いらない服を断捨離。高額買取の方法と売ったアイテムまとめ

 

 

 自分で自由に値段を決めるなら

いらない服を最も高く売りたいのなら、個人間売買が一番。モノを買いたい人とモノを売りたい人をマッチングさせるサービスを使うのが良い。売りたい側は、自分で値段をつけることができる。買いたい側は、自分の支払える金額を支払えば買える。

 

 メルカリ

個人間でのやり取りに、メルカリ運営側が仲介に入る。手数料は、売買が成立した時に10%取られる。自分の好きな値段で販売できるため、最も高額で資金化できる。

難点は、価格が高ければ売れないこと。個人間であるためトラブルが発生しやすいこと。発送手続きを自らしなければならないことだ。高く売れるが手間がかかる。

 

 ヤフオク

ヤフオクも昔からある個人間売買ツール。メルカリよりも男性ユーザーが多く、使用している年齢層も高い。定期有料会員にならなければ、オークションに参加できなかったが、最近無料で出品できるサービスもできた。

メルカリは、若い層向け。ヤフオクは、中年層向けのターゲットにあった衣服を売ると良い。

一昔前のように、入札後の個人間の連絡の取り合いは楽になった。しかし、相手が個人情報を入力、もしくは送信ボタンを押さない。また、入金まで時間がかかる場合があるため、取引に手間がかかる。

この手間を代行してくるのがQUICKDO(クイックドウ)。面倒なやりとりを全て代行してくれるサービス。いわゆるアウトソーシング。

 


手軽に高額で売るには

 

 簡単に高く売るなら宅配買取

ネット申し込みをして服を買い取ってもらうシステム。買取の申し込みをしたのち、数日後に自宅まで取りに来てくれる。収集所へ郵送されたアイテムは、査定にかけられ後日メールで結果が届く。

さらに嬉しいのが、手数料が0円であること。服を査定してもらうための郵送コスト、査定そのものにかかるコスト、返品にかかるコストは全てかからない。

 

 フクウロ

フクウロは、業界でも高額買取で有名。売り方も簡単。いらない服を専用のバックに詰めて、宅配業者へ郵送依頼すれば、数日後にメールが届く。主にブランド服を取り扱っている。個人間売買の連絡の取り合いが面倒ならば、フクロウを使おう。

実際に僕が利用したレビューを記事にしているので気になる方はみて欲しい。リサイクルショップで査定してもらった価格よりも、2倍以上もの値段で買い取ってもらえた。

【断捨離】高買取で評判のフクロウは本当に高かった。いらないメンズ服を売ってみた結果

最近、返却時の送料がかかるように変更された。以前のように何でも査定をしてもらうわけにはいかない。本当に売っても良いアイテムを査定してもらおう。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-01-0-50-06

▶︎フクウロ

 

 

 uttokuウットク

より早く宅配買取の査定を受けたいのならuttokuウットクが一番早い。ネット申し込みをした次の日に宅配業者が回収にきて、2日後には査定完了のメールがきた。3日程度売買を終えることができる。

▷ 【断捨離】口コミで評判のuttokuウットクでブランド品は高く売れるのか?実際にやってみた

査定が早い分、査定額はフクロウより安く感じた。ただ、厳選されたハイブランドの買取を強化しているため、状態の良いハイブランドの査定額は高い。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-09-9-45-17

▶︎uttokuウットク

 

 

 WonderREX

WonderREXは、店舗を持っている大手買取会社。宅配買取に不安があるのなら、店舗を持っている会社を選ぶと安心だ。買取額もそこそこ高い。買取基準、高額買取ブランドがマニュアル化されているため、宅配も店舗での買取もほぼ同じ価格で買い取ってもらえる。

何でも買い取ってくれる。裏を返せば、その分査定額も落ちる。捨てるに捨てられないアイテムを買い取ってもらうなど使い方を工夫しよう。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-17-22-00-47

▶︎WonderREX

 

 

 古着買取王国

メンズ向け人気ブランドを売るなら古着買取王国が狙い目。他のサイトと比べて新しいサイトであるため、人気ブランドの買取が高い。

逆にノーブランド品は、その他買取となるため資金化しにくい。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-17-22-00-45

▶︎古着買取王国

 

 

 ウルウル

ノーブランド品やファストファッション品を売るのなら、ウルウル。買い取ってもらえなかったアイテムもここなら値段をつけてくれる。お近くのリサイクルショップで買取値と近い。捨ててしまうような服もウルウルで現金化しよう。

ウルウルは、フクロウの姉妹サービス。ただ、査定する人が違うのかウルウルで査定した金額とフクロウで査定した金額がモノによって異なることもあった。「その他アイテム」としてまとめて査定されることが多く、ファストファッションやノーブランドアイテムは、まとめて買い取られてしまう。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-17-22-16-49

▶︎ウルウル

 

 

 ハグオール hugall

ハグオールも買取商品幅が広い。ハグオールのすごいところは、オールジャンルのアイテムを買取していること。家具も売れてしまう。断捨離の強い味方だ。服も家具も一緒に処分しよう。家具やアウトドア用品は、三編合計が160cm以下のものに限られている。

今なら買取をしてもらうと、QUOカード500円分がもらえるキャンペーンをやっている。裏を返せば、買取を強化しているということ。この機会を逃さず、高額な値段をつけてもらおう。

対応は、他社に比べて遅い。査定に出したことすら忘れてしまったくらいだ。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-5-34-08
▶︎ハグオール

 


リサイクルショップで売る

 

 店舗型ショップで売る

家の近くのリサイクルショップで売るのもよい。ただ、買取値段は安い。定価の10%の値段で買い取ってもらえれば良い方だ。

店舗型のショップの買取は年々安くなっている。メルカリやヤフオクのアプリの広がりによって、個人間売買がようになったこと。また、宅配買取の登場によって、中古市場も大きく変動している。

店舗型のデメリットは、不動産コストと人件費がかさむことだ。店舗を持つと固定費用がかかる。宅配買取の場合、1箇所にアイテムを収集するため、田舎の地価が安い倉庫を借りることができる。査定も決まった人間で行うため、人件費も限られている。固定費用を抑えることで、買取金額を充実できているのだ。


人にあげる

 

 友人にあげる

もし、自分のいらないアイテムを友人や知人が欲しがっているのなら、どんどんあげるべき。ただ、相手が求めていないものをあげてしまうのはナンセンスだ。

相手が本当に欲しいものを見極めるのが面倒。欲しい人と譲りたい人のマッチングが必要だ。

 


いらない服を高額で売る方法まとめ

 

・手軽に高く売るのなら フクウロ

・ハイブランドを売るなら 買取プレミアム

 

 断捨離をしてアイテムを更新しよう

世の中には、日々新商品が発売されている。最新で最高の商品を使おう。いらなくなったアイテムを売って、資金を貯め、アイテムを更新すべきだ。

 


買い取られた服はどうなるのか

 

 高額買取のイメージ戦略?

相場よりも高買取なのは、イメージ戦略かもしれない。フクロウのような高額買取先は、口コミでの宣伝効果で伸びていく。フクロウは高買取と世間に印象を与えれば、フクロウ側は、質の高い中古品を入手することができる。

人気の高いアイテムを買い取ることができれば、ある程度の利ざやを得れる、かつ、早い回転で販売することも可能だ。こうした、イメージ戦略によって、好循環を生むことができる。

 不動産費用がかからない

宅配買取サービスの最も強い面は、店舗費用がかからないことだ。町にあるリサイクルショップの多くは、店舗を構えている。店舗を持つということは、それだけで莫大な費用が必要となる。

店舗の建設に始まり、店舗を運営するためのスタッフや買取、修繕や維持への資金等、挙げればきりがない。その点、宅配買取は、大きな倉庫兼事務所を全国に1つでもあれば成り立つ。販売のプラットフォームは、すべてネット販売であるためだ。

査定無料、送料無料でサービスが成り立つのは、店舗に回すべき費用をほぼかけずに運営できるためだ。

 

 買い取った衣服は?

店舗型の古着屋さんの場合、店舗内で販売することがほとんどだ。しかし、宅配買取の場合、店舗がない。どうしているのだろうか?

実は、宅配買取業者の多くも転売をしている。ネットやオークション、アプリなどを使って1点ずつ販売することもあれば、まとめてコンテナで東南アジアへ販売することもある。1コンテナ1,000万円で買い取ってもらい、そこから東南アジアで小売を営んでいる業者へ販売する。

独自のルート、相場を熟知する選球眼など感覚で養われる部分も多い。目利きができれば販売バイヤーとなることも可能だろう。