【レビュー】話題のRCコンパクトドローンを使ってみた。カメラで撮った写真と飛ばした結果

手のひらサイズの200gドローン。かねてドローンを飛ばしたかった僕は、ついにドローンを購入した。ドローンを飛ばして、世界中で空撮しよう。最高のドローンを求めて、あらゆるドローンを試してきた。200g以下カメラ付き空撮おすすめドローン比較がこちら。

 

▶︎ RCコンパクトドローンwithカメラ

ドローンデビュー

ドローンで、綺麗な情景を撮影したい。国内旅行でも、海外移住でも、あらゆる場所で、美しい景色を写真に収めたい。そんな願望から、ドローンを買うことを決意した。

 

ドローンでやりたかったこと

ようやく僕もドローンデビューをした。ドローンを使ってやりたいことは主に以下。

 

・空撮をする

・ドローン操作に慣れる練習

 

最終目的は、空撮をすること。最近、いろいろと規制が厳しいが、空撮する方法はいくつかあるようだ。撮影をすることを目標にドローン操作を上達させることにした。

まずは、慣れること。小さい頃からあまりラジコンに触れていなかったため、操作ができるよう練習が必要だ。

 

ドローンに関する規制

ドローンに関する規制が日本でも厳しくなってきた。気軽に楽しむためにはいくつかの規制を理解しなければならない。

ただ、200g未満のドローンは規制がない。200g未満の場合、ドローンはおもちゃとみなされ、特に問題はないとのこと。

 

買うべきドローン

ドローンを飛ばす目的は、綺麗な空撮をすること。初めから高価なドローンを買うことも良いが、まずは慣れてみたい思いがあったため、1台目は安くて空撮のできる超コンパクトなドローンを手に取ることにした。

 

・200g未満のドローン

・空撮機能付き

・安いドローン

 

そこで見つけたのが、RCコンパクトドローンwithカメラ。手のひらサイズの軽量型で、安いドローンだ。カメラの機能もあり、また動画も撮影できる。

実際に飛ばしてみた

 

使ってみた

Amazonで購入し、お急ぎ便で翌日に手にしたドローン。早く空撮指定願望が強すぎた僕は、朝からドローンを飛ばした。この写真は、出社前に、朝、急いで撮った写真だ。

手のひらサイズの小さく軽いドローンには、きちんとカメラが搭載していた。どうやら、付属のメモリカードを差し込んで撮影したデータを保存するようだった。保存したデータは、USB経由でパソコンにロードする。

 

コントローラは、ドローンを格納するシェルターになっている。持ち運びを想定してるのだろうか、収納できるようにきちんと枠が組まれている。コントローラの中央に小さなドローンが入る。

コントローラ自体は電池で動く。単3電池4本を使う。また、電池を入れる部分には、プラスドライバーが必要だった。電池を入れたコントローラから伸びている充電コードをドローン用のリチウム電池に挿して充電する仕組み。

 

飛ばしてみた

ドローンのリチウム電池を充電し、実際に飛ばしてみた。操作は、コントローラを上下に倒すことで調節できる。操作方法はシンプル。ただ、非常に難しかった。

安定させることが難しく、何度もぶつけてしまった結果、プロペラをなくしてしまった。予備のプロペラは、4個程度付属されていたが、簡単になくなってしまうため注意が必要だ。

実際に飛ばしている写真を収めたかったが、写真を撮る余裕すらなく、壊れたプロペラ部分しか残っていない。ドローンの操作には時間がかかりそうだった。

 

撮ってみた写真

実際に撮った写真が以下。何度か撮影ボタンを押したものの、うまく作動しなかったり、保存が正常通りできないファイルが何個かあった。昔のケータイの写メールの画質だろうか。

綺麗な画像とはいかないが、それなりに写真に収めることができた。本当は、遥か上空から写真を撮りたかったが、操作が安定せず、撮影はうまくいかなかった。

空の写真がとれたのはこの一枚のみ。カメラは横についており、斜め下を撮影することはできない。

この画像は、手でドローンを持って、無理やり撮影したもの。

 

ドローンデビューした結果

ドローンは簡単ではない

僕にとって、ドローンの操作は難しいものだった。まして、撮影機材のような高価なカメラを搭載したままドローンを飛ばすことは危ない。

 

自動操縦があるらしい

ドローンを飛ばして綺麗な画像をとっている裏には、自動操縦、安定機能がついているドローンを使っているらしい。

 

安いドローンで練習を積む

これから、空撮ができるようになるために、どんどん練習を積むことにした。まずは、空を安定して飛べるようになること。そして、近いうちに、綺麗な画像をドローンで撮る。

 

今回使ったドローン

▶︎ RCコンパクトドローンwithカメラ

・価格 7,000円前後 (相場変動あり)

・カメラ画素数 30万画素(640×480px)

・動画撮影 30分

・メモリカード4GB (写真4万枚)

・コントローラー 単3アルカリ乾電池4本使用

・本体充電 コントローラよりリチウム電池へ

 

よく調べた結果

1万円以下のドローンでカメラ付きのものはいくつかあった。もっと精度が良く、安定して飛ばせるドローンがあったのでまとめる。

 

▶︎ Hubsan X4 HD[日本正規品]

・価格 8,000円前後

・一番人気のシリーズ 初心者に最も売れているドローン

・カメラ 200万画素

 

▶︎ SYMA X5C

・価格 4,000円前後

・大きさもあり安定感に定評がある

・カメラ 200万画素

 

より画質のいい写真を撮るには

結局、練習用で買ったドローンは、1日で壊してしまった。プロペラの一部が回らなくなってしまった。7,500円もかけたのに、悔しい。絶対に綺麗な空撮をしてみせる。そう意気込んだ僕は、2台目のドローンを買った。

【2017年】200g以下カメラ付き空撮ドローン比較。3万円前後で綺麗な画像が撮れる機体まとめ。

 

本格4kホビードローン購入

ドローンを1日で壊したにもかかわらず、新しい本格ドローンを購入。やはり、値段の高い高性能ドローンは、安定感が抜群だ。

日本のみならず、世界各地で飛ばしている。

▷ Dobbyドローン空撮カメラ写真#2 イタリアミラノ

 

ドローン写真集

▷ 200g以下カメラ付き空撮ドローン比較

▷ Dobbyドローンを10日で壊したので、自分で修理した

▷ Dobbyドローン空撮カメラ写真#1 福岡志賀島

▷ Dobbyドローン空撮カメラ写真#2 イタリアミラノ

▷ Dobbyドローン空撮カメラ写真#3 広島平和公園

▷ Dobbyドローン空撮カメラ写真#4 福岡大濠公園

▷ Dobbyドローン空撮カメラ写真#5 長崎ハウステンボス