初心者のマインドフルネス。おすすめのアプリとヨガを取り入れた呼吸。

瞑想。” meditation ” 「マインドフルネス」といった言葉が流行っている昨今。日本で「瞑想」は、どことなくスピリチュアルな印象を持つが、海外では立派な「精神統一」方法として広く浸透しつつある。忙しい時こそ、落ち着いて、頭をフル回転させる。マインドフルネスおすすめの方法をまとめていく。

 

呼吸を整えるための瞑想

 

マインドフルネスで「精神」を落ち着かせる

どんな状況下でも「毅然」とした態度で、何事にも動じない「精神」を手に入れることができれば、世の中は生きやすくなる。

・もし、会社が潰れて一文無しになったとしても

・たとえ、脱サラし他にもかかわらず仕事がとれなかったとしても

「精神」さえ強ければ、何事もなかったかのように、その状況を楽しむことができるだろう。マインドフルネスは、どんな状況下でも毅然とし、心を落ち着かせて、冷静な決定をくだせるようになるための訓練だととらえる。

 

マインドフルネスとヨガ

深い呼吸をして、頭を空っぽにさせるイメージは、マインドフルネスもヨガも似ている。僕が初めてマインドフルネスに取り組んだ時、全くその効果が実感できなかった。そもそもどこからどこまでがマインドフルネスで、何をすれば成功なのか疑問に思った

ただ、ヨガを初めてやったときは、より深い呼吸ができた。大量の汗もかいたので、すっきり感も感じられる。ヨガは、マインドフルネスの入りとして効果的だと思う。

 

忙しい時こそマインドフルネス

アメリカの有名企業では、数年前から導入されている。かのスティーブ・ジョブスも、彼の著書の中で、マインドフルネスについて書いている。GoogleやFacebookなどなどあらゆる企業が取り入れるほど、「瞑想」は、思考を研ぎ澄ます手段として浸透している。

忙しい時こそマインドフルネス。何から手をつけていいかわからない時、人は焦ってミスをする。

 

マインドフルネスおすすめアプリ

 

マインドフルネスおすすめアプリ

▶︎ Headspace

マインドフルネスを始めるなら、ぜひ使って欲しいのがこのアプリ。マインドフルネスを身につけるまで、10のステップがある。毎日、マインドフルネスをする時間を設けて、マインドフルネスを会得していく。

ただ、説明は英語。イギリスよりの発音の男性が、マインドフルネスの呼吸法を教えてくれる。英語学習のリスニングと思って取り組めばなおいいはず。

 

瞑想がどういうものかわからなければ

そもそもマインドフルネスをするとどうなるのか、疑問に思う人も多いはず。アプリをダウンロードして以降、全く開いていないという状態になるものもったいない。

マインドフルネスの入りとして、「ヨガ」をやってみるのはどうだろうか。

 

ヨガをマインドフルネスの練習でやってみる

呼吸を整える意味では、ヨガが最もおすすめできる。鼻から深く息を吸って、お腹と、胸で、自分の粋を感じながら、ゆっくり息を吐く。この深い呼吸を身につけることは、マインドフルネスの始まり。

ヨガの深い呼吸を身に付けた後に、マインドフルネスのアプリをやると、より自然に自分の思考に集中できるようになる

 

ヨガでマインドフルネス

 

ヨガのメリット

・身体を伸ばしながら呼吸を深くすることができる

・汗をかくことによる基礎代謝の改善

・体内の老廃物を出す

マインドフルネスのためにヨガを利用しているビジネスマンも多い。

出典:LAVA

 

ヨガは格安で体験できる

マインドフルネスの入りとして、ヨガをするなら「体験コース」がおすすめ。ヨガの教室に入会するには、結構高めの入会料と月謝を払わなければならない。自分にフィットしているヨガ教室を探そう。体験コースを回るのも一つの手。価格は1,000円。

僕がいったのは、LAVA。ヨガ業界では有名なLAVAの施設は、とても綺麗だった。ヨガスタジオは、湿度、温度、明るさがきちんと管理されている。いわゆる「ホット」ヨガに最も最適な状態が保たれている。薄暗く、集中しやすい環境で、しっかり呼吸をして汗をかくことができるのは快感だ

LAVAは全国各地にある。体験コースもあるのでネット予約をして、教室へ参加するのが良い。ちなみに余談だが、インストラクターさんは、みんな美人で綺麗だった。

▶︎ LAVA

 

 

ヨガをしてマインドフルネスを始めよう

初心者におすすめのマインドフルネス。ヨガをマインドフルネスの入りに使おう。ヨガを体験して、呼吸を身に付け、マインドフルネスを楽しもう。集中して瞑想できるようになれば、あなたの精神は安定する。忙しい時こそマインドフルネス。