時代遅れにならないための英語学習。英語スキルを使った未来の発信力

近頃、英語が話せる、英会話ができる人が確実に増えてきた。10年前であれば、英語が話せるだけでも、そこそこな「スキル」になっていた。が、今では違う。「コミュニケーション」がとれるという枠でいけば、より多くの人が「英語」を使いこなせるようになっている。広い意味で、「英語」が話せる人が増えた今、時代遅れにならないためのこれからの英語スキルをまとめる。

 

テキストだけを使う学習の終わり

もはや英語が話せることは、当たり前の世の中になった。僕が、英語上達完全マップをやってみたをやってみた頃、当時は、まだまだ「英語」の勉強方法をまとめたサイトは少なかった。どれもTOEIC対策特化の方法論でしかなかった。

英語の勉強方法を具体的にまとめたサイトが当時は数少なかった。何をどうすれば英語を独学で学ぶことができるのか、詳しくまとめて提供したいという思いから、僕はこのサイト Abroader を立ち上げた。今となっては、当時と比べると数多くのサイトがあり、より具体的で面白いサイトも増えてきている。それほど、英語が浸透して、話せる人も増えてきたということ。

 

会話重視の英語学習へシフト

なかでもここ数年で変わっているのが、より「会話重視」の学習を提供するサービスやノウハウが増えてこと。TOEICや英検に特化したサイトが多かったが、「会話」の勉強の仕方がわかりやすく提供しているサイトやサービスも増えた

オンライン英会話もその一つ。人件費の安い、フィリピン人を使った無料でオンライン英会話ができる取り組みも山のようにある。英語学習者たちが、試験対策の英語学習から、英会話が重要であることにようやくシフトした結果だろう。ニーズが試験から会話に移っている。

 

マンツーマン学習の充実

トライズなどのマンツーマン英会話スクールパーソナルトレーニング英語ジムも充実度を増している。より徹底した学習環境で短期で英語を習得できる学習管理が魅力。値は張るものの、結果が出ることに関しては、多くの人が実績をあげている。マンツーマンでみっちり英語学習ができ、かつ、カウンセラーのモチベーションコントロールがうまいのか、ぐんぐんと上達しているイメージ。すでに実績を出しているメソッドを自分でやりきればいいだけなので、独学よりもハードルはそれほど高くない。

 

フィリピン語学留学

フィリピンに作られた語学学校でしっかりと英語を学ぶことも一般的となってきた。月20万円程度で、英語学習ができ、かつ、衣食住も提供される「留学」スタイルが人気。学生や転職前の社会人がキャリアアップのために訪れている。僕もいくつかの語学学校を訪れたことがあるが、どの学校も個性があって面白い学習システムを導入していた。リーズナブルに英語を学びながら、海外経験ができるのはメリットでしかない。

 

スキマ時間を使った時短勉強

時間がない社会人を中心に、「スキマ」時間を使った英語学習にもニーズがある。スマホアプリが充実したことから、ちょっとしたスキマ時間をフルに使えるアプリや時間の使い方がより注目されるようになった。なかには、スタディサプリ ENGLISHのような有料アプリでより「質」の高い学習が受けられるようになった。ただ、独学で学習するため、学習継続のモチベーションがコントロールしづらいのはある。自分に弱い人が挫折していく。

 

映画を使ったリアル英会話の完コピ

今も昔も変わらないが、映画を使った英語学習がより快適にできるようになった。動画配信サイトが一般的になったことで、映画やドラマを使った英語の勉強が楽にできるようになった。専用のスクリプトをみながら、字幕を見ながら、映画の俳優や女優になりきって、役を「演じる」。発音から、イントネーション、その表現を使う情景を一気に飲み込めるので、より実践的な英会話を身につけることができる

 

英語が使うことが当たり前の世の中

これからより一般的なスキルになるのは誰もがわかっていること。小さい子が、スマホを上手に扱うのと同じように、これからの世代は、英語をうまく使いこなしていく。英語が使えることが必要なスキルになりつつある。そして今、英語を身につけた人が、英語をどう「生かす」かが重要になる。

 

外国人とのビジネスをする

日本が先進国の中で最も貧困率が高い国であることは、一般的になってきた。かつての人口爆発による経済の発展が終わりを迎え、高齢化による社会保障の負担や人口減少によるそもそもの労働人口の減少している。少しイメージすれば、これからの日本がより「貧困」に向かっていくと想像する方が賢明だ。動いている人は動いている。他力本願ではなく、自ら海外へ行って、世界から見た日本の立ち位置を理解し、知見を広げている

海外で仕事をすることもより当たり前になってくる。日系企業や現地法人、海外フリーランスなどなど形はさまざまであれ、海外で働く「キャリア」を描くのは必要な選択になってくる。

 

世界最新の情報を英語で収集する

正解の共通語といってもいい英語を使って情報収集をすることは、英語学習が通る道。海外のニュースが簡単に手に入る今、世界の最新トレンドを翻訳を通さずにダイレクトに取り込めるのは、英語が使える者の特権。単なるニュースを読むのもいいが、企業の決算書を英語で読み解くのも一つの情報収集

 

英語で情報を発信する

ブログやSNSで個人的な見解を発信する人が一段と増えてきた。これからは、1億2,000万人の使う日本語ではなく、50億以上もの共通語である「英語」を使って情報を発信する人も一般的になる。《Fukuoka》Best 20 recommended International parties, bars and events は僕の実験の一つ。時代の流れに遅れないようにするための手段。外注で添削をかけながら投稿するため、時間がかかってしまうのが難点。

 

英語とノンバーバルな動画

文字を書くことよりも、動画を作ることの方が、リーチできるターゲット母数が広がる。文字は読めなければ伝わらないが、動く絵は、言葉がわからなくてもなんとなく雰囲気は伝わる。ノンバーバルな動画、もしくは、英語を使った動画コンテンツは、言わずと知れた重要な広告媒体。英語を学習して、世界の人に向けた映像コンテンツをつくるのも普通になる。《広島》ワンコインで英語が話せる英会話カフェ WiN Hiroshima を訪れてみたで僕もようやくYoutuberとなった。

 

リアルタイム翻訳が先にくるか

リアルタイムに同時翻訳ができるアイテムも登場している。もはや、スマホでリアルタイムに通訳してくれるアプリさえある。制度はまだ高くはないが、ほんの数年経てば、同時に通訳される時が必ずくる。既存の翻訳機の中では、iliが最も精度が高いだろうか。これからもっともっと高機能な翻訳機が出てくるだろう。

 

海外フリーランス

アメリカのフリーランス人口は、労働人口の35%だという。もはやフリーランスが半数になるのは時間の問題。より「個人」の力が強くなり、「発信力」が試される今、もっと力をつけて、海外のフリーランスに台頭しなければならない。海外で活躍するフリーランスは、個人をうまく使いこなしている。自分の強みを知り、特技を最大限に活かしながら、人生を楽しんでいる。僕もこうした生き方を貫きたい。

 

海外移住

海外移住海外多拠点多動力と世界を飛び回りながら働く人も普遍化される。一世紀前までは、世界を旅行するのは、大富豪にしかできないことだった。つい半世紀前までは、旅行は一生に一度できるかできないかの贅沢もの。そして今では、海外を飛び回ることがようにでき、未来では、世界に拠点をもたなければ生活できないといった風潮になるやもしれない。

時代は変わっていく。英語が当たり前のスキルになったように、海外移住、海外多拠点を持つことが一般的になるかもしれない。

 

僕がたった3ヶ月で英会話を上達させた方法

「英会話」に特化した勉強をすれば、独学で英語は、格段に上達する。

▷ 僕がたった3ヶ月の独学で英会話をマスターした3つのテキスト勉強法

 

英語を独学したのなら

スタディサプリ

英語を話すのが苦手な人には、スタディサプリ ENGLISH 。こちらのアプリは、あなたのレベルに合った英会話の学習プログラムが組み込まれている。リクルートが提供する、あの有名なスタディサプリの「英会話」版だ。

「スピーキング」のトレーニングでは、会話に沿って、自分で実際に「発音」しながら進めていく。こちらが、スタディサプリの「スピーキング」のトレーニング映像。実際に発音をして、音声で正誤を判断してくれるシステムとなっている。会話を元に、イントネーションや発音を学ぶことができる。

このスタディサプリのアプリをスキマ時間に使って、「スピーキング」の力をつけるべき。使ってみると、このアプリのすごさを実感できるはずだ。スタディサプリには無料体験ができる

 

スタディサプリのポイント

・スピーキング、発音、リスニング、文法など英語の基礎力を底上げできる

・特に「リスニング」「スピーキング」のカリキュラムに定評がある

・24時間自分のペースで学習できる

・無料体験でしっかり吟味できる

僕は、アプリで勉強することにものすごく抵抗があった。たいていの学習アプリは、大したこのない。しかし、このスタディサプリは別物。英語学習のスペシャリスト達が太鼓判を押すほど人気になっている。質の低い無料アプリを使って、時間を浪費するよりも、質の高いアプリで効率よく英語力を上げる方が断然いい。

スタディサプリは、7日間無料体験できる。完全無料期間を使って、アプリが自分に合っているか確かめるべき。気になったら即ダウンロードしてみて欲しい。より詳しい解説は、スタディサプリを実際にやってみた記事に載せている

▶︎ スタディサプリ ENGLISH

 

スタディーサプリのキャンペーン 8/10まで

スタディーサプリでは、ただいまキャンペーンを開催している。今なら、月額980円が740円で受けられるキャンペーンだ。2018年8月10日(金)正午までの先着5,000名限定となっている。迷っているなら今が絶好のチャンスだ。

スタディサプリ ENGLISH

 

そして、さらに、Amazonギフト券1,000円分の進呈も行なっている。なかなかこうしたキャンペーンの機会はない。入るなら、今がおすすめだ。

 

 

TOEICのパーソナルコーチをつける

もし、あなたがTOEICの対策として、英語を勉強しているのなら、このスタディサプリENGLISH TOEIC®L&Rテスト対策がおすすめ。動画を見ていただくとわかるが、TOEICに特化した対策が「スキマ時間」に学べる。通勤の時間にサクッと、TOEIC対策ができる。テスト演習から、文法解説はもちろん、単語の暗記、リスニング対策まで、全て「スマホ」で学習できる

ここまで「質」の高いアプリは他にない。下手に、無料アプリを使って、時間を無駄にするよりも、スタディサプリのお試しをいますぐ使ってみるべき。お試し期間は、7日間あるので、試して合わなければ即やめればいい。おすすめできるTOEIC対策アプリだ。実際に僕が使用したレビューがこちら。スタディサプリTOEICの1週間無料お試しをもうトライしたか?。実際に使ってみると、このアプリのすごさに驚くはずだ。

▶︎ スタディサプリENGLISH TOEIC®L&Rテスト対策

 

英語は独学で勉強する

英語の学習は、「英会話スクール」に行かなくてもできる。基本的な「単語」の暗記や、文章の並びは、自分で勉強した方がはるかに効率が良い。もし、あなたが勉強の方法や英語に関する悩みを持っているのなら、そう行った相談をする相手を見つけに国際交流の場へ行くのがよい。英語を学んできた人たちや、英語を母国語とする外国人に出会える。英語は独学で勉強できる。英語学習に使えるテキストを記事にした

▷ 英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在

 

東京都内で本格的に英語パーソナルトレーニングを受ける

英語を本格的に学びたい方におすすめなのが、 ENGLISH COMPANY だ。僕も体験レッスンを受けたのだが、絶対におすすめできる。他の英会話スクールとの違いは、「科学的根拠」に基づいた徹底した「学習効率」にある

実験と研究によって証明された「第二言語習得研究」と呼ばれる「学問」データをもとに、英語学習プログラムを作成している。この科学的根拠のある学習プログラムが圧巻。英語を話せるようになった1人の「経験則」ではなく、何万人ものデータを元にした「科学的根拠」のある方法を、一人一人の英語レベルに沿ってパーソナルに提供してくれるのだ。

僕もこの学習トレーニングを受けた経験者だ一度受けたからこそ、絶対におすすめできる。騙されたと思って、足を運んでほしい。それくらい僕が良いと思ったサービスだ。嬉しいことに、ENGLISH COMPANYのトレーニングは、無料体験できる。無料のトレーニングでここまで英語学習を見直してくれるのは、ここしかない。英語の勉強に悩みを抱えているのなら、絶対に受けてみるべきだ。悩んで時間を無駄にするよりも、トレーニングを受けて満足して欲しい。それくらい一押しできるサービスだ

▷ ENGLISH COMPANY

 

旅を楽しむ「情報」

まだまだ訪れたことがない国が多いが、旅の知識は、かなり蓄積された。航空券やホテルの予約、外貨の入手方法や海外保険などなど、「旅のチップス」にまとめている。これから「旅」をするのが楽しみで仕方ない。

▷ Travel tips

 

英語が話せる環境を日本で作る

日本に訪れている外国人は、年々増えている。日本で英語が話せる外国人と友達になろう。僕は、全国を旅しながら、「国際交流」の場を探し回ってきた。日本全国国際交流マップを作った。

《日本全国》国際交流マップ

 

 

よりターゲットを絞ったアプリで国際交流をする

自分の好みの外国人と友達になろう。共通点の少ない友人を作っても疎遠になるだけだ。ラポールを意識した協調性のある友人関係が望ましい。面白い外国人の友達の輪を広げよう。全世界に自分の友達をつくるのは面白い。結局のところ、マッチングアプリを使った国際交流は、かなり人気だ。アプリをつかって簡単に友人をつくるべき。より面白いアプリをこちらにまとめた。

外国人と友達になれるアプリを一挙に紹介した記事がこちら。アプリを使えば、簡単に外国人の友達が増えていく。アプリを使うこなすことは、これからの人脈形成に必須の力だ。おすすめのアプリまとめ

日本と海外で国際交流。外国人と友達になれるおすすめアプリ33選まとめ

 

旅の思い出はいつも人との出会い

旅を振り返ると「観光地」へ行くよりも、「人」との出会いが一番思い出に残っている。僕は、観光地はあまりいかない。秘境や神秘的な場所に興味はあるが、そこまで好んで観光したりしない。ただ、旅先で面白かったと思う理由は、気の合う人と出会うこと。友達を作ることが一番楽しい。

だから僕は、旅をしながら世界中に友達をつくる。行く先々で自分を知っている人に会えるのは楽しい。僕が実際に、国人の知り合いや友達を作った方法を、超具体的にまとめたのがこちら。日本で外国人と知り合う本質は、外国人の母数が多いところへ行くこと。

例えば、国際交流イベントであったり、英会話スクール。外国人向けのミートアップや外国人がよく使うマッチングアプリなどだ。これらのどのイベントやどのアプリを、具体的にどういう風に使うべきか、その方法までしっかりとまとめた。その記事がこちら。

これで出会う実践編!日本で外国人と知り合うための超具体的な6つの方法

 

日本人の友達が欲しい外国人が使うアプリを狙う

マッチングアプリを使えば、自分の好みに合った相手を簡単にみつけることができる。Facebookやinstagramが爆発的に流行ったいま、アプリを使って、新しい出会いを求めている人も多い。

僕自身、アプリを使うことに賛成派。下手に友人に紹介してもらったり、パーティーにいく手間を考えれば、マッチングアプリで好みの人を探した方が断然早い。外国人に人気のアプリをまとめた。特に、日本人の友達が欲しい「親日な」外国人が使うアプリを厳選して紹介する。

▷ 《厳選7アプリ》日本人の友達が欲しい外国人を簡単にみつけるアプリまとめ

 

ゲストハウスで外国人の友達を作る

ドミトリーやゲストハウスに泊まろう。世界中を旅するのなら、ドミトリーに泊まるのがおすすめ。世界を旅している外国人や現地人スタッフと仲良くなれる。どうやって友人をつくるのか、友達を作るための方法はこちらにまとめている。

▷ 実体験!出会いのある海外のゲストハウスで外国人の友達を作った方法

 

 

旅をしながら外国人と友達になる

ゲストハウスに泊まることで、現地の人のみならず、旅行で訪れている外国人とも友達になれる。外国人の集まるドミトリーには、その地域に住んでいる外国人の「溜まり場」として、バーや居酒屋としての交流スペースが隣接されていたりする。「国際交流」のできるゲストハウスに泊まろう。

ホテルの予約サイトは山ほどある。僕が実際に使っているおすすめの予約サイトの詳細とクーポンの使い方はこちらにもまとめた。

Travel tips

 

海外旅行に行く前から友達を作る方法

旅をする前に、どんどん友達を作ろう。海外旅行へ行く友達や、趣味の合う人と仲良くなる方法がある。アプリやサービスを使うことで、旅をする前に友達を楽しむことができる。日本にいながら旅友達を作る方法をまとめた。

▷ 日本にいながら出発前に旅仲間が作れるアプリと方法まとめ

 

海外旅行先で友達を作る具体的な方法

旅をする前に、旅の中で、旅先で、「友達」を全世界に作ろう。旅行先で外国人の友達を作る方法を具体的にまとめた。この方法で、全世界に友達を作ることができる。ゲストハウスやミートアップなどなど外国人の集まるポイントへ行こう。具体的な方法はこちらにまとめている。

▷ 海外旅行先で現地人と友達になる13のおすすめサービス

 

英語の勉強をしてから国際交流

世界共通語は、今のところ「英語」。英語を使いこなすことができれば、あなたの交流の幅は広がる。英会話は「独学」で勉強できる。自分でどんどん学習して、「国際交流」の場で実践すべき

▷ 英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在