海外で移動生活をするデジタルノマドワーカーになるためのガイド。僕が実際にやってきたこと。

デジタルノマドになって、フリーな人生を歩もう。全ての仕事を「ネット完結」できるようにすれば、世界を「旅」しながら、「仕事」ができる。ノマドワーカーになるためのガイドをまとめる。

 

デジタルノマドとは?

「ノマド」とは、いわずとしれた遊牧民のこと。簡単に言えば、定住地を持たず、そのときそのときで住む場所を変えながら生きて行くこと。そこに、「デジタル」の文字がつくことで、パソコンやスマホのネット環境でテクノロジーを駆使しながら仕事をすることも加わる。

僕は、フリーランスとして、自営業をしながら、世界各国で、ウェブのデザインであったり、ウェブサイトの運営コンサル、また、この情報サイトをつくったり、物販の仕事をしている。旅をしながら、自分の好きな地で、ストレスフリーに生きている「デジタルノマドワーカー」となった。

 メリット

・ネット環境で仕事が完結できるため、世界中を「旅」しながら仕事ができる

・時間が自由に取れるため、自分の時間を楽しめる

・自分の好きな「国」で、ストレスフリーな生活ができる

 デメリット

・ネット環境がない、弱い環境では、仕事が捗らない

・ガジェットが壊れたときに、仕事が進まない

・全てが自由なため、仕事も自分次第になる

どうすればデジタルノマドワーカーになれるのか?どうすれば、デジタルノマドフリーランスになれるのか。僕が実際にやってきたことをまとめる。

 

1.  自分のスキルを洗い出し、どんなことをしたいのか決める

自分には何ができるのか、どんなスキルがあるのか、気づいていない人が多い。自分にとって普通なことでも、他人にとっては、ものすごく貴重なスキルであることがある。

僕で言えば、昔からファションブランド品に興味があった。旅行をしながら、各国のローカルブランド服を見つけては試すことを繰り返していた。自分では、ただの趣味だったことが、気がつけばそれを使って日本に入ってきていない掘り出しブランドを扱う「物販」につながっていった。

自分にどんなスキルがあって、それをどう生かすかは、自分で決めるべきこと。もし、自分がどんな特徴があって何が得意なのか分からなければ、以下を参考にしてほしい。自分の強みを見つけるきっかけになるはず。

▷ 副業100のアイディアまとめ。好きなことで収益をあげる方法。

おすすめの本

BIGtomorrow

稼げる副業 THE BEST 

 

2. スキルを磨いて「肩書き」をつくる

どんなことをしたいのか決めたら、その「スキル」を磨くべき。日本であなたしかできないことをつくれば、それは、あなたの最大の武器になる。それくらい極めたスキルは、やがて「肩書き」となる。自分のスキルを肩書きすることで、ビジネスとして運用できるようになる。それに気づか気づけないか。生かすか、生かさないかの違い。自分だけの「スキル」を磨こう。

・ワークショップやセミナーに通う

学校に通って教わることで、わからないことや、やりたいと思っている気持ちを盛り上げよう。同じように、一から勉強したい友達もできるだろう。

・オンライン講座を受ける

その道の先駆者が開いているオンラインサロンも効果的。自分のレベルにあいそうな教室やレビューをパソコンを使って知ることができる。

・独学する

僕の場合、全て独学でやってきた。個人的に、ワークショップが好きではない。かなりの費用や拘束時間が長い割に、全然身にならないことばかり教わるのが嫌だからだ。本を読んだり、ネット検索をすれば大概のことはヒットする。相当便利な世の中になった。

独学でどうしてもわからないレベルの話は、その道の専門家を頼るか、英語で検索すれば出てくる。世界の共通言語である英語を扱えば、ほぼほぼ調べられる。少なくともやる気次第で何とかなるものだ。旅ブログの話で言えば、無料でたくさんの人が、そのノウハウを提供してくれている。

おすすめの本

仕事ができる人は、仕事が早い。できる人に共通する「スピード力」を鍛えるおすすめの4冊

 

3. 自分独自の肩書きをウェブサイトで発信する

磨いたスキルを、全世界の人に発信しよう。「情報発信」のメリットは、2つある。一つは、「宣伝」。そのスキルを欲している人に辿り着かなければ、せっかくのスキルも利益を生まない。自分の持っている知識を、ウェブで配信することで、顧客獲得につなげる。もう一つは、「収入」。必要とする情報に、広告をつなげることで、広告収入の役割を持たせる。

スキルはあっても、肩書きがあっても、その「術」を必要とする人に届けなければ使い物にならない。自分のスキルをウェブで宣伝しつつ、必要な情報に、広告を載せることで、インカムを生ませよう。

 

ウェブサイト運営を学ぶおすすめのサイト

ウェブサイトの運営方法は、多くの人がそのノウハウを無料で公開してくれている。おすすめのウェブサイトを添付したので参考になれば。

ライティング

沈黙のwebマーケティング

SEO対策|検索上位を独占するために弊社が行っている36の手順

アフィリエイトにおけるビッグワードで1位を取るために行った5つのSEO対策

アフィリエイト

A8サイトコンテスト

アフィリエイト1ヶ月目:知識ゼロから半月で何をやってきたか

月200万達成したバナオレさんのアフィリエイト体験談

サイト運営

僕が月5万円の収益を上げたブログアフィリエイトのビジネスモデル

1年間、ブログで生計を立ててきた僕が「稼ぐためには購買行動プロセスからキーワードを考え記事を書くこと」を説明する

300万PV超えの人気WEBメディアはどうやって作られているのか

デザイン・カメラワーク

【保存版】全部読んだら完全未経験者でも絶対Webクリエイターになれる本29冊

【ストリートフォトグラフィー】9つのヒント

shawacademy

おすすめ本

これからの個人ブログメディア論を知るためのおすすめ良書7冊

 

4. 成功している人を調査する

つくった肩書きを元に、先駆者たちは、どんな形で肩書きを使って仕事をしているのか、ライバルを調査する必要がある。いくらあなたのスキルが秀でていたとしても、プレゼン力が乏しければ、あまり役にたたない。

そのスキルが欲しい人に、どうやってアプローチすべきか。ライバルを分析するとイメージがつかめる。海外で活躍している「ノマドワーカー」の働き方をまとめたビジネスモデル集がこれ。競合を知り、見習うべきところは即見習うことをおすすめする。

▷ #海外移住計画00 パソコン1つリモートで稼ぐ7つの方法。先駆者たちのビジネスモデル

 

競合を見つけるおすすめサイト

スキルを販売する方法は、成功している先駆者を見習うのが一番早い。クラウドワークで人気になっている人たちは、自分と何が違うのか、研究しよう。クラウドワークで仕事を完結している人たちも、ほぼ全ての仕事をネット完結できる。

同じように、自分の持っているスキルをどう生かせるのか考えてみる。イラストが得意なら、クラウドワークスで販売されている単価を確認したり、ポートフォリオをのぞいて見たり。似たタッチの絵と比べて、売れている人がどう販売しているのかを研究しよう。少なくとも、売れている人たちは、何かしら「戦略」と「スキル」を持っている。分析して、自分のスキルなら、どう提供できるのかをイメージさせよう。

クラウドで仕事ができるサイト

レバテックフリーランス

クライドワークス

ココナラ

Bizseek

シェフティ

TimeTicket

おすすめの本

いきたい場所で生きる 僕らの時代の移住地図

うつ病で半年間寝たきりだった僕が、PC一台で世界を自由に飛び回るようになった話

東京以外で、1人で年商1億円のネットビジネスをつくる方法

 

5. やってみる、修正するを繰り返すPDCAサイクル

競合調査の結果、あなたのスキルを使ってどう利益を生ませるのかイメージできたばす。このイメージを具体化させるために、トライアンドエラーを繰り返す。

先駆者が成功したからといって、全く同じ方法で似た成果があげられるはずがない。日々変化する市場のニーズをとらえなければならない。かといって、100パーセントの精度で、「ヒット」を生み出せる人はいない。イメージを具体化させては、やり直す、といったプロセスをトライしていくことで、徐々に自分が目指す値に近づいていく。

最初から大成功を収められるのは一握り。トライして、エラーを発見して、またトライしよう。先駆者たちがどのようにして利益を上げていったのか、無料でその過程をまとめてくれている。こうしたレビューを見るのもモチベーション維持につながる。

PDCA効率アップアプリ

Trello

 

6. どんな海外ノマドワーカーになりたいか

マネタイズのトライとエラーを繰り返した結果、少しずつその成果が出てくる。どうすれば思い描く先へたどり着けるのか、何となく要領がわかってくる。要領がわかったら、次は、本格的にノマディックフリーランスでやりたいことをピックアップしていこう。

フリーランスとなってどんな旅がしたいのか。どうやって仕事をしていくのか、夢を膨らませる。計画立てておくことで、その気持ちが強くなる。あれをして、これをするために、今を頑張る。モチベーションを維持して、効率の良い方法を続けられれば、結果が出てくる。

▷ 世界旅行の始め方。最高の旅を楽しむノマドフリーランス10つの準備。