パンやおにぎり、炭酸ジュースやワインが楽しめます。フリーWiFiも使えて、電源コンセントも数カ所あるので利用しやすいです。

プライオリティパスが使えるのは、ぼてぢゅ意外にもコリアンエアーのラウンジがあります。ここのラウンジは、入国審査を通過する前にあるので、利用する際は注意が必要。

関西国際空港のイス

関西国際空港は、空港内でフリーWiFiが使えるので、空港にあるイスでもノマドワークできます。コンセントがないのがデメリットですが、数時間の乗り換え時間であれば時間が潰せます。

おすすめのフリーWiFi場所はサンマルク

一番おすすめの快適カフェはサンマルクです。乗り換えの時間を潰すならここがベストです。

泊まる場所おすすめホテル・ネカフェまとめ

関西国際空港の隣エアロプラザが寝床

もし関西国際空港で1泊するのなら、エアロプラザとよばれる隣の塔が寝床スポットです。

インターネットカフェ

暗いスペースで仮眠をとりたいなら、寝れるネカフェがおすすめ。ここなら、1泊1,500円程度で仮眠がとれます。仮眠がとれるというレベルなのは、そこそこ雑音がするためです。間仕切りの高さが低いので、寝ている姿が見られてしまいます。また、ネカフェですが、シャワーや洗面所はありません。トイレは外のコンビニ近くの空港の施設を利用しないといけません。ただ、フラットシートがあるので横になって暗い空間で寝れるのはメリット。

さらに、KIXの無料会員になれば、ネカフェ利用がお得になります。無料会員になってこちらのネカフェを利用して割引価格でネカフェを利用しましょう。

エアロプラザ内のイスなら無料

エアロプラザの奥には、イスが並べてあるスペースがあります。無料で関西国際空港に泊まるなら、ここがおすすめ。ただし、明るいです。いびきをかいて寝ている人や、人が行き来する雑音で眠れない人にはおすすめできません。トイレが近いので、歯磨きや洗面関係は心配いりません。

お金があるならファーストキャビン

リーズナブルにベットで寝たいなら、ファーストキャビンがおすすめ。ファーストキャビンは、リーズナブルに利用できるカプセルホテル風のドミトリーです。100ベット以上のベットが2つのフロアに分かれて設置されています。ホテルのように個室とまではいきませんが、各ベットがあって、しっかりと間仕切りされているので快適に寝ることができます。大浴場やシャワーも洗面所も使えて便利です。

おすすめの1泊泊まれる場所はファーストキャビン

無料で寝られるベンチで寝ても、次の日、疲れて動けなければ意味がありません。お金を出してきちんと寝れる場所を予約することをおすすめします。