純日本人が英語の発音を矯正して、ネイティブのように上手くなる勉強方法

発音を極めよう。英語の発音が綺麗なだけで、初対面の印象が変わってくる。純日本人がネイティブのような発音を手に入れるには、相当な努力が必要だ。海外で生活しているからといって、発音が綺麗になるわけでもない。綺麗な発音は、正しい発声方法を覚え、何度も矯正していくことで身につけることができる。

アメリカ英語の発音に特化した会得方法をまとめる。


英語の発音が悪いとバカにされる

 

 バカにされたWorkとWalk

僕が一番最初にアメリカでバカにされたのが “work” と “walk” の発音だった。「働く」と言いたかったのに、「歩く」と勘違いされて、話がかみ合わなかった。カタカナ表記の場合、「ワーク」と「ウォーク」だが、実際の英語の発音だと全く異なる。

きちんと発音を矯正したつもりで、渡米したのにもかかわらず、初歩的な発音でバカにされたのがとても悔しかった。僕は、この出来事がきっかけで、発音を極めるようになった。そのおかげで今では、初対面の人に必ずと言って良いほど褒められる。もちろんお世辞も含めてだが。

 

 やっぱり綺麗な発音の方が伝わりやすい

やはり綺麗な発音である方が望ましい。何を言っているかわからないほどお国訛りの英語で話されるよりも、聞き取りやすい発音の方が伝わる。

ビジネスシーンにおいて、綺麗な発音は、好印象につながる。伝わりやすい綺麗な発音であれば、伝わりにくい訛りの英語を話されるよりも仕事ができる人に見られる。最低限の発音矯正は必要。

 

2

 


正しい発声を身につけて矯正する

 

 海外に住んでいても発音は綺麗にならない

海外生活が長いことが、必ずしも、英語の発音が綺麗なこととは比例しない。これは、日本に移住している外国人を例にとるとイメージしやすい。彼らが長期間、日本に住んでいるからといって発音が上手いかといえばそうではない。

言葉の発音は、正しい発声方法を覚え、何度も矯正していかなければ、下手な発音のままだ。

 

 ネイティブには発音できない理由がわからない

英語の発音を矯正するために、発声方法を英語のネイティブスピーカーに聞いても無駄である。なぜなら、彼らは、物心ついた頃から英語を話すことができるためだ。私たち日本人が、当たり前のように日本語を発音できることと同じ。

無意識に発音できるため、僕たちが、なぜ、その音が出せないのかわからない。言葉の発音の仕方は、国によって異なる。使う筋肉が違うため、簡単には音が出せないのだ。

 

3

 


綺麗な発音を身につけるイメージ

 

 カラオケのモノマネをするイメージ

発音は、モノマネをする感覚。カラオケで好きな歌手の歌を歌うとき、何度もその歌を聞いて練習する。そのボーカルの歌い方の特徴をマネするように、英語の発音を「音」として捉え、特徴をつかむことで上手に歌えるようになる。

英語の発音も同じ感覚で練習する。英文を何度もリスニングし、正しい発声の仕方でシャドーイングすることで、ネイティブスピーカーの発音に寄せることができる。

 

 第二外国語として英語を勉強した人の知恵を借りる

英語の発音は、第二外国語として英語を勉強した人に聞くのが効率が良い。英語の発音を勉強していた人には、その苦労がよくわかっている。

正しい発声の仕方をどうマスターしたのか細かく聞く。例えば、下の使い方や、口の中での筋肉の動きや口の開け方の違いなど、第二外国語として学習した人だからこそわかる微妙な力加減を知っているためだ。

 

 

英語の発音を綺麗にする練習方法