最新の情報収集アプリ7選 + Feedlyで読むべきwebニュース15選

情報は、生きる上で欠かせないツール。今も昔もかわらず、情報を持っているものが勝つ。どこの会社に勤めようと、どんな仕事をしようと、情報収集は欠かせない。今回は、おすすめの情報収集の方法を紹介する。


押さえておくべきニュースアプリ

 

 毎日チェックしたいおすすめアプリ

▶︎ newspicks

ビジネスマンに最適なニュースアプリ。経済状況から、いま熱いサービスの紹介など取り扱いが広い。FacebookやtwitterなどSNSとの連携も強化されている。ニュースのSNS。じぶんが興味をもった記事に対してのコメントをフォロワー同士で共有出来る。起業家、ビジネスマン、評論家、政治家など有名な人も多く使っている。

 

▶︎ antena

ドレンドをおさえたいならantena。最新のアイテムやサービズ、イベントをチェックしよう。どちらかといえば女性向けに作られてたアプリであるため、写真や映像がメイン。雑誌感覚でトレンディなアイテム情報を得られる。

 

     

▶︎ Line news

SmartNews、グノシー、LineNewsなどはエンタメに強いニュースアプリ。個人的には、広告の少なく、いち早くエンタメ情報を配信してくれる linenews がおすすめ。

 

▶︎ FashionSquare

メンズファッションのトレンドなら、このアプリ。最新のアイテムをチェックすることもできるし、ブランド別に選択することで、自分だけのお気に位入りブランドニュースにカスタムできる。

 

▶︎ TechCrunch

最新のガジェット情報ならシリコンバレーから直送すべき。TechCrunch ならアメリカ西海岸初のベンチャーや新しい機器の紹介をみることができる。ただし、英語。日本語に翻訳される前に、英語で最新情報を手にいれよう。

 

 

 

▶︎ GlobalEnglish 日経版

英語で新聞を読もう。日経新聞のグローバル版を読むことで、ビジネス英語力を伸ばす。もちろん、新聞は英字で書かれてある。英語で情報収集する習慣を身に付けたいなら日経新聞を英語で読むべき。

 


最新情報ならFeedlyで集めるのが便利

 Feedly

 

1

▶︎Feedly

 

かつて、新聞を読むことは、社会人にとって当たり前の習慣だった。しかし、よりスピードが求められる現代において、新聞での情報収集だけでは物足りなさを感じるようになった。随時、最新の情報を取り入れなければどんどん世の中から置いていかれてしまう。

 

そのような時間のない人たちにとって嬉しいアプリがある。それがFeedlyだ。Freedlyは、登録したwebサイトの更新情報をまとめてくれる、いわば自分好みにカスタマイズできるキュレーションアプリだ。

 

ここにお気に入りのニュースwebや新聞会社のサイトを登録しておけば、随時、アプリに最新の情報があがてくる。いちいち各ニュースwebに飛ぶ必要がない。

 

1

 

 

 FeedlyとGoogleアラートを組み合わせて情報をもらさない

Googleアラートで、気になるキーワードを登録しておけば、検索をしなくてもそのキーワードで沸騰している情報サイトに飛ぶこともできる。

 

Googleアラートの便利なポイントは、Feedlyで登録したキーワードを閲覧することができる。

 

お気に入りのwebで情報収集した後、気になるキーワードでも抜けなく最新の情報にたどり着ける。同じwebサイトばかりを見て、偏るのではなく、常に最新の情報まで手に入れることができる。

 

 

2

 


登録すべきwebサイト

 

直感で、いいなと思うwebを片っ端から登録することをおすすめする。もし、気に入らない記事が多ければ、登録を解除すれば済む話。お気に入りのキュレーションをつくり、自分だけの良質なニュースを作ると便利だ。

 

 ニュース7選

1. 日経トレンディ 最近のトレンドをおさえる

5

 

 

2. キズモード アメリカトレンドニュースの翻訳記事

 

4

 

 

3.東洋経済 おすすめニュースweb

 

6

 

 

4. IT media IT全般

 

7

 

 

5. IoT 最新のモノのEC

 

8

 

 

6. WIRED WIRED日本版

 

9

 

 

7. 現代ビジネス 評論記事

 

10

 

 

 

 アメリカビジネスニュース

王道のニュースwebは、よくとりあげられているので、あまり知られていないであろうAbroaderおすすめのwebサイトを厳選する。

 

1. The muse ビジネスキャリア

 

11

 

 

2. 99U クリエイティヴアイディア

 

12

 

 

3. Harvard ビジネス全般

 

13

 

 

4. Lifehacker lifehackerのアメリカ版

 

14

 

 

5. Mashable ニュース・エンタメ全般

 

15

 

 

7. 9to5Mac apple製品の最新情報

 

16

 

 

 

8. WIRED

 

17

 

 

 


最新の情報は全て英文

世界の公用語として使われる英語。最新の論文は全て英語で発表される。世界から見るよ日本はマイノリティーだ。まだまだ、世の中には日本語に翻訳されていない最新の情報がごまんと存在する。

裏を返せば、日本語に翻訳される前に新しい情報を手に入れることができれば、その貴重な情報をもとにビジネス展開できる。その道の日本での先駆者になれる。

効率よく情報をインプットしよう。そして、その情報を使いこなす。Feedlyがあれば、無理なく短時間で一気に最新のニュースが手に入る。

▷ 最新の情報収集アプリ7選 + Feedlyで読むべきwebニュース15選

▷ 英語ニュース・ブログを毎日チェックして情報収集。Feedly海外おすすめサイト45選

▷ 情報収集としてテレビをみることはありか?趣味としてみるおすすめのTV番組まとめ

▷ 日本を出たいと思った時に読んでおきたい、日本の現状がわかる本7選