日本が嫌われてる反日国ランキングリスト☝︎反日国でも日本好きの外国人と友達になる方法

反日国。日本をあまりよく思っていない。日本を嫌いに思っている国はある。こうした反日の国でもどうやって友達を作るのかまとめる。

 

反日国リスト一覧

今回は、反日国と言われる国の中でも、僕が実際に訪れたことのある国をベースに、実体験をまとめていく。

 

1位 人口5,000万人の韓国

韓国は、歴史背景から「反日」をパワーワードに政治を盛り上げてきた感がすごい。1998年代、不況に立たされた韓国政府が、日本を追い越せ、追いつけと反日感情を使った政策がなされた。戦前の日本の行為をピックアップして、反日感情を抱きながら国が成長している。韓国の人口は、日本の半分にも満たないが、徴兵制度や受験の厳しさなど、国の統制が強いイメージ。

政治は反日感情が強いが、個人は日本を好きな人も多い。という意見もあるが、僕はあまりそう感じていない。確かに、グローバルに留学やワーホリで世界に出ている人たちは、そこまで反日感情を抱いている人はいない。ただ、あの愛国精神と対日本に関する話は面倒。愛国心が強いのか、竹島の話になるとかなりヒートアップするし、「俺は日本を別になんとも思っていない。嫌いでも好きでもない」とドヤ顔で聞いていないのにも関わらず話くる奴が何人もいた。僕はあまりいい印象を受けていない。

 

2位 世界から嫌われている中国

中国は、相変わらずどこの国からも嫌われている。13億人も人がいて、なおかつ、あれほど自由奔放な旅行をすれば印象が残るのは間違いない。中国は元々儒教のしっかりとした国だった。現に、日本も儒教ベースに礼儀作法が浸透していると言っても過言ではない。中国の場合は、統制のとれた儒教の教えがあったにも関わらず、政治展開の際に、その統率が失われ、「我先に」といった自己中心的な感情が生まれたそうだ。「みんながルールを守らないなら俺も守る必要がない。」と言った具合に、乱れ始め、今ではより自我の強い人が多いイメージのある国だ。

2012年の反日デモは記憶に新しい。日系企業のオフィスや、日系デパート、スーパー、車など日本に関するプロダクトは軒並み壊された。こうしたデモは政治的圧力が関わっている。マスメディアを利用する政治家が、反日感情を武器に中国を動かす。なぜ、デモが起きるのか、なぜ、日本が狙われたのか、その裏側を学習するのも面白い。

 

3位 北朝鮮

拉致問題、ミサイル問題など、世界を騒がすこちらの国は、反日というよりも、多くの国を嫌った排他的な政治背景がある。隣国の中国、そしてロシアとの関係があり、韓国、アメリカ、日本に対する圧力をかけている。韓国に関しては、「9月平壌共同宣言合意書」も先日交わされたことを考えると、これから世界がどう動いていくのかより注力してみる必要がある。

北朝鮮は、まだ行ったことが無いので、今のうちに旅をしに行きたい国の一つだ。時間が合ったときに北朝鮮へ行ってみたい。

 

 

反日国でも外国人の友達を作るためのアプリ

日本人の友達を作る感覚で、趣味や思考の合う友達を作ろう。反日国でも日本が好きな人は、少なからずいる。僕がおすすめなのが、アプリを使う方法。日本人どうして友達になるのにも使える。例えば、日本人の友達を作ろうとするとき、趣味や価値観が合わなければ、話が弾まない。それと同じように、外人の友達を作るときも、趣味や価値観が合う相手を探すべきだ。趣味や価値観を絞って、日本人と友達になりたい外人を探すのに便利なアプリを紹介する。

 

1世界で最も使われているマッチングアプリ

趣味嗜好が選べるマッチンングアプリでおすすめなのが、Match。世界中でユーザー数が200万人近くいる。このサービスの特徴は、「登録が簡単」なこと。このアプリのおかげで、下手な国際交流イベントやパーティに行くのはやめた。お金を注ぎ込むよりも、気軽に好みの異性の「外国人」を見つけるのなら、絶対にこのアプリがいい。

特に日本人男性は、レディーファーストができないと世界的にも有名になりつつある。より紳士に誠実な態度で外国人と知り合うことがコツだろう。アプリを使えば、パーソナルに出会うことができるので、よりお互いを尊重しながら知り合える。

世界的に有名なアプリが、Match。ユーザー数が200万人近くいる。このサービスの特徴は、「登録が簡単」なこと。上のように、地域を入力すれば終わる。登録してすぐ、相手を探すことができるため、初心者におすすめのSNSアプリ

おすすめは、日本に住んでいる外国人にターゲットを絞ること。基本的に無料で使用することができるが、より多くの機能を使う場合、有料会員になる必要がある。無料で使ってみて、手応えが良かった際に、有料会員になることをおすすめする。このアプリのおかげで、下手な国際交流イベントやパーティに行くのはやめた。お金を注ぎ込むよりも、気軽に好みの異性の「外国人」を見つけるのなら、絶対にこのアプリがいい。

Match

その他、外国人と友達になれるアプリを一挙に紹介した記事がこちら。アプリを使えば、簡単に外国人の友達が増えていく。アプリを使うこなすことは、これからの人脈形成に必須の力だ。おすすめのアプリまとめ。

日本と海外で国際交流。外国人と友達になれるおすすめアプリ33選まとめ

 

2Azarでビデオチャットをする

アザール Azar – ビデオチャット、世界の友だち検索」は、名前の通り、ビデオチャットができる最近のアプリ。5Gの通信速度を見越したビデオでのチャットのやり取りは、最近の若者に人気になっている。世界で累計200億人ものマッチ歴を誇っている今話題のアプリだ。日本ではまだまだ流行っていないのがポイント。海外ではやっているアプリを先取りできる。日本人が使っていないアプリを使えば、日本人を珍しく感じてくれる人も多くなる

やり方は簡単、インスタやスノーをする感覚で、ビデオチャットができる。マッチングアプリのように、面倒なテキストでのやり取りがいらない。サクッと顔を合わせて、会話をするだけでいいのだ。こうしたビデオチャットをすることを恥ずかしがる人も多いが、海外では普通。友達と電話をする感覚で、気軽にできるのが、このアザールが190ヶ国で1億ダウンロードされた理由だ

おすすめの使い方は、趣味を限定すること。自分が好きな相手を選びならが、マッチングさせることができる。地域を「日本」に絞ること。日本で使っているユーザーに絞れるため、外人とのマッチ率が上がる。地域を「日本」に限定してマッチングを行おうとするのは、日本人と交流したいと考えている相手だけだからだ。

今世界で話題のチャットアプリ。これを使いこなせれば絶対に面白い。

iOS / Android

 

3リアルイベントに参加するMeet up

イベントやセミナーといった「イベント」で外国人の友達を作るならミートアップがおすすめ。サークルのような感覚で、同じ趣味を持った人がアプリで参加者を募るサービス。同じ趣味を持った人が集まるため、友達をつくりやすい。このアプリは、外国人ユーザーの方が多い。例えば、自分で外国人向けのイベントを仕掛ける時にも集客でかなり役立つ。

観光地で現地の人と絡むなら、語学関連の Meet up がおすすめ。日本語を勉強している外国人に直接合うことができる。現地で開催されるミートアップに参加すること観光客は少ないので、珍しがられる。観光できたことを伝えると驚かれるだろうが、楽しい交流ができるはずだ。

Meet up

 

4日本のマッチングアプリPairs

Pairs なら新日の外国人を探すことできる。ペアーズは日本のマッチングアプリ。そのため日本人ユーザーが多い。ペアーズを使っている外国人は、みんな日本語が上手。逆に、親日で本当に日本が好きな人がペアーズを知っていて、日本人と交流がしたいからペアーズを使っているという人もいるくらい外人と仲良くなりやすい。そして、利用者も若者が多いのが特徴。

僕が知る限り、日本のアプリで最も外国人の利用者が多いのがこのマッチングアプリ。特にアジア圏ではそこそこ人気だ。日本が好きの外国人は、日本のアプリを利用する。実際、僕も外国人の友人に日本人と交流するためのアプリを聞かれた時に教えたくらいだ。

そこそこ日本語ができ、かつ、日本人の彼氏彼女が欲しい人が使っているので、安心して理利用することができる。残念ながら男性は、2通目のメッセージのやり取りから課金する必要がある。気になる異性とマッチングしてから即課金するのがいいだろう。それまでは、無料で十分楽しめる。ちなみに、女性の利用は無料でできる

最大のメリットは、参加のしやすさ。Facebookと連動させれば、即使用できるシステムになっている。ややこしいプロフィールの入力をしなくて済むのがいい。Facebookの友人とは出会えわない設定もできるため、友人に知られることがなく安心して使える。親日外国人と交流をするならダウンロードして損はないアプリだ。

Pairs