《マレーシア》KLメンズファッション。クアラルンプール、Mid valley ミッドバリーモールでおすすめのショップまとめ

マレーシアには、世界的に有名なファッションブランド、ジミーチュウがある。最近では、スターのスタッズをメインに展開しているハイブランドとなった。マレーシアでは、第二のジミーチュウを目指し、若きデザイナーが、日夜、自らのアイディアを創造している。

 

マレーシア Mid valley おすすめショップまとめ

僕も最近、第二のジミーチュウを求めてマレーシア、クアラルンプールへ行ってきた。日本のサイトでは、マレーブランドを紹介しているところが少ない。マレーシアを訪れるファッション好きのためのページをつくることにした。

 

総合No.1 Mid valley mall

Mid valley mallは、僕が最も満足したショッピングモール。とにかくでかい。そして、最新のショップが並ぶ。クアラルンプールに行くなら絶対に寄って欲しい。Mid valley mallへは、都市部から地下鉄で15分程度で着く。

 

僕が行った時期は、なぜだか地下鉄がきちんと動いていなかった。結局何かの事件か、従業員のストライキか何かで長いこと駅のホームで待つことになった。訪れる際は、時間にゆとりをもっていくべき。

 

Mid valley mall おすすめショップ

Mis valley mall にはメンズファッションのショップも多く入っている。僕が歩き回って探し出したおすすめのショップをまとめていく。

 

People’s

2016-09-10-16-26-35

ここのアパレルアイテムは、日本の生地を使っている。デザイナーは、マレーシア人。マレーシアでデザインした服を、日本に生地を取り寄せて、加工しているとのこと。

2016-09-10-16-23-24

デザイン性の高いアイテムに、機能性のある生地を組み合わせている。写真にあるジージャンは、ストレッチ素材が贅沢に使われている。ほかにも、日本の方が好むようなこだわりのあるアイテムがたくさんあった。

 

Joy & mario

これぞマレーシアシューズブランド。どことなく、ジミーチュウに似た華やかさを感じる。ただ、カジュアル路線である。メンズカジュアルのシューズは、レディースほど煌びやかなものは少ない。これは、世界のトレンドで、よりキラキラした靴は、ゲイ好みとなるためだ。

2016-09-10-15-33-40

日本でみたことのないデザインのシューズが並ぶ。ビーチで似合いそうなシューズ。

2016-09-10-15-33-47-1

 

Domanchi

シンガポールブランドショップ。どことなく、中華系のデザインが特徴。価格もそれほど高くはない。

2016-09-10-15-41-09

ジミーチュウもかつて、ペイズリー模様を使ったアイテムを展開していた。ジャケットの展開も多く、パーティに合いそうなデザインが豊富。

2016-09-10-15-40-50

 

G2000

日本にまだ展開していない台湾ブランド。綺麗目カジュアルな商品が多数取り扱われている。おすすめは、ノーカラーのポロシャツ。ノーカラーを最近ファストファッションでよく見るようになったが、ポロシャツ生地のタイプはあまりみたことがない。購入を考えたが、お店にお客がたくさん来ていたため、試着できなかった。

2016-09-10-15-26-00

 

Cotton on

オーストラリアブランド。価格が安い。とにかく安くてシンプルなデザインの服が手にはいる。おすすめは、無地Tシャツ。オーストラリアブランドであるため、丈が長いのが特徴。日本人ならSサイズでもぴったりだろう。2着買えば3,000円くらいで買える。

 

TOP SHOP

日本にも展開を始めたTOPSHOP。品揃えがよかったため、まとめに入れた。TOP SHOPおすすめは、へんリーネックTシャツ。生地ものびにくく、乾きやすい。サイズ感も豊富で、リーズナブル。立ち寄るべきショップだ。店員さんもフレンドリーで、日本人だというと、テンションがあがっていた。

お店も広いので、のんびり買い物もできる。

 

クアラルンプール、ミッドベリーは進化している

イオンもはいっている

日系のモールなのか、1階にはイオンのスーパーが入っていた。最近、リニューアルした部分もあるなど日々進化を続けているビックモール。クアラルンプールを訪れたのであれば、かならず立ち寄るべきモールだ。