失敗?英語上達完全マップをやってみた!その5年後の人生

英語を話せるようになったら、世界が広がる。と意気込んで英語を勉強してから5年余がたった。英語上達完全マップのメソッドに魅了されて、英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在という記事をアップしてから、早3年が経った。今回は、この英語上達完全マップをやってみた!後の人生を振り返る。

 

実際に英語を話してみた

実際、第二外国語として英語を習得したので、「癖」はある。ツッコミどころは山ほどあるだろう。ただ、声を大にしていいたいのは、本当にゼロからのスタートでここまで勉強できたということ。大嫌いだった英語を勉強してここまでのレベルになれるということを皆さんにお伝えできればと思い、今回動画にした。「こんな奴でも英語ができるようになる」なら、私でも英語が話せるようになれるだろ!という気持ちになってみてほしい

 

英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在

英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在という記事に、僕が実際に英語上達完全マップをやった時のテキストや教材、そして、最新の英会話サービスを使った話を赤裸々にまとめた。実際のところ、この英語上達完全マップのおかげで、僕は英語が話せるようになった。

もうすぐ映像をアップする予定だが、実際、普通に日常会話程度であればそこそこできるレベルまで上達させることができた。英語学習サイトを調べてみると、実際、この英語上達マップを使って英語が話せるようになった人がゴロゴロいるように、このメソッドは、使えることはもう証明されている。

 

英語が話せるようになった人のその後のストーリーは?

ただ、英語が話せるようになった人のその後のストーリーは、見当たらない。記事でも書いたが、英語上達完全マップで英語を話せるようになったその後の人生は、どうなっているのだろうか。

英語は、ただの「コミュニケーションツール」だと常々思ってきた。実際、このツールを会得した人が、英語上達完全マップで英語を身につけた後、どんな人生を送っているのか、それを証明するために僕は「ブログサイト」としてこのサイトを運営し続けている。

今回は、その後の人生の話をより深くまとめていく

 

 英語一定レベルまで伸し上げたを後

英語を使った仕事を志すも銀行員になった

英語を使うことで、世界を広げる。大学入試や就職活動、資格試験のための英語ではなく、やりたいことを実現させるために英語を使う。英語そのものは、ただのコミュニケーションをとるツールだととらえることで、使い方は大きく変わる。

かつて僕は就職活動で「英語関連の仕事」を夢見たことがある。結果は、散々だったが、こういう選択肢もある。ということをみて欲しい。

▷ 英語を使って仕事をする。僕が留学をして就活で失敗したワケとその後

 

海外移住計画

英語を使いたいなら直接海外へ行けばいい。そう考えた僕は、海外移住計画を立てた。現状に不満があるのなら、自ら動けばいい。英語が使えるようになれば、世界が広がる。海外へ移住するとなると、より質の高い英語力が必要になってくる。

ただのコミュニケーションをとるためのツールだった英語を、情報収集やビジネスのツールとして使わなければならない。これまでの学習は、英語の基礎を築いたものと同じ。これからが、英語を使う本当の理由である。

▷ 脱サラフリーランスになって海外移住する計画

 

英語は世界の最新情報を「読み解く」ツール

世界で発表される最新の情報は、すべて英語で発信される。何十年もの歳月をかけた研究の発表や世界に衝撃をあたえる論文など、全世界へ配信したい情報は英語で発表される。その世界最先端の情報を英語で読み解く。日本語へ翻訳されるまでライムラグがあるためだ。

英語は情報収集のツール。ある程度学習を進められた人なら、英語で情報収集することは苦でないはずだ。日本で報道されていない情報を知ろう。なぜ、トランプ氏が安倍内閣に物申さなくなったのか。そこには、大きな力が動いている。

情報を知るか知らないか。その情報が正しいか正しくないか。判断できようようになるためにも、英語を使って情報収集できることはプラスに働く。

僕は、このサイトで情報発信をすることによって、サラリーマン時代の年収を超えることができ、かつ、脱サラ独立して「フリーランス」となった。人生は面白い。「英語」で得た情報を元に「発信」をすることで、「利益」になる。今後も「最先端」の情報を読み解きながら、配信して行く予定。

▷ 確定報酬20万円を稼ぐ、戦略型ブログメディアをつくる方法

 

英語は日本にないビジネス思考を「視聴する」ツール

SharktankTED talkなどで海外のテレビ番組を見よう。日本でも有名になってきた Sharktank は、マネーの虎と同じイメージの番組。依頼者が自分のビジネスについてプレゼンをする。シャークと呼ばれる最強実業家たちがそのビジネスに賛同すれば、巨額の資金を援助する。ビジネスの教材としてみるのも面白い番組だ。最新のアメリカビジネスのアイディアをここから日本へ持ってくるのもよい。

海外にはさまざまな生き方をしている人たちがいる。会社勤めが当たり前の時代は変わりつつある。Creative live は、生き方を教えてくれる動画配信web。海外で活躍しているノマドワーカーやリモートワーカーの話が聴けるサイト。より個性的な生き方や自分の幸せを見つけるアイディアが見つかるはず。

 

 英語上達完全マップを制覇した僕の現在

海外で生活できるノマドワーカーへ

そして、ついに、僕は仕事を辞め、海外へ移住する計画を実現するべく本格的に動き出した。脱サラ計画実行。100万円のボーナスを捨てて、退職届を出してきた。

僕は、ようやく仕事をしながら海外で生活する。最近いただいた仕事は、ライターとして、セブの語学学校を取材すること。仕事をもらいながら、世界を旅している。

 

英語を使って「世界中」でビジネスをしよう

学習してきた英語をビジネスで使おう。うまく活用して、自分が思い描いてきたゴールを実現させるべきだ。英語は目的ではなく、英語を使って何かをするために学習することを忘れないようにすべき。英語を学んだ自己満足に浸ることなく、目標達成の手段として捉える。

この情報発信の甲斐あって、セブ島にある語学学校からお仕事をいただいた。英語を勉強して、その方法を発信したおかげで、3度目の留学をすることになった。この体験を執筆するライターの仕事が入ってきた。

▷ フリーランスのセブ留学。サウスピークのスパルタ英語勉強が始まった

 

情報を自分の目で確かめる時代

僕は今、世界を飛び回りながら「リアルな」情報収集を行なっている。現地でしか味わえない検閲なき「本物」の姿を、この目で確かめながら、自分の好奇心の赴くまま動いている。

英語を使って、「国際交流」をしながら、海外のフリーランスと出会いながら旅をしている。気ままに自分の好きな移住先を探しながら、拠点を世界に何個も作る予定。

▷ フリーランス2ヶ月目で月収益50万円以上の秘密

 

英会話が上達したおけげで世界中に友達が作れる

英会話が堪能になったおかげで、ストレスなく外国人と英語でコミュニケーションが取れるようになった。さすがに込み入った宗教の話や、サイエンスチックな宇宙工学の話などをされるとついていけないが、思ったことを無意識に話せる。

僕は現在、自分のお気に入りの地を探しながら、「国際交流」をしている。

 

日本中の国際交流イベントを参加し渡る

僕は、サラリーマン時代、自分の英語力を維持するために、全国各地の「国際交流パーティー」を回った。英語を学んだ人、留学した人、海外の大学を卒業した人たちが、就職してどんな仕事をしているのか知りたかった。

国際交流パーティーに来ている人は、皆、留学や大卒、海外が好きな人が多い。今どんなことをしているのか話をしながら全国のパーティーに参加した記録。実際に足を運んで全国の「国際交流」の場を取材してきた。ようやく《日本全国》国際交流マップと称した全国マップの完成が近づいてきた。

実際のところ、どこの国際交流イベントも、結局は、外国人と友達になりたい日本人女性と、日本人女性を探し求める外国人男性の出会いの場といった印象でしかない。僕の嫉妬も含めて、日本人男性は、なかなかモテないのが現状だった。

ここまでが英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在に書いた内容。そして、その後の人生のストーリーはここからまとめる。

 

 5年後の人生

会社員を辞めてフリーランスとなった僕は、結局、フリーランスも辞めて、会社を立ち上げた。「代表取締役」となった。要するに、自分の会社を立ち上げて、自分で社長になったのだ

 

世界の好きなところに自分の拠点を作る

僕が今目指しているのが、自分の好きな国や居心地のいい都市に、自分の「拠点」を作ること。国内海外移住として、世界にいくつもの自分の「拠点」を作るために、旅をしている。旅ブロガーが教える。本当に使える旅のネット予約おすすめ方法まとめ

 

シェアハウス管理業

福岡にあるシェアハウスのマネジメントも携わっている。ソーシャルアパートメントやシェアハウスに興味があった僕は、管理業務に関わっている。ミニマリスト福岡移住から1年。フリーランス11ヶ月目でシェアハウスに引っ越してきた6つの理由

 

モデル事務所マネージメント

とあるつながりから、モデル事務所のマネジメント業務も関わるようになってきた。法人化をしてから、よりジャンルの違う分野に足を踏み入れて、どんな事業がしたいのか、模索をしている。

何事もやってみなければわからない。やってダメならやめればいい。

 

フリーランスイベントの開催

福岡を中心に、フリーランスイベントを開催している。毎月恒例の行事として、フリーランスを集めたオフ会を開催している

60人近くの方が来られるこのイベントを通して、フリーランスの仕事マッチングや、働き方相談、人脈形成の一環として利用してもらっている。もちろん、僕自身も、一緒に事業展開してくれるような面白い人材をここから集めている。

 

フリーランス向けの講演・セミナーをするまでに

フリーランスの仕事講座といったセミナーを、東京、広島、福岡で開催したこともある。こうした多岐にわたる仕事をこなす「働き方」を紹介する講座を話す程度。

福岡に拠点として、自分のコワーキングを作り、フリーランス合宿を開くつもりで準備していたが、何となく違う気がして今はストップしている。

やりたいことをとことん追求していきながら、違うと思った時に修正する。この繰り返しを僕はしているだけ。

 

結局、旅するノマド経営者となった

2018年からは、事業展開を見据えた「会社」作りに奔走している。仕事を退職してから、1年経つ前に「法人成り」することとなった。こちらのブログ以外にもいくつかのメディアとサイトを運営している。その事業を法人化し、株式会社を設立した

結局僕は、「英語上達完全マップ」で得た英語のスキルを活かして、ブログを書いたり、海外を飛び回ったり、ライターとして取材したり好きなことを仕事にできている。これも「英語をツール」として「人生に生かした」ことが根底にある

今は、ここに書ききれないくらいの仕事をやっていて、スタッフの数もかなり増えた。自分一人でビジネスをすることに限界を感じて、フリーランスのイベントを主催するようになって、フリーランスを集めて、自分の仕事をシェアする環境を作ったり、個人事業主や起業家が集まるシェアハウスを管理したりと、自分が思いついたアイディアをどんどん形にしている。

これも全ての始まりは、「英語上達完全マップ」があったからだ。あの時、このサイトに出会って、自分が英語を勉強すると「決断」したことからこの人生は始まっている

 

法人化・フリーランスとしての活動

・本ブログ運営

・地域情報メディア運営編集

・ウェブサイトデザイン作成

・ウェブサイト運営コンサル

・物販

・ワンルーム不動産運用

・仮想通貨、外貨口座運用

・カメラムービー作成

・海外向け英語メディア作成

・各地講演、イベント主催

・シェアハウス管理

・モデル事務所マネジメント

・フリーランスグループの運営

 

英語上達完全マップを使って、英語を勉強してよかった。

僕はここからそう思っている。

 

本気で英語を勉強したいならパーソナルスクール一択

「英会話カフェ」を使って勉強するより、「英会話パーソナルスクール」を利用した方が英語の勉強にはピッタリだ。英会話スクールで、なおかつ、パーソナルトレーニングをしてくれるサービスは、英語力を飛躍的に伸ばしてくれる。

英語を本格的に学びたい方におすすめなのが、 ENGLISH COMPANY だ。僕も体験レッスンを受けたのだが、絶対におすすめできる。他の英会話スクールとの違いは、「科学的根拠」に基づいた徹底した「学習効率」にある

実験と研究によって証明された「第二言語習得研究」と呼ばれる「学問」データをもとに、英語学習プログラムを作成している。この科学的根拠のある学習プログラムが圧巻。英語を話せるようになった1人の「経験則」ではなく、何万人ものデータを元にした「科学的根拠」のある方法を、一人一人の英語レベルに沿ってパーソナルに提供してくれるのだ。

僕もこの学習トレーニングを受けた経験者だ一度受けたからこそ、絶対におすすめできる。騙されたと思って、足を運んでほしい。それくらい僕が良いと思ったサービスだ。嬉しいことに、ENGLISH COMPANYのトレーニングは、無料体験できる。無料のトレーニングでここまで英語学習を見直してくれるのは、ここしかない。英語の勉強に悩みを抱えているのなら、絶対に受けてみるべきだ。悩んで時間を無駄にするよりも、トレーニングを受けて満足して欲しい。それくらい一押しできるサービスだ

▷ ENGLISH COMPANY

 

スマホで英語学習はできる

最終的に、僕は、SAMSUN Galaxy S10 Plus を使って、英語の勉強をしている。「デュアルディスプレイ」を使って、単語帳を音読しながら、音声再生をして、シャドーイングをする方法を「スマホ1台」でこなしている

▷ アプリでスキマ時間に英語勉強。iPhoneを使った効率のいいスマホ勉強法とおすすめのアプリ。

スマホ・タブレット勉強方法を知っているか?

もしあなたが、まだ「紙の本」で英語を勉強しているとするなら、もはや時代が古い。勉強は「タブレット」や「スマホ」でするものだと言うことを知っておくべきだ。僕は、スマホ1台で「2画面表示」をさせて、「テキストを読みながら」同時に「音声を聞いて」英語学習をしている。スマホ1台で英語学習ができる。本物の「本」をデータでスマホに取り込みので、本と同じ内容のテキストを持ち歩けるのだ。

すこぶる重い文法書や、今日あの本を忘れてしまったと言うことが皆無。むしろ、自分のお気に入りの英語のテキスト50冊から、読みたかった小説、最近話題のビジネス書、雑誌に、漫画に10,000冊以上もの本を「スマホ1台」で読みあさることができる。

この最高に便利な「スマホ勉強」を知らない人は今すぐ取り入れてほしい。人生が変わるからだ

僕がおすすめしているのが、「自炊」をして、本をスキャンし、PDFでデータとしてタブレットやスマホで読むことだ。この自炊で勉強するのは、海外では当たり前。日本ではまだまだ普及していないのが現状。まず、塾講師や教師が遅れすぎていると僕は思っているレベル。学校でスマホやタブレットが使えない時点で、日本の教育は終わっている。と言い切りたいくらいタブレット勉強法は最高だ

この方法は最高。一度、方法を身につければ、どのテキストでもできる。書き込みは当たり前にできるし、何千、何万ものテキストをスマホやタブレットに入れ込むことができる。iPadを使ってどうやって瞬間英作文のテキストを取り込むのかは、こちらの記事iPadでおしゃれにノマド勉強する時代。自炊で本をスキャンして、スキマ時間に効率のいい学習をする方法を読んでほしい。

2016-03-19 16.24.33

スマホやタブレットに音源を入れておけば、同時で利用することもできるし、読みながら CD音源を聴きながら学習できる。iPad勉強は最高だ。僕が愛用しているアプリは、GoodReader。有料アプリだが、PDFに書き込みができるし、スマホ内でPDFの順番を入れ替えることができる。削除もできるし、書き込みやしおり機能も充実している。

☝︎スマホやタブレットで勉強する時代

スマホやタブレットで勉強することを否定する人がいる。スマホやタブレットを使いこなせないだけで、頭ごなしに否定するのは頭が悪い。しっかり使いこなして、メリットデメリットを理解しているのならいいが、使っていないのに否定するのは頭が悪い。

僕らが大学受験時代、「電子辞書」と「紙の辞書」を比較する先生がたくさんいた。頭の悪い教師ほど、「紙の辞書しかダメだ!」と言っていた現象と同じ。彼らいわく、紙の方が使いやすいのだそうだ。ただ単純に電子辞書が使いこなせないだけ。使いこなせる側からすれば電子辞書が良かったりする。もちろん、メリットデメリットもあるが、やはりテクノロジーの進化には勝てないのは、今の世の中が証明している。

▷ iPadでおしゃれにノマド勉強する時代。自炊で本をスキャンして、スキマ時間に効率のいい学習をする方法

 

独学で英語を学ぶ

僕が英語学習をスタートさせたのが、この瞬間英作文から。この瞬間英作文を学習するために、中学英文法を復習し直した。その時の学習スケジュールをこの記事にまとめている。真剣に英語を学びたいのなら、方法はたくさんある。9ヶ月真剣に英語と向き合った記録をまとめた。そのときの勉強スケジュールが以下

▷ 英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在

結局、英語の勉強は、自分がどれだけ知識を蓄えたのかにかかっている。大量に英語をインプットして、英語で覚えた単語や文法を使って英会話でアウトプットをする。この繰り返しだ。インプットをする時間を「独学」で作れる人は英語のみにかかわらず、どの分野を勉強しても成果が出せるようになる。

僕が実際に英語を勉強した時のスケジュールやおすすめのテキストを事細かくこちらに記事にまとめた。9ヶ月真剣に英語と向き合った記録

 

外国人と友達になる一番いい方法は?

結局、一番いい方法は、「国際交流アプリ」を使うこと。Match のような超人気のアプリを利用するのが一番簡単で早い。今は、アプリを使って友達を増やす時代。自分の好みの外国人と友達になって、国際交流しよう

これで出会う実践編!日本で外国人と知り合うための超具体的な8つの方法に僕が外国人と出会った方法をがっつりまとめている。ぜひ読んでほしい。