英語学習を映画や海外ドラマDVDの動画配信サービスでするおすすめの勉強方法

英語学習を映画でしよう。映画や海外ドラマで、英語を学習すると言う話をよく耳にする。しかし実際にこの英語勉強方法で、どれくらいの人が英語レベルが上がったのだろう。どのようにして、学習していくのが良いかその方法をまとめてみる。

 

映画では英語を学べない?

「映画で英語を学びました。」という人の英語は大抵、気合と根性の「英会話」だった。僕がこれまで出会ってきた人で、「映画から英語を学んだ」という人の英語は、さほどレベルが高いものではなかった。そのためか、「映画」で「英語」を学んだ「気」になっているのではないかと疑っていた。

 

映画は最高の英語学習教材

最近ようやく気付いたのだが、「映画」は、実は、最高の英語教材だ。TOEICの点数をあげたかったら、TOEICの公式過去問をひたすら解くのと同じように、ネイティブの英語を理解したかったら、ネイティブの英会話をひたすらリスニング英文解釈をすべき

 

映画で英語を学習する5つのメリット

映画や海外ドラマで英語を学習するメリットをまとめる。

 

1. 映画やドラマはネイティブが本物のスピードで英会話をしている

最終目標がネイティヴスピーカーの英語を理解することであれば、早いスピードに慣れておくことは必要。学習の初心者のうちから本物のスピードで英語に触れることで、「英語耳」をつくることができる。

 

2. 英語の全文スクリプトを購入できる

有名な人気の映画やドラマの場合、キャストが話す英語文を本で買うことができる。もちろん、日本語訳もついているため、理解しやすい。英字幕で見るのも良いが、わからない単語をいちいち調べる時間がもったいない。
スクリプトを使って英文読解、英文解釈をして、100%内容を理解した上で、再度、英語を見るとリスニングの聞き取りやすさが全く違う。

 

3. 映画を楽しみながら英語を学習できる

初心者でも楽しみながら学習することができる。もし、自分の好きな映画であれば、英語で理解できるようになることが楽しくなるはず。主人公が言っていたセリフを字幕なしで理解できるようになれれば、「ネイティブスピーカー」の英語速度に慣れたのと同じ。

 

4. 何度も見て反復させる

自分のモチベーションが上がる映画であれば、映画を見ながら気持ちを高めることもできる。同時に、何度も見て英文を「復習」できる。やる気もあげながら、英語力も上がる。

 

5. 好きなセリフを暗記できる

好きなキャストのセリフを丸暗記する。英文暗唱は、「スピーキング」のタネになる。キャストの話すセリフを日常生活でそのまま使うことで、自分の英会話力の向上につなげられる。

 

おすすめの海外ドラマ・映画のスクリプト

 

▶︎ プラダを着た悪魔

2000年代の名作。現代社会のやるせない上下関係を、有名なファッション雑誌の編集の世界から描かれた映画。ファッション好きにはもちろん、ビジネスマンにもおすすめな一作。特に、冒頭のリズム感が絶妙な映像と音楽は、名作と言われ、ファンが多い。会話スピードもさほど早くなく、標準レベル。

 

▶︎ 英国王のスピーチ

英国王ジョージ6世の実話。過去のトラウマによって人前でスピーチができない病気になった彼が、いかにして表舞台にたつか、その試練が描かれている。実話を基に作られた感動ストーリー。「イギリス英語」で学習できるのがポイント。

 

▶︎ スタンドバイミー

名作、スタンドバイミー。観ているだけで、幼少期の「好奇心」「冒険心」が蘇ってくる臨場感。あの音楽を聴きながら映画で学習すると、モチベーションがどんどん上がってくる。クリストファー・チェンバーズを演じた “River Jude Phoenix ” は、この作品で一躍スターダムにのし上がった。その後彼は、93年になくなっている伝説の作品。

 

名作完全音声セリフ集から映画を選ぼう

好きな映画を見つけて、映画のスクリプトを探そう。好きな映画を完全暗記してしまうほど学習することで英語力は格段に向上する。名作映画完全音声セリフ集に人気の映画のスクリプトが販売している。

▶︎ 名作映画完全音声セリフ集

 

動画配信サービス

映画やドラマをビデオやDVDで買う、借りる時代は終わった。今は、ネット配信のサービスを使って、「見放題」にする時代。HuluU-NEXTTSUTAYAディスカスAmazonプライム会員、などで映画やドラマを見ることができる。

どのサービスも、「30日間無料視聴」ができるのがポイント。

U-NEXTは、映画やドラマが見れるのに加えて、「雑誌」や「マンガ」も読み放題となっている。ここまで充実したサービスは他にない。ちなみに、僕がおすすめする名作映画、「プラダを着た悪魔」、「英国王のスピーチ」、「スタンドバイミー」の3作品全て網羅している。

▶︎ U-NEXT

 

Amazonプライムに関しては、Amazonで買い物した際の「送料」が安くなったりと「特典」がたくさんついている。ただ、映画やドラマの本数が、他のサービスよりも少ないの。

U-NEXTHuluが業界でもシェア率が高く、TSUTAYAディスカスは最近始まったサービス。どれも無料期間があるので、自分の好きな作品が多いサイトを使って見るのがおすすめ

 

iPadを使って快適に本を開く

「本」を電子化することで、PDFの電子ファイルをiPadで使うことができる。こうすることで、本にはできないあらゆる機能を搭載できる。書き込み、しおりを挟むことはもちろん、スマホとクラウドやAirdropなどで共有できる。必要なページのみを Evernote や Todolist にクリップしたり、文字認証させてスキャンして文字を検索翻訳することもできる。

持ち運びできるiPadで英語学習することで、「書き込み編集」「クラウド共有」「クリッピング」「検索」など、使い方が大きく広がる。スキマ時間に英語ができるガジェットで生産性をあげたい人には、おすすめのiPad勉強法は、こちらの記事にまとめている。

▷ iPadノマド勉強法!自炊で本をスキャンして、かっこよくおしゃれで効率のいい勉強をする

映画学習のおすすめの進め方

実際、どのようにして映画で学習をすすめるべきか、経験をもとにまとめてみる。

1. 1ページ分の映像を見る

2. 1,2回映像を見ながらシャドーイングをしてみる

3. わからない単語を次ページで確認

4. 英文解釈をして精読

5. 映像を見ながらシャドーイング

6. 自分で音読

7. キャストと同じスピードで話せるまでシャドーイング

8. 次のページで繰り返す

 

1. 1ページ分の映像を見る

まずは、全文スクリプトを見ながら、映画を見る。おすすめは、1~2ページ分は話を進めること。キリの良いところで止める。何度か同じシーンを見ることによって、映画のどのシーンで、どの英文が話されているのかをしっかり把握する。

 

2. 1,2回映像を見ながらシャドーイングをしてみる

スクリプトを見ながら、映画のシーンに合わせてシャードーイングをする。この時、映画のキャストになりきりながらシャドーイングをする。もちろん、100%シャドーイングできるレベルが望ましいが、60%近く口真似できればいい。大まかなイントネーションを捉えればよし。

 

3. わからない単語を次ページで確認

わからない単語を確認する。次のページに「英文訳」と「注釈」があるので調べやすい。僕の場合、ラインを引いておく。次回、復習した時にどこが「わからなかったのか」「聞き取れなかったのか」瞬時に知ることができるためだ。このラインのみを復習して単語の学習に時間を割くのもおすすめ。

 

4. 英文解釈をして精読

英文を読みながら、文法要素、英文解釈をしっかりと理解する。なぜ、この表現になるのか、これがネイティブスピーカーの言い回しなのかと理解しながら進めると面白い。キャスト独特な「アメリカ表現」や「イギリス英語」の高貴な言い回しなど注釈に解説があるのでありがたい。

ちなみに、「プラダを着た悪魔」に出てくるエミリー役の “Emily Olivia Leah Blunt ” は、イングランド出身。彼女の英語は「イギリス英語」。プラダを着た悪魔では、「アメリカ英語」と「イギリス英語」の両方の発音を学ぶことができる。

 

5. 映像を見ながらシャドーイング

英文をきちんと理解した上で、もう一度、映画のシーンを見る。このとき、3回程度、シャドーイングでイントネーションをつかむ。演者がどのような「間」で、どこを「強調」して発音しているのかをマネする。こうすることで、よりネイティブに近い「生」のイントネーションが身につく。

 

6. 自分で音読

シャドーングしたあとは、自分でスクリプトを読む。読むときは、各出演者になりきって声に出す。ここで、キャストと同じような早さで音読できるようにする。自分が納得するレベルまで音読を繰り返そう。シャドーイングをやって、イントネーションをつかんでいれば、3回程度でそこそこ納得いくレベルまでになるはず。難しければ、シャドーイングに戻るのもよい。

このときおすすめなのが、自分が英語を話す時に使ったみたい「表現」をピックアップすること。

例えば、” All right, everyone. Gird your loins! “ 「気を引き締めて」という表現。これを日常会話でネタっぽく使いたいと思ったら、ここにラインを引いておく。iPadの場合そのまま、スクリーンショットを撮って、Evernote などのメモアプリに保存してもいいし、文字だけをコピーして貼り付けるのもいい。自分が「復習」しやすいように「ストック」しておくことをおすすめする。

 

8. 次のページで繰り返す

100%キャストになりきれなくても次に進む。1時間かけて1ページも進まないよりは、30分で2ページ程度進めたほうが面白い。楽しみながら、いかに継続して学習できるかが大切。次ページも同じように進める。

次の日、学習を始める際は、昨日学習したシーンをもう一度みながらシャドーイングすると、よい復習になる。

 

映画を使って英語を楽しく勉強しよう

映画を英語の学習に使いだしてから、嫌々やっていた英語の勉強が、少し楽になった。あの俳優が使っていたかっこいいセリフを使えるようになったり、完璧に理解できるようになることは面白い。おすすめ。

 

合わせてやるべき学習

映画や海外ドラマで学習する前に、基礎の英文法や英単語を復習したい方は、以下を参考にしてみてほしい。僕が、英語を学習したプロセスを事細かく紹介している。どの英語レベルの時に、どんな「テキスト」を使って、「どれくらいの時間」をかけて学習したのか、その詳細を載せている。最新の英語学習テキストのおすすめはこれ

▷ 【2017年】英語上達完全マップを最新テキストとサービスで、もう一度

 

英語を学びたいけれども、全く時間がない人におすすめの、これだけをやっておくべき一押しのアプリ。これ一つで、「リスニング」も「スピーキング」も質の高い学習ができる。

▷ 初心者がネイティブの英語を聞き取れるようになる、おすすめのスタディサプリアプリ