日本を出たいと思った時に読んでおきたい、日本の現状がわかる本8選

日本の置かれている状況をきちんと理解している人はどれだけいるだろうか。危機感を持って生活している人はいるだろうか。

 

日本の現状が書かれた本

海外へ出ようとする人たちは、何かしら日本へ思うことある。それは、日本自体に対したなのか、ただ、自分の置かれている環境なのか、または、自分自身に対してなのかは人それぞれ。「日本を出る」前に読むべき本をまとめた。今の日本を知って損はない。

 

いきたい場所で生きる 僕らの時代の移住地図

▶︎ いきたい場所で生きる 僕らの時代の移住地図

いきたい場所で生きよう。これからの時代、終身雇用の会社はどんどんなくなってゆく。2020年、東京オリンピックを境に、東京ですら人口が減っていくこの日本にどれほどの余力が残っているのだろうか?今ある当たり前な年金、医療保険といった社会保障は、存在するのだろうか?

日本を飛び出そう。今ある幸福は、未来にないと思うのなら動き出すべき。「生きたいところで生きる。」それが、海外移住であったり、地方移住であったりとさまざま。本書には、移住先で暮らしている人、33名の地方、海外移住のリアルなインタビュー本。ライフハッカー編集長の手がけた最新の移住バイブルだ。日本を抜け出したい、移住を考えている人の情報源となる一冊。

 

新所得倍増論

▶︎ 新所得倍増論

GDP世界第3位の日本。なぜ「失われた20年」と呼ばれた今日も、日本は世界3位をキープできているのか。皆さんは考えたことがあるだろうか。「日本の技術力がすごい」、「日本の生産効率が高い」だから3位なのだと思っている人も多いはずだ。

しかし、現実は違う。日本の技術力も今や先進国で並レベル、生産性は下位。それを表すのが、一人当たりのGDP世界27位という数字だ。「GDPは 人口 × 生産性」で成り立っている。本書では、技術力、生産性を数字で明確に検証してある。今の日本を冷静に認識させられる一冊。

 

黒本 参

▶︎ 黒本 参

安倍首相がなぜ、あのタイミングでトランプ氏と対談できただろうか。なぜ、アメリカをサイバー攻撃したロシアをトランプ氏が擁護するような発言をしているのか。日本のマスメディアが情報発信できない、今の日本の現状を世界から俯瞰している本。テレビ、出版業界が書けない生の情報を得たいのならこの本を読むべき。賛同できるかできないかはあなた次第だ。本書は、質問形式で書かれてある。

 

現実を視よ

▶︎ 現実を視よ

日本は既に遅れている。なるほど、世界と比べて日本がこれほどまでに時代に反しているのかと考えさせられる。日本を一度離れた見たいと思えた本だ。特に、留学、ワーホリなど長期で日本を離れる計画を立てている人の背中を押してくれる。自分の選択は間違えではないなと思えるはずだ。

 

シャープ崩壊

▶︎ シャープ崩壊

あの大企業が潰れることを予測していた人はいただろうか。ジャパンアズナンバーワンと今でも誇りに思っている現状が日本にはないだろうか。世界一の技術力、世界最高の生産性。現実をみよう。世界はどんどん動いている。

 

この国を出よ

▶︎ この国を出よ

この国を出よう。留学、旅行、移住、なんでも良い。とにかく一度出ることによって何かを感じるべきだ。アイディアは移動距離に比例する。思考は、歩いた距離だけ蓄積される。対話形式で書かれた本書は、世界で戦うためのアイディアがつまっている。

 

日本で老いて死ぬということ

▶︎ 日本で老いて死ぬということ

未来は誰にも予言できない。上記で挙げた視点がズレているのか、本書であげられている将来が正しいのか。ただ言えるのは、予測や予想は誰にでもできる。どれが正解というわけでもなく、どのパターンでも考えられる思考が必要。

 

新観光立国論

▶︎ 新観光立国論

デービットさんは日本が好きなのだろうなと感じる箇所が多々ある。イギリス人でありながら、これほどまで日本人を知り、日本のために危惧を促す本はない。日本を知り、日本を研究し尽くしたアナリストだからこそ書ける本。

 

僕自身、その道のプロではない。専門家であっても実態を正確に判断できのは専門家であっても難しい。わからない部分を知っている情報で予測するほかないためだ。ただ言えるのは、上記で挙げた本の考え方で、日本を俯瞰する方が、僕の中では理にかなっている。日本を俯瞰しよう。何か見えてくるものがあるはずだ。

 

情報収集におすすめの記事

▷ 最新の情報収集アプリ7選 + Feedlyで読むべきwebニュース15選

▷ 情報収集としてテレビをみることはありか?趣味としてみるおすすめのTV番組まとめ

▷ 日本を出たいと思った時に読んでおきたい、日本の現状がわかる本7選

▷ 未来予測。これからの個人ブログメディア論を知るためのおすすめ良書7冊

▷ 仕事ができる人に共通する「スピード力」を鍛えるおすすめの4冊