個人で動画CMを作る6つのコツ。フリーランスが教える動画CMの作り方

動画CMを作って、宣伝しよう。動画は、誰でも簡単に作れる。スマホでも、カメラでも撮った映像を簡単に繋げば、それなりの動画は作れる。CM動画の作り方のコツをまとめる。

 

動画CM作りのコツ

今回は、個人で簡単に作れる動画CMのコツをまとめていく。こちらの動画は、僕が動画の編集を始めたばかりの頃に撮ったモノ。素人でも撮った映像をそれなりに繋げていけば、「雰囲気」のある映像にはなる。簡単にできる動画CMの作り方を6ステップでまとめる

 

1. 作りたい動画を探す

まずは、どんな映像を作りたいのか、イメージさせることが大切。どういった映像が好みなのか、どういう風に見せたいのか。などなど「模倣」を見つけるのがポイント。僕の場合、「切り替え」の早い動画が撮りたかったので、Youtubeを使って、撮りたい映像模倣を探した。

こちらは、Goproで撮影された映像。切り替えが早い、今風な映像になっている。この「スピード」の早い映像は、どうすれば作れるのか。作り方を考えながら撮影する。

 

2. Youtubeで作り方を独学する

動画の編集の仕方は、独学で学べる。編集のノウハウは、講座で習うよりも、作りたい「絵」がどのように編集してあるのか知ることから始まる。おすすめなのが、日本の動画編集Youtubeを見るよりも、海外の作例を見ること。

例えば、この映像のような切り抜き「タイトル」。日本のユーチューバーの動画も探したが、なかなか思うような動画を見つけることができなかった。こうした「洒落た」映像編集を学ぶなら、海外のユーチューバーから学ぶべき。

 

3. ストーリー性を持たせて撮る

作りたい映像、動画の編集の仕方を学んでから、次にやるべきは、実際に「撮影」すること。何もイメージしないまま映像を撮ろうと思っても、何を撮ればいいかわからない。事前に、「模倣」、「編集」を頭に入れておくと、イメージしながら撮影ができる。

こうした映像が撮りたいから、このアングルで、このレンズを使って、この明るさで撮る。といった具合になる。自分のやりたいことを、具体的にさせるのが、撮影の作業だ。

 

4. 動画は、写真の延長

動画を撮るとき、どうしてもいいものを撮ろうと身構えてしまう。おすすめなのは、写真を撮る感覚で、何カットも撮ること。写真を何枚も撮るのと同じように、動画も何カットも撮って、後から見直して編集する。

動画は、1秒の写真だと思えばいい。1秒の映像が30枚集まれば、30秒の映像になる。写真を簡単に撮るイメージで、シャッターの代わりに、「録画」ボタンを押せばいい。

 

5. スマホでサクッと撮影すべき

も画質は十分。というよりも、僕が持っている一眼レフよりも、スマホの方が画質がいい。センサーサイズの違いこそあるが、画質表記は、スマホの方が高い。僕が言いたいのは、スマホでも綺麗な映像が撮れるということ。一眼レフを持ち出したり、大きな撮影機材を使わずとも、スマホで4Kの映像が撮れる。メインを一眼レフ、サブをスマホで撮影するのもありだ。

 

6. スマホで動画編集する

スマホで撮った映像を、スマホで編集することも可能。スマホ一台で完結できるのなら、手軽になる。動画編集できる無料アプリ6選。実際に使い比べてみたでも紹介したように、無料で使えるアプリはたくさんある。こうしたアプリを駆使して、簡単にCM撮影をして見るべき。

 

誰でも簡単に動画は作れる

スマホで4Kの映像が撮れる時代。今や、誰でも簡単に動画撮影ができる。簡単にできるからこそ、どんどん自分の好きな「絵」を撮っていくべき。

▷ 個人が「動画」を簡単に繋げる時代。独学でムービークリエイターになるべき7つの理由

 

 

機材を借りるという選択肢

カメラ機材ははっきり言って高い。高いし、毎年マイナーチェンジする癖の強いアイテムだ。毎回のように30万円~100万円のお金を機材にかけることはできないのが本音だ。そこで、機材を「レンタル」するという選択肢を使う。

レンティオでは、カメラをレンタルすることができる。これがすこぶる使いやすい。気になったカメラ本体や、有名なコンデジ、ミラーレスなど気軽に手に取ることができる。はっきり言って、僕のような素人には、高いカメラ機体がどれほどすごいのかわからない。実際に手にとって、体感して、その良さを知るのが最も効率がいい。

気になる機材は、レンタルして一度使ってみるべき。カメラを買う前に、本体をレンティオで一度お試しするべきだ。