auのiPhone6sSIMフリーをマイネオにして、海外でもテザリングでパソコンが使えるようにした結果

格安スマホSIMフリー。数年前までSIMフリーのスマホが出回っていなかった日本に、ようやくフリーの端末が市場に現れるようになった。かくいう僕もやっと日本でSIMロックを解除した。最近の沸騰キーワード格安スマホSIMフリーにした結果をまとめる。

 


auのiPhone6sをSIMロック解除してマイネオにした結果

 

 auを解約した結果

SIMフリーにする大きな要因は、価格の安さだ。スマホ代はにかける金額をできるだけおさえたい。僕がSIMフリーにしてことで得たメリットが以下。

 

・機種代を分割して月々1,000円安くなった

・テザリングが使えるようになった

・海外でもSIMを使えるようになった

・制限が10GBまで使えるようになった

 

 SIMをauからマイネオへ変更した

auで契約していたスマホを、マイネオという会社へ変更した。SIMのみを変更したため、auで使っていたiPhone6sの機種をそのまま利用できる。通信回線のみをマイネオへ変更したのだ。

▶︎マイネオ

dsc00185


SIMフリーにする条件

 

僕の場合、格安スマホの回線へ変更するのにいくつか理由があった。この条件を満たす会社を探した。

・ auの契約より安くなること

・ auのiPhone6sを使い続けること

・ テザリングでPCをネットにつなげること

・ 制限容量が10GB以上のもの

 

 auの回線より安くなること

auの月額は、7,200円だった。auの契約内容は、基本料、7GBまでの制限スマホデータ通信、機種代の2年分割、使った分だけの通話代という内訳だった。必要のない付属サービスをそぎ落としていたため、7,200円だった。

要は、7,200円を下回れば格安SIMへするメリットが生まれる。これが基準となる損益分岐点だ。

 

現在の月額7,200円

基本料+通信費5,700円+通話代500円+機種分割代(@12ヶ月分)

 

✔︎ 考慮すべき費用計算

・auのiPhone6sの一括返済にかかる費用 23,000円(@12ヶ月分)

・auのケータイ番号を移行する手数料 3,200円

・解約金 10,200円

合計 36,400円

 

マイネオ移行後月額6,253円

値段の差を考えるため、キャリア移行にかかる費用を機種代の残り1年間を考慮して比較した。

総費用36,400 ÷ 12ヶ月=月3,033円

マイネオ月額3,220円 + 総費用12月分割3,033円 = 6,253円

au – マイネオ = 1,000円

マイネオに移行した結果、1,000円ほど安くなった。

 

 

 auのiPhone6sを使い続けること

auでiPhone6sにしたのがちょうど1年前。1年分の機種代分割分の値段がまだ残っていた。その額23,000円。この機種をそのまま使えるSIMを買う必要があった。幸い、iPhone6sは、購入から180日経過後にSIMロックを解除できる。PCからSIMロック解除ができるため簡単だった。

 

 

 テザリングでPCをネットにつなげること

スマホからwifiをとばして、パソコンやタブレットをネットにつなぎたかった。auでも同じ機能があるが、別料金がかかることと7GBの通信制限によってしようできなかった。

パソコンを使って作業をすることが多いため、カフェなどでフリーのwifiを探す必要があった。ベストなポジションが見つからなかったとき、テザリングで仕事を進めたいと考えていた。

日本のSIMの場合、ドコモの通信を使っている会社でなければiPhoneのテザリング機能はない。そのため、ドコモ系のSIMを選ぶ必要があった。

マイネオはauの回線もドコモの回線ももっている格安スマホ界でも大きな会社だ。

 

 

 制限容量が10GB以上のもの

auの契約では、月に7GBを超える通信をすれば制限がかる。週末に家にいることがない僕は、外でスマホを使う。そのため制限を超えてしまうことが多かった。auの通信制限よりは多いGB数の契約を求めた。

格安スマホの会社は、数十社ある。しかし価格は似たり寄ったり。大手3社よりは安いが、ほとんど差がない。

1

 

差が出てくるのは、アップデートの対応スピード。iPhoneのようにiOSが度々更新されるスマホの場合、その最新バージョンに対応できるか確認する必要がある、マイネオは比較的大きな会社であるためアップデートも早い。

値段はさほど変わらないため、値段よりも対応スピードの早い大きなSIM会社にすべき。どのSIMにすべきか、どの会社がいいかわからないときは、マイネオを選んでおけばいい。

 

✔︎ プラン変更も簡単

最近は、10GBを使わなくなった。Amazonで本を買うようになってから、空き時間に本を読むことが増えた。そのため、ネットに接続する時間が減った

今現在の登録は、5GBの2,280円。

 


auを解約する前にすべきこと

 

格安SIMの会社を選んだら、次はauの解約へむけて手続きをした。auにはいくつかの特典サービスがあった。ポイントやクレジットカードなど不要なものを全て解約しておかなければならない。

2016-10-16-18-19-54

 

 au解約前にやったことリスト

au walletを使い切る

 au クレジットを解約する

au ポイントを使い切る

SIMロックを解除する

電話番号を移行する予約

 マイネオの申し込み

 マイネオからSIMが届く

 

au walletを使い切る

au wallet は、au を契約した際についてきたオレンジ色のカード。キャンペーンだったのかポイントで12,000円分の残っていた。これを使い切る前に解約するのはもったいない。解約後の使えるようだが、忘れてしまうので使い切った。

au wallet は、チャージ式のマスターカード。クレジットカードと同様に使えるが、使える額があらかじめ決まっている。ほぼ全ての店舗で使えるため、Amazonで買い物をして、残りを端数をコンビニで使い切った。

au wallet は解約できないとのこと。電話でも問い合わせたが、解約の概念がないらしい。本当に必要がなければハサミで切って捨ててくださいと言われた。

 

 au クレジットを解約する

au クレジットも wallet をもらったときに契約したカード。全く使っていなかったが、解約を気に処分した。クレジットの解約は、下記のURLから電話で申し込む必要がある。

▶︎お問い合わせ番号 0120-994-388 / 03-6758-7388

▶︎au wallet クレジット

 

au ポイントを使い切る

au ポイントも使い切った。解約すればなくなってしまうため使うべきもの。これは、機種代の一括返済の際に使い切った。機種の一括返済は下記のURLより解説がある。

▶︎au Q and A

 

SIMロックを解除する

iPhone6sは、購入から180日経過後にSIMロックを解除できる。PCからSIMロック解除ができるため簡単だった。auで購入されたiPhoneは本人確認が必要なくSIMを解除できる。そのため中古スマホ業界でも沸騰している人気キャリアスマホとなっている。iPhone7が登場した今、値段も下がっているため買い換えるチャンスだ。

auお客様サポートよりSIMロック解除ができるかどうか確認したのちに解除する。

▶︎auお客様サポート

 

電話番号を移行する予約

MNP (mobile Number Portability) 電話番号移行の予約をする。auの電話番号をそのままマイネオでも使用したかったので、MNPの予約をしなければならなかった。この予約番号がなければ、格安SIMの予約ができないため、予約を先にしなければならない。

ここで手数料3,200円がかかる。窓口でも電話でもEZwebでも予約はできるが、EZwebは非常にわかりにくい。むしろ、au側としては解約されたくないため、わざと難しくしているとの見解もあるくらいだ。電話で予約番号をもらうのが手っ取り早い。

▶︎お問い合わせ番号 0120-925-041 / 0077-7041

▶︎KDDI MNP (携帯電話番号ポータビリティ) 解約手続きのご案内

この時点ではまだ、auは解約されない。あくまで予約である。

 

 マイネオの申し込み

MNP予約番号を電話で聞いたら、その番号を使ってマイネオに申し込む。新しいSIMが届いて、iPhoneに差し込んで回線をつないだ時点でマイネオとの契約が成立し、auとの契約が解約される。

選ぶべきSIMは、マイクロSIM。

▶︎マイネオ

 

 マイネオからSIMが届く

3日後程度で、マイネオからSIMカードが郵送される。これをiPhone6sに差し込めばすぐに使えるようになる。注意が必要なのは、回線開通のその日分の受付が9:00~19:00までとなっている。それ以降21:00までに受け付けられた場合、次の日の午前中に回線がつながるので時間帯には注意したい。

それから、SIMを差し込んだ後に必ず再起動すること。説明書をザッとしか読んでいなかったため、この作業をしていなかった。僕の場合、原因がわからず1日圏外の状態で過ごしてしまった。再起動をすることをおすすめする。

 

 auからマイネオへ移る最適のタイミング

auの定額通信の更新日より前にマイネオへ変更するのが一番料金を無駄にしない。auの更新日は、毎月2日。そのため、翌月の1日にMNPを変更するのが望ましい。

MNPの予約番号は、2週間後に無効となるため、月末21日以降に予約するのがよい。

 

 マイネオの回線スピード

マイネオへ変更して数日が経つが、auとの契約時代とさほど変わらないスピード感だ。少し懸念していたテザリングのスピードも快適だった。僕の自宅のwifi環境は、配線を延ばして使っているため、下手をすればiPhoneのテザリングの方が早い。

 

 海外でも使える

SIMカードをいれかえるだけで、海外でも使えるようになった。SIMロックを解除したため、各国で買ったSIMを差し込むだけでスマホをそのまま利用できる。コンビニなどで簡単にSIMカードが買えるので、わざわざフリーのwifi環境を探さなくて良くなった。

dsc00520

 

✔︎ イタリア旅行でも効果を発揮

先日イタリアへ行ってきた。イタリアでは、プリペイドのSIMカードを購入した。5GBで2,500円程度。7日間の滞在で、思う存分パソコンもスマホも利用した。このサイトも、イタリアで更新した。テザリングで、世界中どこでも仕事ができる。

 


auのiPhone6sをSIMロック解除してマイネオにした結果

 

 マイネオにした結果

・月々1,000円安くなった

・テザリングが使えるようになった

・海外でもスマホを使えるようになった

・制限が10GBまで使えるようになった

 

旅好きの方へ。僕が旅へ持っていくアイテムを全て公開した。

▷ 俺のLIFE PACKING 06。1泊2日は手ぶら、1週間は10Lのバックパックで旅をする