英語上達完全マップとオンライン英会話を使って、独学で英会話力をつける5つのステップ

英語上達完全マップとオンライン英会話を組み合わせれば、必ず日本に居るだけで英語を話せるようになる。僕が英語上達完全マップで学習した当時は、まだオンライン英会話がそれほど有名になっていなかったため、英語を話す時間を作る事に苦労した。

今は、英語を話す機会を簡単に作る事ができる。英語上達完全マップ+オンライン英会話を使った勉強スケジュールを紹介する。

英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在

 

英語上達完全マップとオンライン英会話で、英会話を独学で習得する

絶対的にアウトプットの回数が足りない

英語上達完全マップをやったことがある人はわかるだろうが、圧倒的にアウトプットの回数が少ない。どんどん瞬間英作文は、アウトプットの機会をセルフで作り、英語を話すためのフレーズを暗唱するものだった。音読パッケーシも音読を通して、アウトプットさせる学習法だ。

しかし、どれも英会話をする上で、アウトプット不足なのは否めない。話す力をつけるには、話す機会を作らなけらば絶対的な回数が足りない。

 

01

オンライン英会話で、アウトプットする機会をセルフでつくる

アウトプットする機会は、オンラインで簡単につくることができる。高い渡航費を払う留学や、日本からきた外国人が副業としてやっているグループワークの英語教室に通うことなく、インターネットで手軽に英会話ができる。

それも、無料体験レッスンを各会社で受ければ、1ヶ月近くは毎日無料で英語のレッスンが受けられるのだ。もはや、留学や怪しい英会話レッスンを受けずに英会話は上達できる。

【最新】スカイプで無料オンライン英会話レッスンを1ヶ月やって、英語を上達させる完全マップ

 

英会話は独学で勉強できる時代

英語完全上達マップで基礎から英会話に必要な知識をインプットする。話すために絶対に必要な情報を適切なタイミングでインプットすると同時に、無料英会話レッスンを使って、知識をアウトプットする。このプロセスをすれば、独学で日本にいながら必ず英語は話せるようになる。

 

具体的な実際のスケジュール

英語上達完全マップの勉強法による知識のインプットとオンライン英会話による英語のアウトプットによって、英会話力を劇的にアップさせる。これをすれば、簡単に英語が話せるようなるイメージはできたはず。具体的なスケジュールが以下。

 

st. 英語学習の準備

一週間で中学英文の総復習をする

一週間かけて、基本的な中学英語を復習する。最低2冊をさらっと読むことで中学英文を復習する。

たった3ヶ月の独学で英語が話せるようになるための3つのテキスト

 

使うべきテキスト

中学英文法の復習として使えるのが、この2冊。どんどん話すための瞬間英作文は言わずと知れた良書としてここ数年間、かなりの売上をあげている。英語を話すためにはこのテキストは外せない。

1

▶︎どんどん話すための瞬間英作文

 

中学3年間の英文法を10時間で復習する本なら時間をかけずにさらっと復習できる。テキストは基本的に自分の好みで選ぶべき。復習することがメイン。

2▶︎中学3年間の英文法を10時間で復習する本

 

nd. 英語を話してみる

オンライン英会話の無料体験を使って英語を話してみる。今の時点でどれだけ自分が英語を話すことができるのか。または、どれだけ英語が話せないのか知っておく必要がある。知るためのツールとして、オンライン英会話の無料体験レッスンを1回受ける。これがもっとも必要な作業。

一回目にオススメなのが、オンライン英会話hanaso。ここは、無料体験を受けた後、わずらわしい広告メールがこない。また、人にもよるだろうが、先生の対応もとても丁寧だった。初めてのオンライン体験に適している。

▶︎オンライン英会話hanaso

 

一度オンライン英会話を受ける理由

これまで英会話をやってこなかった人なら、全く話せないだろう。できるのは自己紹介ぐらい、いまの時点で何も英語が話せないことを確認するためにやる。

 

 話せないのが当たり前だと思い知る

ゼロからのスタートであることを意識する。最初から話せる人はいない。だからこそ、絶対に話せるようになってやるという気持ちを持つことが、最大のモチベーションになる。

 

恥じらいを楽しむ

ここで話せない恥ずかしさを体験しよう。オンラインの画面にいる先生は、日本から遥か離れた異国から授業をしている。また出会うことはまずない。会うことのない人に対して恥じらう意味はないはずた。恥じらうことなく、どんどん話すべき

 

 rd. 本格的に勉強する

一度目のオンライン英会話の体験から、自分がどれほど英語が話せないのか痛感したはず。その悔しさを英語勉強に活かす。ここで、英語が話せないことに落胆し諦めてしまうような人間には、英語は話せるようにはならない。悔しさをモチベーションに変えられるホジティブさが必要。

 

オンライン英会話の体験を振り返る

英語を話そうと試みたが、自分の言いたいことが言えなかった。なぜ、その語がいえなかったのか分析することで、これから自分がどのようにして英語を学習していくのかプロセスを立てることができる。

たとえば、その単語を知らなかった場合や文法を復習しきれていないため分の構成の仕方がわからないなど、さまざまな理由があるはず。なぜ話せないのか、何が原因かを徹底的に分析すると自分がやるべき英語学習が見えてくる。

 

きなかったことを克服するためにテキストをインプット

できなかったことを克服するために知識をインプットする。

どんどん話すための瞬間英作文では、基本的な英文を反復しながらフレーズを暗記する。自分の頭の中で英作文を作るためにやる。

瞬間英作文を挫折した人へ、英語を話せる人の英会話6つのテクニックを紹介する

 

中学3年間の英文法を10時間で復習する本では、基礎文法を総復習できる。英会話だけなら、この英文法を知っておけば十分だ。

 

 

th. インプットした知識のアウトプット

本格的に勉強してインプットした英語の知識を、オンライン英会話を使ってアウトプットする。ある程度インプットに時間を使った後は、オンライン英会話の定期会員になることをおすすめする。

NativeCampなら24時間、予約をとらずにオンライン英会話が受けられる。特に、スマホアプリはオススメだ。スキマ時間に簡単につなぐことができ、友人と電話をする感覚で続けられる。スキマ時間を使って、アウトプットの機会を増やす。無料体験を何度かすることで、自分の好きなオンライン会社をみつけるのがコツ。

▶︎NativeCamp

どんどん瞬間英作文で勉強したページを無理やり会話で使う

Part1で取り組んだ❶を会話の中で使うというように使うフレーズを決めておく。一度使えば、二回目、三回目と簡単に口に出せるようになる。英会話は、表現を増やしていく積み重ね。苦手な表現であればあるほど、実際の会話で使うと効果が発揮される。簡単に自分の使える表現が増えていく。

1

 

 

th. 英語学習を習慣化させる

勉強することを習慣化させる。絶対にやってはいけないのが、途中でやめてしまうこと、せっかく、英語を勉強し始めたのなら、自分の描くゴールまて辿りつかせよう。

 

アウトプットの機会を確保する

インプットは、テキストを開けば簡単に時間を作ることができるが、アウトプットは話し相手が必要になる。アウトプットの機会を確保することが重要になる。

おすすめは、自分ん好みの先生を探し回ること。無料体験レッスンを通して、オンライン英会話をひたすら体験していく。無料であるため、費用もかからない、かつ、英語を話す機会が増えていく。さらに、会社ごとの違いがわかってくるため比較しやすい。

 

最新テキスト・サービスを使う

最新のテキストとサービスを使って学習をしよう。はっきり言って、テキストのみを使って勉強するだけの学習は時代遅れ。スタディサプリ ENGLISHなどのアプリを使って、最高の学習環境を作ろう。英語学習の良質なサービスを使って、より早く、効率よく、自分の思い描くゴールへたどり着かせよう

▷ 【2017年】英語上達完全マップを最新テキストとサービスで、もう一度

 

 

英語学習に行き詰まりを感じたら

英語パーソナルトレーニング

一人で勉強するのが苦手な人、 長続きしない人は、英語のパーソナルトレーニングを受けてみるのはどうだろうか。いまやイングリッシュジムと呼ばれるトレーニング施設が続々と登場している。

独学は、常に不安がつきまとう。このまま勉強を続けても伸びるだろうか。自分はこれだけ勉強したのに全く伸びていない。そういった不安や焦りをパーソナルトレーナーのカウンセリングでクリアにさせよう。無料相談や体験レッスンなど無料のツールをうまくべきだ。

英語パーソナルトレーニングができるイングリッシュジムまとめ