スマホカメラ派?一眼レフ派?設定とレンズの違いで変わる見せ方

スマートフォンのカメラで綺麗に写せる。綺麗な写真が撮りたいからと、安易に一眼レフを買うことはおすすめしない。今や、一眼レフと同等の画像がスマホで撮れるようになった。

 


スマホカメラ vs 一眼レフ

 

スマホと一眼レフの画素数

画質だけで比べてみると、実はスマホカメラも一眼レフも大差はない。10万円代の一眼レフを購入すれば、それなりに画素数が良いものが手に入る。画素数だけで言えば大抵のスマホは、デジタルカメラ同様に高画素。僕が以前、使っていたのがSony α5000。こちらは、ミラーレス一眼と呼ばれるコンパクトな部類。ミラーがない分、コンパクトだが、一般的に性能は劣ると言われている。画素数だけで言えば、一眼レフが高い。

 

・iPhone6/7 1,200万画素(サイト掲載写真)

・一般的なデジカメ 1,600万画素

・Android XperiaZ3 2,000万画素

・Sonyα5000 2,010万画素(サイト掲載写真)

Sonyα7ⅱ 2,470万画素

 

 違いはレンズの差

画像の見え方に違いがあるのは、レンズの差。レンズの違いが大きく関係している。レンズが違えば写真の色合いが全く違ってくる。本体にお金をかけるよりも、レンズにお金をかけるのは、そのせい。レンズが良ければ、写真は劇的に変わる。

 

 綺麗な画像を撮るだけならスマホで十分

見た目が綺麗な画像だけならスマホカメラで十分。最近のスマホカメラは、十分綺麗に写る。わざわざ5万円かけてデジカメや、ちょっとした一眼レフを買うくらいなら、スマホの撮影を極めた方がコスパがよい。

 

 


スマホカメラ派

 

 スマホカメラの優れた点

✔︎ 手ぶらで動ける

カメラを持ち歩く必要がない。一眼レフは、意外と重い。写真を撮るために旅行先でも持ち歩かなければならない。これが手間。サイフ、スマホ、パスポートだけだと手ぶらで動けるが、カメラを持つとなるとちょっとした重さを感じてしまう。画素数がほとんどかわらないカメラをわざわざ持ち歩く必要があるだろうか。無駄だ。

 

✔︎ 無料の加工アプリが充実している

スマホの場合、画像の加工アプリが充実している。たとえば、VSCOphotoshop 。パソコンで画像処理する場合、これからソフトを購入するとなると何10万円もかかる。簡易ではあるが、それらのソフトをスマホで無料で使えるのは特だ。

写真のコンテストで出品されている画像の多くは、現像という名の加工作業をしている。細部にわたって修正を加える。例えば雑誌で使われている芸能人の写真が異常に綺麗なように、裸の写真を使うことはなくなってきている。

また、スマホの場合、わざわざデータを移す必要がない。撮ったその場で加工をして、SNSにアップできる。これほど簡単に一眼レフでは、作業できない。

 

 

✔︎ 追加レンズも多数

スマホ用のレンズは、かなり充実している。世界最高峰の光学メーカーが手がける、カールツァイスのレンズは一級品。カールツァイスがスマホに特化したレンズを出すなど波紋を呼んでいる。

これを使えば、一眼レフで絞ったときのように、とろけたボカし画像が撮れる。カールツァイス発売予定

 

お手頃なスマホレンズで言えば、広角レンズ。2,000円程度で広い視野の画像が簡単に撮れる。レンズを変えるだけで、全く異なる雰囲気を出すことができる。

 

実は、100円ショップにもスマホ用のレンズが売ってある。魚眼レンズは、100円で買った。また、レンズキッドもおすすめ。1,500円と低価格でおためしができる。自分の好きな写真の構図が狙えるカメラを備えよう。

 


一眼レフ派

 

 それでも一眼レフ派

画素数は同じでも、一眼レフにしかできないことは、写真の撮り方にある。カメラの設定を調整することで、おしゃれな写真が撮れる。ここにスマホと一眼の違いが表れてくる。

 

✔︎ ボカし

一眼レフの醍醐味は、ボカし。F値を調節して、絶妙なボカしを演出する。ピントを手前に合わせて背景をボカす。この撮影は、レンズを絞るため、スマホの設定では、だしにくい。ただ、カールツァイスのスマホレンズを使えば、スマホでも撮れる。加工アプリを使えば、それっぽいボカしもできる。

 

✔︎ ホワイトバランス

光の加減を調整する。自分の出したい風合いを設定することで、イメージする画像へ近づける撮り方。加工しながら撮る感覚。例えば、夕焼けの設定なら、全体的にオレンジっぽい絵となる。

 

同じ場所、時間でもでも光を調整することで、全く異なる写真が撮れる。光の加減幅があるのは、一眼レフの良さだ。

 

✔︎ シャカシャカ

シャッターを切る速度を遅くすることで、動く物が線となって写る。こうした写真は、一眼レフで撮るべき。シャッターを遅くするため、手ブレも明確に現れる。スマホのカメラでもこの写真は撮れなくもない。こうした動きのある写真は一眼レフで撮る方が面白い。

 

✔︎ 光線

車のライトが線となって写真にあわられる撮り方。光の線もシャカシャカ同様、シャッター時間を調整して撮る。光の線は、夜でなければ撮れない。夜の撮影は、光の調整が難しい。普通に撮れば、真っ暗な画像にしかならない。F値、ISO値を使って取り込む光の加減を合わせる。この調整は、一眼レフの方が撮りやすい。

一番気にかけなければならないのが手ぶれ。素人である僕の光線は、ブレブレになっている。三脚を使わずに無理やり撮影したためだ。

 


スマホカメラで十分

 

 一眼レフカメラはいらない

スマホカメラで充分綺麗な画像は撮れる。また、スマホレンズを使えば、高画質で高精度な画像が撮れる。わざわざ重たい一眼レフカメラを持ち歩くのは、時代遅れだ。

一番もったいないのが、一眼レフを持っていながら、オート設定で撮影していること。オートで撮影する画像なら、デジカメやスマホで撮る画像と変わらない。一眼レフを持っているのなら、マニュアル設定で撮影しよう。絞り画像だけならスマホで十分だ。

 

✔︎ スマホレンズを買うなら

カールツァイス

広角レンズ

レンズキッド

 

 撮りたい被写体があるなら一眼レフを買う

撮りたい画像があるなら一眼レフを買うべきだ。こだわりの性能を備えた本体、絞りに特化したレンズ、とにかく明るくなるレンズなど、用途を使い分ける。撮りたい被写体に合わせた一眼の設定を身につければ、スマホカメラ以上の写真となる

揃えるカメラなら、スマホの機能を優に越える。特に、レンズによって写真の出来が違うため、レンズの質にこだわろう。

✔︎ 上の写真を撮影したカメラ

Sony α5000ミラーレス(中古3万円)

 

 さらに上を目指すために α7ⅱ を購入した

Sony α7ⅱ を買った。この値段クラスになると、スマホと一眼の差が明確になる。フルサイズで撮れる唯一のミラーレス機だ。本体も数十万する。かつ、レンズも少ないため、レンズが何万円もする。使いこなせるのかという声が聞こえてきそうだが、時間をかければそれなりに上手くなる。

気にかけるべきは、値段。その投資額に見合ったリターンを計算して、投下したかどうか。カメラの減価償却期間は5年。単純に考えれば、5年の間に、収益をあげればよい。または、同等の効用を得れば良い

僕の写真はすべてピントが甘い。下手だ。これから上手くなるから大丈夫。時間を掛けて、自称プロカメラマンまでレベルを上げる予定。そして、次は、スタビライザーをつけて動画撮影をする。