あなたは大丈夫?仕事がないフリーランスサーがやりがちな7つの失敗リスト

フリーランサーとして仕事をしはじめて半年以上が経った。仕事をしてはいるものの、どことなく「違和感」があるのは、気のせいか。仕事をやっているつもりでも陥ってしまう「失敗」の数々を紹介していく。

 

フリーランサーという名のフリーターになっていないか

「フリーランサー」と言う言葉が広まってきてから、なんとなく「フリーター」という言葉と入れ違ってきたイメージがある。フリーランスと言っておけば、少しマイルドなイメージがするのは僕だけか。フリーで仕事をするのだが、「フリーター」と同じ活動をしている人は多い。

あなたは、フリーターになっていないだろうか。生活するために、薄給な仕事をひたすら数をこなす。その日暮らしのぐーたらした生活をしていないだろうか。

 

やるやる詐欺

「本を執筆する」「スマホアプリを作る」「新しいサイトを立ち上げる」などなど、やりたいことがたくさんあることはいいことだ。だがしかし、実際に「実行」しなければ意味がない。「やるやる」と周りに報告しておいて、全く「行動」しないのは、詐欺だ。

あなたは、自分が口にした目標をきちんと実行しているだろうか

 

大きな夢だけは語る

大きな夢は語るものの、夢を語ることに満足して、一向に実行しない。大きな目標を掲げるのはいいが、自分を大きく見せようとして、ただ語っているだけではないだろうか。夢や目標は、達成できるめどができてから語ろう。

あなたは、夢を語って、満足していないだろうか

 

作業量がほぼない

今ある生活に満足して、「仕事」そのものをおろそかにしていないだろうか。「ブログの更新を毎日する」「ウェブライティングを1時間で終わらせる」と考えながらも、一向に進まない。気乗りしないからと、明日やろうと後回しにしていないだろうか。

あなたは、仕事を本当にしているか

 

Youtubeをひたすらみる

何かの仕事を終えるたびに、Youtubeをみて、息抜きをする。Youtubeをみることは否定をしない。が、だらだらと長時間、閲覧しすぎるのはおすすめできない。永遠と流れるあの「自動再生」に翻弄されていないだろうか。

あなたは、Youtubeをだらだら見続けていないだろうか

 

何かあるたびにSNSを眺める

仕事をしよう。SNSで絡んでいる時間は、最小限でいい。SNSで情報をザッピングする時間も大切だが、仕事がないあなたは、それ以上に「作業」の時間を作るべき。Facebook、twitter、Instagramなどなど、何度見ても、あなたに届く「いいね」の数はさほど変わらない。

あなたは、SNS依存していないだろうか

 

狭いコミュニティで傷を舐め合う

フリーランスのコミュニティーで集まって、自分のキズを癒そうとはしていないか。仲間同士で「情報」の共有をするならまだしも、愚痴の言い合いはマイナスでしかない。

あなたは、傷を癒すためにコミュニティに属していないか

 

会社員をディスる

あなたが昔いた会社の上司をディスるのはやめよう。いくら無能だからといって、いつまでも過去の話をするのは時間の無駄だ。いま、あなたが置かれている状況をきちんと俯瞰しよう。いま、あなたは、その上司より仕事をしているだろうか。

あなたは、会社員をバカにしすぎていないだろうか

 

自戒をこめて失敗リストにした

これらの失敗は、僕がフリーランスになって自分が陥ったであろう事柄をリストにあげた。自戒を込めて、自分に厳しくならなければいけない。これから

 

フリーランスはいいこともある

フリーランスとなって、僕が注力したのは、「マネタイズ」だ。やりたいことをするには、どうしても大きな「資金」が必要。やりたいこと、やってみたいことがあるのに、お金が足りない。といった「機会損失」が最も嫌いなことの一つ。やりたいときにできる「資金」づくりを徹底的に磨いてきた。フリーランスはやり方次第で、収入は上がる

▷ デジタルノマドフリーランス2ヶ月目で月収益50万円以上の秘密

 

誰にも負けないスキルをつくる

誰も持っていないスキルをつくる。日本で「唯一」の存在なればいい。世界ではやっているモデルを持ち込むのもいいし、アレンジしてオリジナルをつくるのもいい。フリーランスとして「個人」で戦うのなら、誰にも負けないスキルをつくるべきだ。

フリーランサーは、フリーターになってはいけない。自分のスキルを使って仕事をとっていこう