潜入!ランカル英会話の国際交流パーティーにへ行ってきた!LanCulで外国人と出会い友達はつくれるか?

日本にいながら外国人と出会いたい。英会話をもっと上達させたい。とは言っても、英会話スクールに行くのはなんだか気がひけるし、実際に通えるか不安。そんな悩みを持ったことはないだろうか。今回は、そんな人でも気軽に参加できると話題のLanCul(ランカル)国際交流パーティーに潜入してみた。

 

今なら無料体験ができる!英会話カフェ・バーランカル

今回は、英会話カフェで口コミ評判となっている「英会話カフェ・バーLancul(ランカル)の国際交流パーティーに潜入した。実態はどうなっているのだろうか?英会話カフェ・バーLancul(ランカル)で驚いたこと、感じたことを紹介する。

出会える?LanCul(ランカル)国際交流パーティー「ハングアウト」に実際に潜入!

カフェ&バーで外国人と英会話が学べると話題のLanCul(ランカル)には、通常通えるレッスンや無料体験以外にも「ハングアウト」というイベントがある。

月に1回、第3土曜日に開催されている国際交流パーティーや、ランカルの外国人講師「メイト」主催のイベントだ。カラオケ、お花見、クリスマスパーティーなど、イベントは「メイト」が企画するので企画者によって内容や参加者も様々だ。

イベントは基本的には有料だが、その分会員以外でも気楽に参加できる。無料体験をしたらごり押しで入会を勧められるのではないかと怖がっている人にもおすすめだ。(ちなみに無料体験もごり押しで勧められない。)

1 LanCul(ランカル)英会話パーティー「ハングアウト」は出会える?実際に潜入してみた!

下北沢でランカルのパーティーがあると知り、ちょうど予定が空いていた僕は早速参加を決めた。英会話スクールは色々試してみたことがあるが、どちらかというと真面目にストイックに通い続けるイメージなので、英会話スクール主催でアットホームなパーティーは珍しいと感じた。

ランカルはレッスンの時も予約の必要がなく、ふらっと行きたい時に行ってチェックインができるので、かなり気楽な印象だ。パーティーの申し込みもいたって簡単。直前までネット予約ができ、前売り料金で入場できた。

当日まで予定か決まらない人、行くかどうか悩んでいる人にも嬉しいシステムだ。予約をしなくても、当日そのまま入場できるのはとても便利。

国際交流パーティーは19時スタートで、入場料は3種類。①2.5時間飲み放題の前売チケット3,000円 (当日3,500円)、②1ドリンク付きの前売りチケット1,500円 (当日2,000円、その後1杯ごとに500円)、③通い放題のゴールドメンバー限定飲み放題チケット1,750円、という破格さ。

ちょっと参加したい場合やお酒が強くない場合は1ドリンクチケットがおすすめだ。お酒をたくさん飲みたい場合は迷わず飲み放題を選ぼう。

メンバーになると飲み放題で1,750円なので入り浸ってしまいそうだ。入口やバーの中には日本人のスタッフもいるので、英語や外国人に慣れていなくても安心して参加できるようになっているのもポイントが高い。

ランカル下北沢店はお店自体がバーになっているので、もちろんアルコールも飲み放題。17種以上のインポート・ビールやカクテル、ワイン、ソフトドリンクのほか、ポテトチップスなどのフィンガーフードもついている。

フィンガーフードは量が多くないので、時間があれば事前にどこかで食事をしてから行くと良さそうだ。それこそ行きたくもない飲み会に行くよりも断然安い。その上、英会話も学べるという最高のパーティーだ。

入場したら手に紙のバンドをされる。出入りは自由なので、用事があったり合わないと思ったりしたら早く帰ることもできる。暇を持て余した場合や友達が捕まらない場合もパーティーに行けばたくさんの人に出会える。

翌日は日曜なので、気の会う仲間ができたらそのまま二次会を開催してもいい。音楽が流れるバーでとにかく気軽に参加できるのが魅力だ。

2 本当に外国人と出会える?LanCul(ランカル)国際交流パーティー

「お金を払って国際交流パーティーに行ったけれど、参加者はほとんど日本人。外国人と出会えなかった…。」そんな経験をしたことはないだろうか。

国際交流パーティーはいろんなところで開催されているが、本当に外国人がくるのか、どんな人が集まるのかわからないため、僕自身も参加をちょっと躊躇してしまったことがある。

ランカルではアメリカ、オーストラリア、フィンランド、フランス、イギリス、ドイツ、香港、タイ、ニュージーランド、シンガポール…様々な外国人講師「メイト」がいる。国際交流パーティーにはもちろん「メイト」も参加する。

「メイト」はお客さんとしてきているのではなく、ランカルのスタッフとして参加しているので「話しかけても無視された」なんてことは一切ないので安心してほしい。むしろ話しかければウェルカム体制で迎えてくれる。

現に僕はアメリカ、スウェーデン、オーストラリア、ナイジェリアから来た「メイト」や「メイト」の友達と出会えた。

国際交流パーティーは「メイト」だけでなく、「メイト」が友達を連れてくることもある。「メイト」も友達といるとリラックスしている印象で、出身地、文化を超えて交流できるアットホームな雰囲気になる。ランカルの国際交流パーティーではおしゃれなバーで「メイト」選曲の音楽の中、必ず外国人と出会える。

3 日本人とも出会える?LanCul(ランカル)国際交流パーティー

ランカルの国際パーティーは、外国人だけでなく日本人もたくさん参加している。しかも、基本的には英会話を学びに来ている、もしくは英語に興味を持っている人がほとんどだ。そのため、英語を積極的に話そうとする人が多い。

外国人と話すのは苦手だったり、あまり英語が得意ではない場合は日本語も交えながら英語を話す練習ができる。英会話が得意な人はガンガン「メイト」に話しかけてみよう。アメリカ人など英語が母国語の「メイト」ならネイティブのスピードで返してくれるはずだ。

参加者の男女比は大体半々くらい、年齢も幅広く、学生から社会人までいた印象だ。友達を誘ってきている人も一人で来ている人もいた。ランカルの国際交流パーティーは、ランカルの会員じゃなくても参加できるため、会員ではない友達と一緒に参加することもできる。金額的にも外国人や英会話に興味がある友達を誘いやすい。

また、ひとりで参加してもキョロキョロしていると誰かしら声をかけてくれるので、外国人だけでなく日本人の友人の輪を広げることもできる。英語が好きな人は比較的コミュニケーションが好きな人が多いので自然と仲良くなれる。

全体的にランカルの会員の参加者が多いので「どこのお店がおすすめ」、「こんな勉強法がいいよ」なんて情報交換もできることが魅力だ。どうやら会員の中では上野店の評判がいいようだ。

話した中では去年から通っている人、先週通い始めた人など、比較的新しい会員が多い印象だった。仲良しの「メイト」を紹介してくれることもあるので「国際交流パーティー」だから外国人としか話さない、など頑なにならずに日本人の参加者とも交流するといい。

4  LanCul(ランカル)国際交流パーティーでは外国人とも日本人とも一気に仲良くなれる

ランカルの国際交流パーティーでは「メイト」主催のチーム戦のクイズがある。外国人講師「メイト」1人と日本人3人でチームを組む、などとルールを指定してもらえるので、日本人だけで固まることもない。

自己紹介をして、チーム名を決め、約20問の質問をみんなで考える。質問が結構難しくて、チームメイトとああだこうだ言いながら考えるのも楽しい。1位のチームにはボトルワインのプレゼントなど、優勝商品も豪華だ。

結果発表の後はノリノリの音楽でどこからともなく自然とダンスが始まった。クラブさながらだが、深夜開催ではないし、あくまで英会話スクール主催の国際交流パーティーなので変ないかがわしさもない。

ダンスをすると人と人の距離が近くなるので、通常のレッスンの時よりも外国人と仲良くなりやすい。現にダンスしながら手を繋いだり、距離が近くなっていい雰囲気になっている参加者もいた。

外国人はハグの文化などもあり、日本人よりもスキンシップに抵抗がない人が多いので、距離が縮まりやすい。ランカルの国際交流パーティーでは友達だけでなく、未来の恋人を探すことができるかもしれない。

今はSNSが色々あるので、連絡先の交換も気軽にできる。外国人が使っている連絡用のアプリは「WhatsApp」が一番有名だが、日本にいる外国人は結構「LINE」もダウンロードしている。現に僕は数名とLINEの交換ができた。

「Facebook」「Instagram」も人気なので、連絡先の交換時にまごつかないよう、国際交流パーティーに参加する前には必ず何かしらアプリをダウンロードしておくことをおすすめする。

 

LanCul(ランカル)国際交流パーティーは外国人と出会い友達になれる

国際交流パーティーは外国人とも英語が好きな日本人とも出会え、ランカルの雰囲気を感じるのには絶好の場所だ。お酒も飲めるので会話も弾み、「メイト」と会員との関係性も垣間見ることができる。

スピーカーの近くだと、クラブのように音楽のボリュームが大きいので聞き取りがしづらいこともあるが、その分距離も近づける。困ったら音楽の話をしてもいいし、周りにいる人がどんな話をしているのか聞いて仲間に入れてもらうのもあり。

仲良くなったらそのあとに一緒に飲みに行くのもいい。こういった国際交流パーティーなら、人数も多くて気負わずに参加できる。レッスンの無料体験に参加しようか迷っている人は、ふらっと飲み会感覚で国際交流パーティーから参加してみるのもおすすめだ。

 

無料体験に参加してみるべき!

英会話カフェ・バーLancul(ランカル)に潜入してみた。僕が体感した感想でいくらかイメージできただろうか?あなたがどう感じるかどうかは、実際に、参加してみないとわからない。実際に利用して「どう感じるか」次第だ。気になればまずは、無料体験してみるべき。無料体験して、楽しければ続ける。合わなければやめればいい。気楽に参加できるのがランカルのよさだ。