外人ナンパ!究極のマインドと6つのコツ。これが国際交流のコミュニケーションの方法

外人をナンパする。こう考える男性も多いはずだ。金髪の美女をナンパする方法を考えている人も多い。今回は、真面目に外人ナンパを考えてみた。どうすれば外人をナンパできるのか。「外人ナンパ」というワードを、あえて真面目に考察して、「国際交流」するという目線から考えてみた。英会話を勉強して、英語慣れした目線からどうナンパすべきか真面目な考察記事。

 

外人ナンパは国際交流のコミュニケーション

「ナンパ」ではなく「コミュニケーション」。ナンパというタイトルを使ったが、実際は、コミュニケーションをとるだけだ。国際交流として、異文化交流として、世界各国の現地の人と交流する。現地の友達をつくるために、声かけてナンパする方法をまとめた。

☝︎外人ナンパの極意

1. あなたのことを誰も気にしていない
2. 声をかけるキッカケをつくるだけ
3. 日本語と英語では気の使い方が違う
4. 一期一会を大切にする
5. いかがわしお店にいくのはダサい
6. 話しかけなければ独りぼっち

1 あなたのことを誰も気にしていない

誰もあなたのことは気にしていない。人は自分をみんなが見ていると勘違いしている。実際、あなたのことは誰も見ていないし、見ていたとしても、次の瞬間には記憶にすら残っていない。現に、昨日、交差点ですれ違った人を覚えているだろうか。よっぽど特徴がないか限り、その人の顔を覚えていることはない。

要するに、誰しもが「自分のこと」しか興味がないのだ。みんな自分に注目していると思いがち。だからこそ、「周りの目が気になる」し、「誰かに噂される」と気になってしまう。実際、よっぽどの田舎でない限り、あなたのことを気にとめる人なんていないのだ。

だからこそ、話しかけられる。気にしてないと思えばいいだけ。「挨拶する」感覚で、コミュニケーションをとればいい。外国人でも、日本人でもコミュニケーションをとるクセをつけるべき。挨拶するように、声をかけることを習慣にする。これが、コミュニケーション。

2 声をかけるキッカケをつくるだけ

もし、あなたの目の前に、あなたのタイプがあわられたとしても、話しかけなければ何も始まらない。ドラマのように、女性がペンを落として、それをあなたが拾ったとしても、話しかけなければ何も始まらない。ドラマであるような偶然なんてどこにもない。偶然があるなんて信じているのは馬鹿らしい。

要するに、みんな「キッカケ」を欲しているだけ。「偶然」という名のドラマティックな場面をイメージしているだけだ。僕の友人のホストだったやつは、この「偶然」をつくっていた。毎日「ハンカチ」を持ち歩いて、女性が飲み物や食べ物をこぼすのを待っていたり、ヒールの高い女性が転びそうになるのを待っているそうだ。

ドラマティックな偶然は、「必然」が裏に隠れている。偶然という名の必然がそこにはあるのだ。だからこそ、話しかけるキッカケをつくればいい。今日の天気でも、身につけているモノでも何でもいい。外国人と日本人との違いなんて大した差はない。みんな自分が一番で、自分以外に興味ない。

おすすめは、アプリを使うこと。自分の好みの相手を簡単に見つけることができる。日本にいながら、外国人と友達になるなら、正直、ナンパするよりもアプリを使った方が断然いい。

 

要するに、気の合う外国人と友達になることが先!

せっかく外国人の友達を作るなら、自分と相性のいい相手を探すべき。一緒にいて楽しいと思える外国人の友達を作ろう。趣味や思考が合う相手を探すのならアプリが絶対にいい。下手に国際交流パーティーで変な人と上部だけの友達になるのなら、自分の好みの相手をアプリで探そう。外国人と友達になれるおすすめのアプリを厳選してここにまとめた。《厳選7アプリ》日本人の友達が欲しい外国人を簡単にみつけるアプリまとめ

 

コレ!外国人と仲良くなるための国際交流アプリ!

2019年で最もおすすめなのがこのアプリ。外国人と友達になるのなら、世界で一番使われている Match 外せない。

日本で使っている人だけでも200万人もいる大人気のアプリ。外国人と友達になりたい日本人や、日本人と友達になりたい外国人が使っている。世界25ヶ国、全世界で2,000万人もの利用者がいるので、好きな国の人と友達になれる。このサービスの特徴は、「登録が簡単」なこと。上のように、地域を入力すれば終わる。登録してすぐ、相手を探すことができるため、初心者におすすめの外国人と友達になれるアプリ。

おすすめは、日本に住んでいる外国人にターゲットを絞ること。世界で人気なアプリなため、日本全国で使える。基本的に無料で使用することができるが、より多くの機能を使う場合、有料会員になる必要がある。無料で使ってみて、手応えが良かった際に、有料会員になることをおすすめする。このアプリのおかげで、下手な国際交流イベントやパーティに行くのはやめた。お金を注ぎ込むよりも、気軽に好みの異性の「外国人」を見つけるのなら、絶対にこのアプリがいい。

Match 

☝︎日本全国どこに住んでいても外国人と友達になれる

世界で最もユーザー数が多いアプリで、外国人の友達を探すのが一番早い。世界で人気のアプリなので、日本全国、どこに住んでいても外国人と友達になれる。親日の外国人と出会うこと。もともと親日であれば煩わしいアジア人差別を意識しなくて済む。Match であれば「地域」縛りができる分、親日な外国人を発見しやすい。国際交流する場所がない、周りに外国人が住んでいない人に絶対におすすめできるアプリだ。基本は「無料」で使えるのでダウンロードしておくべき

実践編!実際にどうやって僕が外国人と出会ったのか?

これまで、「国際交流」として、数人の外国人と付き合った経験がある。どうやって彼女を作って、どこで出会ったのか。その王道パターンをこの記事にまとめた。これまで隠してきた僕の外国人と友達になる、出会うパターンをこの記事にまとめている。これで出会う実践編!日本で外国人と知り合うための超具体的な8つの方法。正直、こんな話を真剣に俯瞰しながら書くのは恥ずかしかった

☝︎国際交流アプリが一番

最近のブームは、国際交流アプリで外国人と友達になること。僕自身、あらゆる方法で外国人と友達になってきたが、やっぱり「アプリ」はすごいなと思っている。本当におすすめできるアプリがどれなのか、最高のアプリをまとめるためにこの記事を書いた。やっぱり、世界で最もユーザー数が多いアプリで、外国人の友達を探すのが一番早い。世界で人気のアプリなので、日本全国、どこに住んでいても外国人と友達になれるMatch は外せない。おすすめのアプリを紹介していく。

3 日本語と英語では気の使い方が違う

英語と日本語では「空気」の読み方が違う。日本語は、周りとの調和を大事にする。英語の場合は、どう伝えるかを意識する。空気を読むことがより必要な日本語と、自分の意見を的確に伝えようとする英語の違いは大きい。

外人とコミュニケーションとる方法は、実にシンプル。ナンパをする感覚ではなく、話すコミュニケーションを目指す。相手との意思疎通をはかるためにも、相手のことを聞き出すコミュニケーションをとるべき。

「傾聴」できる男性は、どこの国でもモテる。実際、自分のことをひたすら話す男性は退屈でしかない。人は、自分にしか興味がないという話をしたように、自分のことを大事に思ってくれる、興味を持ってくれる人に好意をいだく。

だからこそ、英語を使って、相手の話を聞くべき。相手が自分に興味があるかないかは、最初の会話の印象で決める。外国人は、アジア人に差別感情をいだいている人もいる。もちろん、中国人と韓国人、日本人の違いなんて気にせず嫌ってくるやつもいる。そんな相手は気にしなければいい。どこの国でも、どこの世界でも差別はつきもの。

逆にアジア人や日本人に「好意」を抱いている「親日」な人もいる。フランスをはじめ、アニメの影響から、日本に興味を持ってくれている人もいるのだ。そんな相手と友達になるべき。わざわざ嫌われている相手を力技で好きになってもらうよりも、もともと日本が好きな人と友達になるべき。

親日な外国人と友達になろう。親日な外国人が多い国をランキングにしてみた。これを見れば、どの国へ行くべきかわかる

▷ 悲報!日本人男性はモテない?世界で全くモテない5つの理由と親日でモテる国

4 一期一会を大切にする

一期一会という言葉は、便利だ。もう二度と会えないという気持ちで、どんどんコミュニケーションをとるべき。日本にいる外国人は、定住していることが多い。だが、海外で出会う外国人は、二度会うことはぐっと少なくなる。日本にいる外国人と交流するのもありだが、海外で外国人と友達になる方がよっぽどいい。

一度しか会わない。という前提で、どんどん話しかけていこう。旅先の出会いは、一期一会。二度、三度会うことは少ない。だからこそ、気負いせず、たくさんの人とコミュニケーションをとるべき。もう二度と会えないなら、大丈夫。そんな気楽な気持ちは必要。一回の出会いと思って、どんどん話しかけよう。

僕の先輩は、全く英語ができなかったが、どんどん話しかけていた。英語はノリだということを彼は証明してたのかもしれない。それくらい、気合いと根性で会話がなりたっていた。実際のところ、僕は、英語ができた方がいいと思っている派。ノリと気合いでどうにかなる会話は、はじめだけだろう。より、お互いのことを知るためにも、英語は話せた方がいい。

英語は独学で勉強できる。おすすめの方法は、こちらにまとめた。

英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在

5 いかがわしお店にいくのは古い

よく海外へ行くと、セクシャルマッサージやキャバクラのような場所へ行く人が多い。好きならいいが、何も達成感はない。仕事として相手が自分を接待してくれるだけ。僕は、日本でもキャバクラやマッサージにはいかない。なぜなら、全く面白くないからだ。

なぜ、こちらがお金をわざわざ払って、いやいや接待している女性のお店に行かなければならないのか不思議でならない。当たり障りのない面白くもない話をして、よくわからないチャージを取られ、時には詐欺まがいなお店に当たって、数万円払って帰る。

全く好みでない人が当たったときや、接待が下手な相手に当たったときは、最悪でしかない。こちらがお金を払うにもかかわらず、接待する側な気分になるときは誰も得しない。僕は惨めだと感じる。だからこそ、そういうお店にはいかない。

だったら、自分が好みな女性に直接アプローチした方がいい。好みなタイプの女性と会話をして、自分で選んだ相手と楽しむ方が有意義だと思う。だからこそ、自分から話しかけられる「コミュニケーション」は大事。

6 話しかけなければ独りぼっち

結局、友達をつくるための「コミュニケーション」と同じだ。外国人の友達をつくるために、話しかける。相手に自分から話しかけなければ何も始まらない。日本で友達をつくるときも同じ。話しかけることからスタートする。受け身でいても何も面白くはない。

海外では、あなたは、マイノリティーになる。もっとたのしく過ごすのなら、やっぱり友達はほしい。日本でもそうだが、ぼっちになるより友達がいた方が楽しい。だからこそ、友達を作るのはありだ。

英会話をより高いレベルでマスターすれば、外国人とでも簡単にコミュニケーションはとれる。英語を学ぼう。英語は独学で身につけることができる。よりコミュニケーションをとるための英語は、言語交換アプリを使うのがおすすめ。

言語交換アプリ8選!出会いに使えるおすすめアプリで恋愛しながら英語でチャット楽したい人向けまとめ

 

外人とコミュニケーションをとろう!これがナンパ

ナンパという言葉を使った。実際のところ、より真摯に英語を使ってコミュニケーションをとりながら外国人の友達をつくるという話をした。英語は勉強できる。外国人と国際交流をするためにも英語は使えるようになるべきだ。