旅行保険に入らない。海外保険に強いクレジットまとめ。

旅行保険は入らなくてもいい。何かあったときのために、入っておくべき旅行保険。何日かの海外滞在でも保険に入ることを勧められるが、実際は、使うことがほとんどない。入っているにもかかわらず、どんなときに使えるのか把握していない人も多い。

僕は、クレジットカードに付帯している保険を重視している。無料で作れるクレジットを作ろう。クレジットカードに備わっている保険を使って、不要なモノにお金をかけない。旅にオススメのクレジットカードまとめ

 


保険付帯のクレジットカードを使え

 

僕は、海外保険に入らない。クレジットに付帯している保険を使うため、入らなくてもよい。クレジットの保険で何かあったとき大丈夫なのか?多くの人がそう感じるだろうが、実はクレジットカードの方が分厚く補償してくれ、リスク分散にもなる。

 

 クレジットカードの分厚い旅行保険

僕が旅に持っていくのが、これらのクレジット。もちろん無料。このクレジットの組合わせは、一般の海外保険よりも分厚い補償となる。

リクルートカード JCB / VISA

エポスカード VISA

 

この3枚のカードがあれば、無駄な保険に入らずとも、より補償の厚い旅行保険にタダで入れる。ただ、僕が使っているのは、リクルートプラスのカード。現在は発行されていないが、リクルートカードは一人2枚まで持てる。

 

 最高6,000万円まで補償

この3枚を組み合わせて使うことで、僕は、最大この金額をカバーできる。

海外旅行傷害保険 最高6,000万円

疾病治療 470万円

傷害治療 400万円

傷害・死亡 5,500万円

賠償責任 6,000万円

救援者費用 300万円

携帯品損害 60万円

最長60日(90日)

 

 90日間、無料保険

この金額を保険でカバーできる。ここまでくれば、旅行で患うであろうあらゆる病気に対応できる。これらのクレジットカードを持っていればこの金額の保険を受けられる。この金額以上の額をカバーしたいのであれば、もっと手厚い保険に入ればいい。

 


各クレジットの保険詳細

 

実際にどうやってこの金額の保険をカバーするのか。各クレジットの保険金額をまとめる。

 リクルートカード

僕が愛用するクレジットカードの一つが、リクルートカード。現在、2枚保有している。ひとつが、JCBのリクルートカードプラス(現在終了)。もうひとつがVISAだ。もちろん無料。

✔︎ 利用付帯 90日

海外旅行傷害保険 最高2,000万円

疾病治療 100万円

傷害治療 100万円

傷害・死亡 2,000万円

賠償責任 2,000万円

救援者費用 100万円

携帯品損害 20万円

年会費無料

▶︎ 保険詳細

 

  エポスカード

旅行保険といえばエポス。僕も最近加入したのがこのカード。一番は、自動付帯の保険であること。持っているだけで保険が適用される。さらに、年会費は無料。

✔︎ 自動付帯 最長90日

海外旅行傷害保険 最高3,000万円

疾病治療 270万円

傷害治療 200万円

傷害・死亡 500万円

賠償責任 2,000万円

救援者費用 100万円

携帯品損害 20万円(3,000円分は自己負担)

▶︎ 保険詳細

 

これだけの保険サービスが、無料で、さらに自動付帯でついてくるのはエポスだけだ。また、24時間フリーダイアルによる旅行保険事故受付センターでの対応や、緊急医療アシストなど、いざというときの対応も丁寧。

ポイント還元率は高くないが、大手飲食店での利用が10%オフになるなど他にも特典がついてくる。webでの申し込み後、即日受け取りも可能なクレジットカード。作っておいて損はない。

 

✔︎ 自動付帯と利用付帯の違い

自動付帯とは、持っていれば自動的に保険の効力を発揮できるもの。登録さえしていれば保険利用が可能だ。クレジットカードを持っていれば良いため、実際に持ち歩かなくて良い。家に置いて旅行しても効果は発揮できる。

利用付帯は、公共交通機関の支払いツアー代金をリクルートカードで支払うと効果を発揮する。もちろん、旅行先で乗った交通機関の支払いでも効力はある。

・公共交通機関 飛行機、電車、バス、タクシー、船

 

 数枚のクレジットを使って、エターナル保険を実現する

複数の保険付帯付きクレジットを使えば、旅行保険の期間を気にせず使い続けることができる。90日目から、別のクレジットで公共交通機関で支払いをする。そうすることで、90日+90日=180日の保険サービスを継続して受けることが可能だ。

 

 クレジットの旅行での使い方

自動付帯、利用付帯のカードを持っていれば、その使い方によって、補償の額が変動する。僕のクレジットの場合、リクルートカードプラスエポスカードは、自動付帯であれば、旅行に持っていく必要はない。

ただ、リクルートカード VISA は、利用付帯であるため、どこかしらで利用しなければ、効果は発揮されない。1つは、海外旅行へのエアーチケットをリクルートカードで支払うこと。これが一番使いやすい。行き先へのチケットをカードで落としておけば、保険は有効となる。

 


要は、海外保険に入る必要はない

 

いくつかのクレジットを同時保有し、保険の額や必要な内容をカバーする。保険サービス付きのクレジットを保有することで、分厚い補償を受けることができる。

 

  一番使う治療費 470万円

最も身近なものが、病気になったときの治療代だ。多くの人が保険に入るのは、海外で何が起こるかわからないためだ。海外旅行中の場合、医療費は満額請求される。医療費は国によって違う。例えば、アメリカで盲腸になった場合、治療額は100万~300万円の金額が請求されるという。出典はこちら

高額医療に入るような重い病気になれば、数千万円の治療費を払わなければならない。自分がカバーしたいと考える額を保険で賄うべきだ。

 

  掛け捨ての旅行保険以上

旅行会社のツアーを申し込んだ時、必ず保険に入ることを勧められる。勧められるがままに入ってしまう人も多いが、実は、クレジットカードに付帯している保険と同程度だ。

また、この保険額をカバーするために、3枚のクレジットを組み合わせる。自動付帯と利用付帯のクレジットをうまく使うことで、期間も90日から180日。さらに違うカードも持っていれば、その期間は、半永久的に伸ばすことができる。

 

  無料でつくれる海外保険

いざ、海外へいく。そうなったときに、すぐに発行できないのがクレジットカード。無料で自動付帯のついたカードを作っておけば、急に海外へ行くことになっても大丈夫。今のうちにクレジットカードをつくっておこう。

いま、現在一番使い勝手がいい保険を提供しているのが、以下の2枚だ。

 

▶︎ リクルートカード

▶︎ エポスカード

 

 クレジットカードを最大限利用する。

クレジットカードについているのは、保険機能だけではない。現地でお金を調達することもできる。リクルートカードを使って、空港ATMでクレジットキャッシングをするやり方をまとめた。また、現地でショッピングもできる。海外は日本よりもクレジット文化が進んでいるため、たいていどこででもクレジットが使える。

下手にポイントカードでポイントを貯めるよりも、クレジットで支払ってポイントを貯めるほうが還元率は良い。ポイントカードで損をしている。高還元率クレジットで得をする方法。としてまとめたのでご覧いただきたい。

 

 僕が使っている金融サービスまとめ

最適な金融サービスを使おう。手数料の高い、全く使えない、損をするようなサービスは即解約すべき。

▷ 俺のLIFE PACKING 07。おすすめ金融サービスと自分に合わなかった商品