遅い?噂のクラウドSIMどんなときもWi-Fiの悪い口コミ評判を集めてみた!

どんなときもWi-Fiの悪い評判まとめ。どんなときもWi-Fiは、容量無制限で通信速度も速いサービスを破格の値段で使うことができる、かなりネット上での評判のいいサービスだ。しかしWiMAXなどといったその他のモバイルWi-Fiルーターと比較して、本当に欠点のないサービスなのか。今回はどんなときもWi-Fiの悪い評判をまとめてみることにした。

 

どんなときもWi-Fiっていいの?

 

どんなときもWiFiはクラウドSIMとしてつかえるのか?海外WiFiとして使えると噂のこのポケットWiFiの悪い部分を検証してみた。

1どんなときもWi-Fiには2年の縛りがある

どんなときもWi-Fiは2年契約しなければならない。もし2年以内に契約をやめる場合は、別途違約金がかかるというデメリット。

こういったモバイルWi-Fiルーターでは、縛りのないものもある。例えば、縛りなしWi-FiはどんなときもWi-Fiと同じような料金体系だが、名前通り縛りがない。なので、こういったサービスと比較したとき、2年の縛りがあるどんなときもWi-Fiは、劣っているように感じる。

だが、縛りなしWi-Fiなどと違って、どんなときもWi-Fiは通信制限がない。加えてデータ容量無制限。縛りなしWi-FiのデメリットをどんなときもWi-Fiは解決しているのだ。

つまりは、どちらをとるかということになる。縛りがない代わりに速度があまり速くなく通信制限のあるサービスを契約するのか、縛りがある代わりに、容量無制限で通信速度の速いサービスを契約するのか。この縛りは、非常に優れたサービスを安価で提供しているため仕方ない。だが、縛り期間があるため、縛りが嫌な人はあまりおすすめできないかもしれない。

2どんなときもWi-Fiは端末を返却する必要性がある

他に多かったイマイチだった点は、最後に返す手間がかかるということ。基本的に、WiMAXなどといったサービスでは返却する必要性がない。こういった、返却の必要性がないサービスが多いが、どんなときもWi-Fiは返却する必要性がある。

そのため返却の手間がかかり、送料がかかる。加えて、返却期限までに返却がない場合や、故障した場合は機器損害金を支払う必要性がある。なので、他のサービスに比べてめんどくさいという口コミがあった。

つまりは、レンタル制にすることによってコストを抑え、金額を安くしているのだろう。どんなときもWi-Fiはどれだけ使っても通信制限なしで、データ容量無制限のサービスを、月額3500円以下で使えるという破格の値段で提供しているサービスだ。もし端末がレンタル制出なかった場合、もっと月額料金は高くなるだろう。端末を返却する必要性はあるが、その代わりに他のサービスよりも安い料金で無制限のWi-Fiが使える非常にコストパフォーマンスの良いサービスということだ。

3どんなときもWi-FiはWiMAXより通信速度が遅い?

どんなときもWiFiは、「au」「softbank」「docomo」のキャリアのLTE回線を受信するモバイルルーターだ。そのため、回線自体のスペックの問題で、WiMAXと比較した場合、通信速度が若干遅い。という口コミもあった。

だが、WiMAXと比較しての場合だ。LTE回線を受信するモバイルルーターとしては、速度は速いほうだ。WiMAXではなく、その他のWi-Fiサービスと比較すれば、かなり早いほうなのだ。確かにWiMAXよりも遅いかもしれない。だが、十分満足できるような速さで、かつ容量無制限のサービスをWiMAXよりも安い料金で使うことができるのだ。

加えて携帯電話会社のLTE回線を利用しているので、スマホが圏外にならない場所以外どこでも使うことができる。WiMAXで圏外になるエリアでも、スマホが使えれば普通に使うことができるだろう。そう考えると、どんなときもWi-Fiのほうが便利だと感じる。

4どんなときもWi-Fiはルーターが重い?

どんなときもWi-FiのルーターはWiMAXの最新機種などに比べて、若干厚みがあり、少々重くなっている。加えてでっぱりがバッグに引っかかることが多く、持ち歩きにくく、WiMAXと比較したとき、少々不便という口コミもあった。

確かにルーターがWiMAXより持ち運びにくく、少々不便かもしれない。だが、サービス全体をWiMAXと比較してどうだろう。WiMAXのほうが使用料金が高く、通信速度が速い。だが、どんなときもWi-Fiには通信容量に制限がなく、他のルーターに比べて十分速いサービスを破格の値段で受けることができる。

ルーターが少々不便だが、それ以外の面を考慮すればものすごくいいサービスだと感じる。
これは人によるだろう。だが僕は、どんなときもWi-Fiのほうが安くて非常に便利なので、入るべきサービスだと感じた。

 

どんなときもWi-Fiのデメリットはサービスの質を考えると許容範囲

どんなときもWi-Fiは容量無制限で通信制限もなく、LTE回線を用いた十分速いサービスを破格の値段で受けることができるサービスだ。

デメリットとしては、2年間の縛りがあることと、WiMAXの新型モバイルルーターに比べて厚みがあること、端末を返却する必要性があることが挙げられる。だが、こういったデメリットがあるものの、サービス全体としては非常にコストパフォーマンスの高いサービスだ。WiMAXに比べて遅いという評判もあったが、他のモバイルルーターに比べて速く、十分使える。

実際使ってみるとわかるが、手頃な料金とは思えない質の高さにびっくりするだろう。気になった方は使ってみるべきだ。