オールドレンズ遊びをするためのおすすめレンズとソニーSony α7ⅱ本体

オールドレンズをAF(オートフォーカス)で写真を撮ろう。LIFEPACKING2.1で高城剛さんがオールドレンズ遊びを紹介してから、巷でオールドレンズが品切れになりつつある。今回は、ソニーα7シリーズで使えるおすすめのオールドレンズをまとめてい

 

SONYα7ⅱ

最新フルサイズミラーレス × オールドレンズ で写真を撮りたくなった僕は、どうすればリーズナブルな値段で、数多くのオールドレンズを手に入れることができるか考えた。ミラーレス一眼を使うなら、オートフォーカスでオールドレンズを楽しみたい。手ぶれ補正のある機材で、ロシアンレンズで遊びたい。最新の機材で、「オールドレンズ」の「味」を発揮できるのは、この機種だけだ。そう思った。

・安いオールドレンズで遊ぶ

・「フルサイズ」でオールドレンズが使える

・本体の「手ぶれ補正機能」をオールドレンズで発揮できる

・「AFオートフォーカス」でオールドレンズを使いこなせる

 

ミラーレス一眼のフルサイズ

以前、SONY α5000を使っていた僕は、「フルサイズ」の写真が撮りたくなり、SONY α7ⅱに買い換えた。今後のことを考えると、SONY α5000の一回り小さい規格用のレンズを買い集めるより、フルサイズで撮れるレンズを集めたいと考えたためだ。

 

SONY α7シリーズの違い

SONY α7 軽量フルサイズ 中古10万円

SONY α7ⅱ 5軸手ぶれ補正 15万円

SONY α7Sⅱ 夜景撮影に強い 30万円

SONY α7Rⅱ 高画質・動画撮影に強い 35万円

 

SONY α7シリーズのなかでも、どの機種にするのかは迷った。軽量ボディとして未だに人気のSONY α7でもよいし、高ISO値が魅力なSONY α7Sⅱも欲しかった。SONY α7Rⅱの画質は捨てきれないが値段が高い。どれも最高によいアイテムなため迷った。結局、「オールドレンズ」を試したかった僕は、機体内にある「手ぶれ補正」に惹かれ、SONY α7ⅱを選んだ。

 

SONY α7ⅱ でやりたかったこと

SONY α7ⅱでやりたかったのは、「オールドレンズ」遊び。古いレンズを今の時代の最高機種で使えるこの奥ゆかしさを試したかった。中古のレンズを買うことで、値段をおさえ、新品に出せない「味」を楽しむ。

・オールドレンズ遊び

・多様なレンズ集め

・動画撮影

 

ボディも中古でそろえる

カメラのボディは中古でそろえてもよい。日本の中古市場は、レベルが高く、新品同様にきれい。新古品と呼ばれる状態のものが多く、未開封でも新品より4割近く値段が下がっていることがある。特にAmazonの中古品は業者が出品していることが多いため、状態がものすごく良い。

また、カメラはあまり値段が下がらない。新シリーズが出てもさほど値落ちしない。以前使っていた、SONY α5000は3万円で手に入れたものだったが、1年後、3.4万円で売ることができた。1年使って、元の値段より高く売れるのは、カメラの面白いところ。

▶︎ SONY α7ⅱの中古品 10万円程度

 

Eマウント・Mマウント

SONY αシリーズは、Eマウントレンズ

レンズを集めて、レンズの「違い」を試したかったのだが、一つ問題があった。それは、SONY αシリーズが「Eマウント」だということ。Eマウントレンズは、SONYがミラーレス一眼を販売するにあたって、新たに規格したマウントだと言われている。数年前に発売されたことから、歴史が浅い分、純正レンズの数が少ない。

ミラーレスにも、フルサイズ用レンズと、フルサイズ用レンズでないものがある。35mmフルサイズ用のレンズを買おう。

 

SONY Aマウントはアダプターが必要

ソニーは、かつて、Aマウントを使用していた。ミノルタがカメラ事業から撤退した際に、ソニーに権利譲渡されたことから受け継いだことからミノルタが長年Aマウントを使っていたためだ。

 

SONY α7ⅱ × TECHART LM-EA7 ライカMマウントレンズ

▶︎ TECHART LM-EA7

TECHART LM-EA7 を使えば、ライカMマウントレンズがAF(オートフォーカス)で使える。そこで、アダプターを使って、他社のレンズをつけることを考えた。MF(マニュアルフォーカス)でも使えないことはないが、やはりオートの方が格段に使いやすい。

TECHART LM-EA7 で、マニュアルレンズも「オート」で写真を撮る。これにより、使えるレンズのマウントを増やすことができる。

・Eマウント ソニーαシリーズ

・Mマウント(ライカMマウント) ライカ、コシナ

▶︎ NOKTON 40mm F1.4(M)

購入したのは、コシナのファクトレンダーNOKTON 40mm F1.4。コシナは、国産メーカー。ドイツのライカMマウントレンズを作っている。

ライカよりもリーズナブルな価格で買えるためファンも多い。

カールツァイスファクトレンダーの2種ブランドのライセンス契約をして販売している。ともにドイツの光学メーカー。

とろけるようなボケ感が好きなら、このレンズはかなりおすすめ。オートでもピントを合わせるのに苦労するレベルでとろける。ファクトレンダーのNOKTONは、ライカMマウントの中でも安いシリーズ。絶対に1本は持っておくべきおすすめ品。

▶︎ NOKTON 40mm F1.4

 

Mマウントレンズは高い

リーズナブルで買えると評判のコシナのレンズですら、最低価格で5万円。この値段では、なかなか買い足せないのが現状。また、Mマウントはライカのマウント。作っているところもライカとコシナくらいで安いレンズはなかった。

 

✔︎ コシナのラインナップ

特に、リーズナブルなファクトレンダーブランドのNOKTONシリーズが人気

NOKTON classic 40mm F1.4(M) 5万円

NOKTON 50mm F1.1(M) 9万円

Zeiss Normal 50mm f1.5 C Sonnar(M) 20万円

 

純正ライカのレンズは熱狂的なファンがいるほど人気が高い。オールドレンズでありながら、10万円を超える値段がつく。そのため、中古ショップへ行ってもなかなかリーズナブルなレンズは見つからなかった。

 

Lマウントレンズでオールドレンズ遊び

Lマウント ▶︎ Mマウント

▶︎ Pixco LEICA ライカ L → M マウント 変換アダプター 35-135mm

リーズナブルな価格で「オールドレンズ」を楽しむために、僕がとった策は、「Lマウント」を「Mマウント」に変換して使うことだ。要は、「Lマウントアダプター」+「テックアートMアダプター」のダブルマウントでSONY α7ⅱに装着すること。これにより、もちろんAFで「Lマウント」のレンズを使えるようになった。

 

✔︎ Lマウントのレンズ

・ライカLマウント

・ニコン、キャノンレンズ(ライカLマウント)

・ペンタックス他多数(L) 1,000円〜

ロシアンレンズ(L)5,000円〜

 

Lマウントレンズは、多くの会社が扱っていたマウント。そのため、リーズナブルな値段で販売してある。もともと、ライカはLマウントを採用していたこともあり、Lマウントのオールドレンズは大量に中古ショップに並んでいる。

 

オールドレンズ遊び

変換アダプターにより、「Lマウント」のスクリュー型を「Mマウント」のTECHART LM-EA7に、レンズを装着できるようになった。ついに、安いオールドレンズで遊びができるようになった。

ちなみに、ロシアンレンズには、主にM42とライカLマウントがある。「Lマウント」は、「M39」ともいわれ、ねじ込みの数が違う。購入する際は注意が必要。

 

ロシアンレンズ

JUPITER-8 50mm/f2 ブラック

▶︎ JUPITER-8 50mm/f2(L)

ロシアンレンズの1つ目は、LIFEPACKING2.1で高城剛さんが掲載しているJUPITER-8 50mm/f2を買ってきた。ブラックのフォルムがマッチしている。

JUPITER-8 50mm/f2は、カールツァイスの Sonnar 50mm/f2 を模倣したレンズ。50mmレンズでかなり人気の高いこのシリーズは、模倣品でありながら、本物にない「写り」が特徴の一つ。

50mmのレンズは万能レンズ。風景を撮影するのによくこのサイズが使われている。価格は、1.5万円。他のMマウントオールドレンズと比べると1/10の値段で購入できた。

装着は、L-M変換アダプターをつけたJUPITER-8 50mm/f2TECHART LM-EA7にはめるだけ。これで、オートフォーカス機能のロシアンレンズとなる。

いわゆるダブルアダプターと呼ばれる方法。装着の分かれ目は、このようになっている。

ロシアンレンズの証である、” Made in USSR ” の文字は趣がある。旧ソビエト “Union of Soviet Socialist Republics ” の意。

50mm の万能レンズも持つべき一品。Lマウント変換を購入して、ロシアンレンズを買いそろえよう。

▶︎ JUPITER-8 50mm/f2(L)絞り羽9枚、絞りF2-F22

 

JUPITER-8 50mm/f2 の印象

ジュピター8が移す写真の表情は、オールドレンズならではのなんとも言えない「味」がある。エアリーフォトというよりも、霞がかかっていながら、色彩がしっかりと写される印象。

ボケ感は、「ふわっと」「とろっと」。マルボゲがしっかり出るというよりも、ふんわりとした味わいのボケが楽しめる。

 

狙い目オールドレンズ

古いレンズは、趣がある分当たり外れもある。カビやくもり、ケラれ(写真の端に黒い影)てしまうこともある。それも「オールドレンズ」の楽しみ方。純正に撮れない「遊び」のある写真を撮ろう。

 

 

オールドレンズ遊びをしよう

オールドレンズを楽しもう

Lマウントを装着できるようになったため、あらゆるレンズを1,000円の値段から楽しめるようになった。これからより多くのオールドレンズを試していく予定。

もし、キャノンの有名レンズをつけるなら、テックアートのEFマウント用アダプターを使えば、AFでキャノンのSIGMAレンズなどが使える。

▶︎ TECHART(テックアート) EOS-NEX III キヤノンEFマウントレンズ

 

現在愛用中のカメラ・レンズ

▶︎ SONY α7ⅱ

▶︎ TECHART LM-EA7(E→Mマウント オートフォーカス)

▶︎ NOKTON 40mm F1.4(M)

▶︎ 防水 ドライクッションポーチ M ブラック(レンズをつけたまま収納できる)

▶︎ 40.5mm レンズキャップ(紐付きで無くさない)

 

▶︎ JUPITER-8 50mm/f2(L)

▶︎ Pixco LEICA ライカ L → M マウント 変換アダプター 35-135mm(L→Mマウント)

 

これからどんどんオールドレンズを増やしていく。

▶︎ Industar-61 L/Z 50mm(M42) 12,000円

インダスターは、「星」ボケが楽しめることで有名なオールドレンズ。安価でボケを楽しむのにおすすめ。

 

▶︎ JUPITER-3 50mm/f1.5(L) 30,000円

絞り羽13枚、絞りF1.5-F22。Zeiss 50mm/f1.5 コピーレンズ。ジュピター3, 8, 9 とシリーズ物で展開された品。1950年代から発売されたこちらは、初めてのオールドレンズとして人気の品。 ジュピター8よりもF0.5明るい。

▶︎ HELIOS-44-2 58mm/f2(L) 8,000円

▶︎ MIR-1b 37mm f2.8(L) 8,000円

 

ソニーの内蔵アプリ

最近、楽しんでいるのが、sonyの内蔵アプリ。カメラ内にアプリを挿入して様々な機能を追加することができる。スマートフォンと連動させてリモートシャッターにできるアプリは無料。さらに、タッチレスシャッターのアプリでは、アイセンサー付近に手をかざすだけで、シャッターを切ることができる。もちろん無料。わざわざリモコンを買わなくて済む。他にもたくさんのアプリがあるので公式ページをチェックしてみてほしい。

 

オールドレンズが欲しくなる本

 

▶︎ オールドレンズ・ライフ

オールドレンズについて、もっと詳しくなりたいのなら、オールドレンズ・ライフがおすすめ。特に、ロシアンレンズ特集は、「物欲」をくすぐる。オールドレンズ好きには、たまらないシリーズだ。

 

▶︎ 山本まりこのオールドレンズ

「エアリーフォト」のような、白みがかった、風通しのよいオールドレンズ独特な「風合い」が好きな方にぴったりなのがこちらの本。ソニーα7Ⅱを使ったオールドレンズの使い方、自分のイメージする写真の「風合い」に近づけるための設定方法、おすすめのオールドレンズが紹介されている。

 

カメラは資産

レンズは資産

時代とともに、技術は進化する。しかしながら、カメラの「レンズ」は、50年、100年とその形を変化させていない。革命が起きないのが「レンズ」。アバプターをかませば、どの本体でも使える時代になった。レンズの値段は、落ちない。50年も前のレンズでも状態がよければ、かなりの値段で売れる。もはや「資産」となる。カメラレンズは、大切に保管してコレクションにすべき。

 

カメラ本体は進化している

代わりに、カメラ「本体」は、技術革新とともに、手ぶれ補正、画質、ISO値など、その「性能」が日々進化している。最新の機能を備えた本体を持って、「資産」レンズを扱おう。

カメラ本体は、自分の欲しい機能がなくなったときに買い換えるのがいい。カメラ・レンズの総合買取の宅配買取で査定してもらうとい。わざわざ古い本体を保管する必要はないためだ。

・レンズはコレクションして「資産」にする

・カメラ本体は買い取ってもらい最新機種を使う

 

僕の撮影の歩み

▷ 俺のLIFE PACKING 2016. 購入したアイテム・サービスまとめ

▷ 200g以下カメラ付き空撮ドローン比較

▷ スマホカメラ派?一眼レフ派?設定とレンズの違いで変わる見せ方

▷ 写ルンですで旅写真のエモいやつ27枚撮ってきた

▷ ソニーSony α7ⅱでオールドレンズ遊びをするためのおすすめレンズ