純日本人が英語の発音を矯正して、ネイティブのように上手くなる勉強方法

発音を極めよう。英語の発音が綺麗なだけで、初対面の印象が変わってくる。純日本人がネイティブのような発音を手に入れるには、相当な努力が必要だ。海外で生活しているからといって、発音が綺麗になるわけでもない。綺麗な発音は、正しい発声方法を覚え、何度も矯正していくことで身につけることができる。

アメリカ英語の発音に特化した会得方法をまとめる。

 

英語の発音が悪いと伝わらない

バカにされたWorkとWalk

僕が一番最初にアメリカでバカにされたのが “work” と “walk” の発音だった。「働く」と言いたかったのに、「歩く」と勘違いされて、話がかみ合わなかった。カタカナ表記の場合、「ワーク」と「ウォーク」だが、実際の英語の発音だと全く異なる。

きちんと発音を矯正したつもりで、渡米したのにもかかわらず、初歩的な発音でバカにされたのがとても悔しかった。僕は、この出来事がきっかけで、発音を極めるようになった。そのおかげで今では、初対面の人に必ずと言って良いほど褒められる。もちろんお世辞も含めてだが。

 

やっぱり綺麗な発音の方が伝わりやすい

やはり綺麗な発音である方が望ましい。何を言っているかわからないほどお国訛りの英語で話されるよりも、聞き取りやすい発音の方が伝わる。

ビジネスシーンにおいて、綺麗な発音は、好印象につながる。伝わりやすい綺麗な発音であれば、伝わりにくい訛りの英語を話されるよりも仕事ができる人に見られる。最低限の発音矯正は必要。

 

国別英語ニュースまとめ

英語は、国によってさまざま。よりグローバルな世の中を渡り歩くには、その国々の訛りの特徴を知っておくのがよい。国別の英語の発音の「癖」をまとめてみた。

 

アメリカ


アメリカ英語は、” Broken english ” といわれるように、崩してある。日本は、アメリカ英語をベースとして義務教育を行っている。しかし、アメリカ英語のリアルな会話スピードをリスニングできる人は、あまりいない。

 

カナダ


カナダの英語は、アメリカ英語よりもゆったり発音してくれるイメージ。発音自体は、アメリカと変わりはないが、若干、はっきりと発音している。実は、日本の英語テキストの音源をカナダの人が担当していることが多い。

 

イギリス


イギリスは、アイルランド、スコットランド、イングランドと大きく分けて3つに分かれる。「高貴な」英語だと言われるように、紳士的表現を間に挟む。アメリカ英語との違いは山ほどあるが、特に” R ” の口と舌の使い方が異なる。

 

オーストラリア


オージーの英語は、イギリス寄り。” Good day, mate ” 「グダイマイト」はオーストラリアの象徴。アメリカでいう ” a ” 「エイ」の発音を、オーストラリアでは、「ア」で発音する。

ミランダカーもオーストラリア出身。彼女のように、別の国で仕事をしているような外国人は、その国の発音に近づける。日本の地方出身タレントが、標準語でテレビに出ているのと同じ感覚。

 

フィリピン

アメリカ、スペインの領であったフィリピン。義務教育も全て英語でなされているため、公用語は英語。もともと200以上もの島からなるフィリピンは、島によって使う言語も異なる。そのため、島違いの人の言葉は、ほとんど通じない。

ローカルな人は、少しスパニッシュ寄りの英語を使う。フィリピン英語は訛っているから、と揶揄する日本人もいるが、日本人の英語のほうがよっぽど訛っている。

 

シンガポール 

シンガポール英語は、若干中国系の発音が混ざっている。中国系、ネイティブマレーシア、韓国系と多彩な人種であるためだろう。シンガポールは小さな国だが、いまやアジアの貿易ハブとなった。英語が公用語であるため、ローカルな人も英語が話せる。

 

タイ バンコク

タイは、タイ語が主流であるため、旅行ではあまり英語が通じない。だが、近年の経済発展により、英語を使える人も増えてきた。

日本語よりも英語が通じるが、あまり流暢ではない。ホテルのフロント、タクシーの運転手は、知っている単語を並べてコミュニケーションをとる感覚。

 

韓国 ソウル

1

韓国の英語は、聞き取りやすい。実は、日本人より韓国人の方が英語が上手く、TOEICの平均点数も100点以上、日本よりも高い。国策として、グローバル人材の育成に力をいれていることも関係している。

ソウルのショッピングセンター、公共交通機関では、ほぼ英語が通じるし、綺麗な発音で聞き取りやすい。タクシーの運転手など、反日な人もいるので注意。(ニュースを読んでいる人は、アメリカ英語の綺麗な発音をしている)

 

ハワイ 

ハワイの英語は、ゆったりしている。日本の観光客が多数訪れるため、現地では日本語が通じる。どの国も訛っているから気にしなくてよい。英語は、どの国も鈍っている。正解はないし、不正解もない。

日本にも方言が存在するように、訛りは国の特徴。訛りの特徴をつかんで、円滑なコミュニケーションをとろう。

 

日本

出川イングリッシュまとめ。英語は、気持ち。コミュケーションをとるためのツールとして、英語を学ぼう。

 

理想の発声を身につけて矯正する

海外に住んでいても発音は綺麗にならない

海外生活が長いことが、必ずしも、英語の発音が綺麗なこととは比例しない。これは、日本に移住している外国人を例にとるとイメージしやすい。彼らが長期間、日本に住んでいるからといって発音が上手いかといえばそうではない。

言葉の発音は、正しい発声方法を覚え、何度も矯正していかなければ、下手な発音のままだ。

 

ネイティブには発音できない理由がわからない

英語の発音を矯正するために、発声方法を英語のネイティブスピーカーに聞いても無駄である。なぜなら、彼らは、物心ついた頃から英語を話すことができるためだ。私たち日本人が、当たり前のように日本語を発音できることと同じ。

無意識に発音できるため、僕たちが、なぜ、その音が出せないのかわからない。言葉の発音の仕方は、国によって異なる。使う筋肉が違うため、簡単には音が出せないのだ。

 

綺麗な発音を身につけるイメージ

カラオケのモノマネをするイメージ

発音は、モノマネをする感覚。カラオケで好きな歌手の歌を歌うとき、何度もその歌を聞いて練習する。そのボーカルの歌い方の特徴をマネするように、英語の発音を「音」として捉え、特徴をつかむことで上手に歌えるようになる。

英語の発音も同じ感覚で練習する。英文を何度もリスニングし、正しい発声の仕方でシャドーイングすることで、ネイティブスピーカーの発音に寄せることができる。

 

第二外国語として英語を勉強した人の知恵を借りる

英語の発音は、第二外国語として英語を勉強した人に聞くのが効率が良い。英語の発音を勉強していた人には、その苦労がよくわかっている。

正しい発声の仕方をどうマスターしたのか細かく聞く。例えば、下の使い方や、口の中での筋肉の動きや口の開け方の違いなど、第二外国語として学習した人だからこそわかる微妙な力加減を知っているためだ。

 

英語の発音を矯正して綺麗にする練習方法

発音を矯正する3つのステップ

発音矯正テキストで基本をマスターする

シャドーイングをして口の筋肉と感覚を鍛える

実践で試しながら弱点を克服する

 

発音矯正テキストで基本をマスターする

英語の専門家で、発音学習を極めた方の知恵を借りる。純日本人が発声するためには、どう口の形を作って、どのような力加減で息を出すのか詳しく知る必要がある。

特に、発音記号を知ることは役に立つ。発音記号を知っておけば、初見の単語にであったとしても、辞書で調べれば発音がわかる。また、ある程度勉強を進めていけば、フォニックスの感覚がつかめるため、発音記号なしでも発音がわかるようになる。ちなみに、ネイティブには、発音記号は存在しない。小さい頃にフォニックスを習うためだ。

使った教材は3冊。まずは、「英語のリスニングは発音力で決まる!」で感覚を養って、次に、「超低速メソッド英語発音トレーニング」で発音したときの音の変化を知る。そして、「フォニックス<発音>トレーニング」で初見の単語でも読み方がわかるようにトレーニングする。

▷ 英語のリスニングは発音力で決まる!の使い方

3

▶︎ 英語のリスニングは発音力で決まる!

 

▷ フォニックストレーニング!ジュミック今井で発音を鍛える

5

▶︎ フォニックス<発音>トレーニング

 

発音を学習するおすすめのテキストまとめ

おすすめの6つのテキストは、以下にまとめた。

▷ ネイティブの発音を身につける、6つのおすすめテキストとサウスピーク留学

 

シャドーイングをして口の筋肉と感覚を鍛える 

基本の口の形と発音記号を習得した後は、何度も発声することで、口の筋肉と無意識に口の形ができるようにトレーニングする。野球の練習で素振りをするイメージで、自分のフォームをチェックしながら理想の形を手にいれる。

何度も発音していくと、会話の中で口の形を作ることができてくる。中でも、音読学習で正しい口の形を覚えておくのが良い。

一番のオススメは、「究極の英単語 SVL Vol.1 初級の3000語」。この教材は、英単語帳だが、発音矯正のアウトプットに丁度良い。CDを聞きながら例文を何度もシャドーイングすることで、口の形と筋肉を矯正できる。

 

▷ おすすめの単語帳は?7つの単語帳をやってみて、究極の英単語シリーズを一番推すワケ

11

▶︎ 究極の英単語 SVL Vol.1 初級の3000語

 

 

実践で試しながら弱点を克服する

実際の会話で、相手に聞き返された内容を分析する。どの音が自分にとって苦手なのか実践を通して感じ取ることも大事。練習では上手くいっていたバッティングフォームも、試合で実践するときは感覚が違ってくる。

この時、なぜ聞き取ってもらえなかったのかきちんと分析する。相手に伝わらなかった理由が、外的要因と内的要因によって異なるアプローチをすべき。

 

・自分の発音が間違う

・自分のイントネーション、間の取り方が違う

・自分の単純に声が小さい

・相手の単語力がない

・相手が話を聞いていない

・イギリス、アメリカ英語の違い

 

アメリカとイギリスの英語は、似ているようで違う。どちらの国もプライドがあるので、自国の英語が正しい英語だと主張する。

有名な例えだが、アメリカで消しゴムは、” eraser “。イギリスでは、” rubber “という。しかし、アメリカでは、” rubber ” は、コンドームのこと。

ヨーロッパの人は、イギリス英語を学ぶことが多いため、授業中にコンドーム貸してくれといわないようにとジョークを言うアメリカの先生がいた。

 

最終確認は、Google翻訳を使おう

自分が正しい発音ができているかできていないかは、Google翻訳のアプリを使う。Google翻訳を英語⇨日本語の設定にして、言いたい英語を話してみる。その発音があっていれば、きちんと翻訳されるし、合っていなければ、あなたの発音にクセがある。最終確認として練習するには十分なアプリだ。

▶︎ Google翻訳

 

発音をするときに気をつけること

自分が思っている以上に大袈裟に発音する

Rの発音が正しいはずなのに、上手く伝わらない。自分の中では、完璧に発音しているつもりなのに、相手に聞き取ってもらえないことがある。そんなときは、オーバーに発音すべき。自分が思っている以上に強調して発音すると、ネイティブのような発音に余韻を残すことができる。

特に子音とRの音が弱い日本人が多い。例えば、 ” th ” の発音。舌を軽く噛んで発音するのだが、息を他のアルファベットより2倍長く強調して出す。自分が上手く発音できていない語を強調して出すことで、自然とその音を出せるようになってくる。

 

一気には伸びない

自分はできていると思っていたのが、実際はできていない。何度も修正を重ねて、ネイティブに近づける。モノマネを練習する感覚で、より本物に近づけるために何度もなんどもトライすること意識を持つ。長期で修正する心構え。

僕は、英語学習を本格的にスタートさせてから1年くらいで褒められるようになった。自分の中では、発音に自信があっても、なかなか伸びない。長い目で矯正していくことが大事。

 

どこの国も訛っている

英語に正解はない。イギリス英語のようにアクセントがしっかりしたものあればアメリカ英語のようにブロークンなものもあるし、フィリピンでは、スペイン語に似た英語の訛りがある。どれも英語。

僕たち日本人が、田舎のおばあちゃんの訛りの強い方言を聞いて驚くのと同じように、アメリカ人がイギリスに行くとイギリスの英語に違和感を覚える。英語にも個性があることを忘れないでおく。

この国によって違う訛りの差が理解できるくらい発音を極める。違いがわかれば、自分の発音が間違っていることも気づくことができる。間違えばわかれば、自分で自分の発音を修正できるようになる。

 

ネイティブの発音に近づけることはできる

ネイティブスピーカーのように完璧に再現することは難しい。しかし、近づけることはできる。

 

発音を矯正する3つのステップ

・発音矯正テキストで基本をマスターする

・シャドーイングをして口の筋肉と感覚を鍛える

・実践で試しながら弱点を克服する

 

最新テキスト・サービスを使う

最新のテキストとサービスを使って学習をしよう。はっきり言って、テキストのみを使って勉強するだけの学習は時代遅れ。スタディサプリ ENGLISHなどのアプリを使って、最高の学習環境を作ろう。英語学習の良質なサービスを使って、より早く、効率よく、自分の思い描くゴールへたどり着かせよう

▷ 【2017年】英語上達完全マップを最新テキストとサービスで、もう一度

独学で英語を学ぶ

国際交流だけでは、ものたりない。もう少し、真剣に英語を学びたいのなら、方法はたくさんある。僕は、独学で英語を学びなおした後に、アメリカへ渡った。その後、フィリピン、オーストラリアと数ヶ月間海外で過ごし、今に至る。そのときの勉強スケジュールが以下にまとめてある

▷ 英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在

 

英語学習に行き詰まりを感じたら

独学は、常に不安がつきまとう。このまま勉強を続けても伸びるだろうか。自分はこれだけ勉強したのに全く伸びていない。そういった不安や焦りをパーソナルトレーナーのカウンセリングでクリアにさせよう。

今では、オンラインで無料相談をしてくれるサービスまである。無料の相談をして、有料のコンテンツを利用しなければお金は全くかからない。無料相談や体験レッスンなどを以下にまとめた。

▷ 英語パーソナルトレーニングができるイングリッシュジムまとめ