たった3ヶ月の独学で英語が話せるようになるための勉強法3つのテキスト

英会話は独学で勉強できる。ある程度は。英語を話せるようになりたい。数年前まで、英語を話せることはそれだけで価値があり、世の人は、そのスキルを持つ人材に憧れをいだくほどだった。僕もその一人でだった。学生のとき、アメリカに旅行した際、ガイドの男性が、流暢に英語を話して会話していたのを見て、かっこよさを感じていた。

しかし、現在、「英語を話すこと」は以前よりも容易に身につけることのできるスキルとなった。町の本屋の一画には、英語学習専用のコーナーがあるなど、数千もの英語テキストが世の中に散在している。このテキストをうまく使いこなすことで、自分の理想とする「英語を話すスキル」を実現できる。

 

英語は、たった3ヶ月で話せるようになる

英語は、3ヶ月で話せるようになれる。僕は3ヶ月で英語が話せるようになった。効率的な勉強を、必要なだけ集中して取り組むことで、簡単に英会話ができるレベルに達する。ただ、ここでいう「英語を話せるスキル」は、ただ会話ができるようになることではない。英語を話すときの発音に気をつけながら、文章表現で会話をするスキルを指す。

 

・単語を羅列するのではなく、文章を作って会話をする

・日本語英語ではなく、かっこいいアメリカ英語の発音

 

アメリカに旅行に行って、自分の好きなものを買ったり、現地人と軽く会話ができるレベルの英語だ。この程度の英語レベルであれば、3ヶ月もあれば取得できる。

やっぱり、英語を話せるようになるにはかっこいい発音で、流暢な会話ができるようになりたい、と常々思っていた僕は、とくに発音会話に力をいれた。このスキルを3ヶ月でマスターするために、実際に僕がやったプロセスを紹介する。

この方法を真似すれば、誰でも簡単に英語が話せるようになると僕は考えている。なぜなら、かつて僕はセンター試験の英語で95点しかとれなかったからだ。そう。僕にとって英語の教科が最も嫌いな科目で、一番苦手な教科だったのだ。そんな僕にでも英語を話せるようになった。そう考えてみると簡単さが伝わるだろう。

▷ 英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在

正直にいうと、ここでいう話せるレベルというのは、海外旅行で英語が使える程度のレベル。もし、より高いレベルの英語力が欲しければ、もっと時間をかけなければならない。

 

3ヶ月で英語を話すために使った3つのテキスト

英語を話すためのトレーニングをする

要は、「話すこと」と「発音矯正」のトレーニングを3ヶ月行った。短期で話す力をマスターするのに余計な勉強はいらない。

よく、語彙力がないからと単語を勉強する人がいるが、全くもってよく意味がわからない。ゴルフが上達したいからといって、初っ端から高級なクラブを揃えるのと同じくらい必要のないことだ。最も必要なことは、簡単な表現でいいから、「英語を話せる」ようになることだ。日常会話にハイレベルな単語は必要ない。会話では、シンプルな表現が使われているからだ。

自分の思い描いたスイングができ、かつ、イメージした通りにボールの角度や位置、タイミングでフェイスに当てることでまっすぐボールを飛ばすのだ。理想とする形を描けるようになって、初めて自分にあった道具を選ぶできだ。

 

3ヶ月で3つのテキストを完璧に終わらせる

1. 英語を話すためのテキスト

3ヶ月勉強すると英語を使って会話をすることが、どれほど簡単なことか実感してくる。主に、3ヶ月で注力するのが、「英語を話す」トレーニングだ。「話す」ことに全時間を注ぐことで、その力を身につける。これから、僕が実際に使ったテキストを紹介していく。

 

1

▶︎どんどん瞬間英作文

 

瞬間英作文の王道テキスト。このテキストで、「話す力」を鍛えることができる。最も基本の英会話を丸暗記することで、会話での返答ができるようになろうという主旨。このテキストに載っている表現を丸暗記する間に、ベースの会話に必要な文法を復習することで、バライティに富んだ表現をするための基礎をつくる。

丸暗記した表現を会話にあわせて、自分の話したい内容に主語や動詞を変えていく。その基礎を徹底的にマスターするためのテキストである。

 

2. 英語を話すための文法

2

▶︎中学3年間の英文法を10時間で復習する本

英会話の中で使われる文法は、シンプルなものしかない。必要な範囲の文法を10時間で復習するできるため、役にたった。

中学英文法を復習する理由は、暗記をした文をベースに、頭の中で英文を組み替えるための知識をつけるためだ。この会話は、主語が私ではなくあなたであったり、動詞や述語の変化を理解するために行う。

 

3. 最低限聞き取ってもらうための発音

3

▶︎英語のリスニングは発音力で決まる!

発音を綺麗にしたければ、初めから力をいれるべきである。一番始めに発音を矯正することで、不自然なクセや発音の間違えに気づくことができる。違いに気づくことができれば、学習を続けていく中で修正していくことができる。

発音は、すぐすぐ綺麗にすることはできない。日々使っていくことで、音を合わせていく感覚だ。ボイスレコーダーやムービーで録音しながら自分の音を聞くことで、綺麗な発音を身につけることができる。

 

より強い意志で学習をやり遂げる

これが僕が学生時代に、3ヶ月英語を話すためのトレーニングをしたときにつかったテキスト。シンプルに考えると、これだけのテキストをやるだけで、「英語を話す」という憧れを実現できるのだ。

以上の3冊は、英語を話せるようになるために最も必要なテキストだ。短文暗唱で「英語を話す表現」を頭にストックし、会話にのみフォーカスをした文法を復習することで表現のバリエーションを増やす。また、正しい発声の方法を身につけることで、綺麗な聞き取りやすい発音にできる。

 

正直、テキストはなんだっていい

自分に合ったテキストを選ぶ

テキストはどれを使ってもいい。一番重要なのは、自分が今どこのレベルにいて、どういったトレーニングや知識が必要なのか把握すること。もし、あなたが、ビギナーレベルなのに、高校英語を復習したとしても英語は話せるようにならない。

 

 

3つのテキストとオンライン英会話で、英会話を独学で習得する

絶対的にアウトプットの回数が足りない

英語上達完全マップをやったことがある人はわかるだろうが、圧倒的にアウトプットの回数が少ない。どんどん瞬間英作文は、アウトプットの機会をセルフで作り、英語を話すためのフレーズを暗唱するものだった。音読パッケーシも音読を通して、アウトプットさせる学習法だ。

しかし、どれも英会話をする上で、アウトプット不足なのは否めない。話す力をつけるには、話す機会を作らなけらば絶対的な回数が足りない。

 

オンライン英会話で、アウトプットする機会をセルフでつくる

アウトプットする機会は、オンラインで簡単につくることができる。高い渡航費を払う留学や、日本からきた外国人が副業としてやっているグループワークの英語教室に通うことなく、インターネットで手軽に英会話ができる。

それも、無料体験レッスンを各会社で受ければ、1ヶ月近くは毎日無料で英語のレッスンが受けられるのだ。もはや、留学や怪しい英会話レッスンを受けずに英会話は上達できる。

【最新】スカイプで無料オンライン英会話レッスンを1ヶ月やって、英語を上達させる完全マップ

 

英会話は独学で勉強できる時代

英語完全上達マップで基礎から英会話に必要な知識をインプットする。話すために絶対に必要な情報を適切なタイミングでインプットすると同時に、無料英会話レッスンを使って、知識をアウトプットする。このプロセスをすれば、独学で日本にいながら必ず英語は話せるようになる。

 

具体的な実際のスケジュール

英語上達完全マップの勉強法による知識のインプットとオンライン英会話による英語のアウトプットによって、英会話力を劇的にアップさせる。これをすれば、簡単に英語が話せるようなるイメージはできたはず。具体的なスケジュールが以下。

 

❶st. 英語学習の準備

一週間で中学英文の総復習をする

一週間かけて、基本的な中学英語を復習する。最低2冊をさらっと読むことで中学英文を復習する。

たった3ヶ月の独学で英語が話せるようになるための3つのテキスト

 

使うべきテキスト

中学英文法の復習として使えるのが、この2冊。どんどん話すための瞬間英作文は言わずと知れた良書としてここ数年間、かなりの売上をあげている。英語を話すためにはこのテキストは外せない。

1

▶︎どんどん話すための瞬間英作文

 

中学3年間の英文法を10時間で復習する本なら時間をかけずにさらっと復習できる。テキストは基本的に自分の好みで選ぶべき。復習することがメイン。

2▶︎中学3年間の英文法を10時間で復習する本

 

❷nd. 英語を話してみる

オンライン英会話の無料体験を使って英語を話してみる。今の時点でどれだけ自分が英語を話すことができるのか。または、どれだけ英語が話せないのか知っておく必要がある。知るためのツールとして、オンライン英会話の無料体験レッスンを1回受ける。これがもっとも必要な作業。

一回目にオススメなのが、オンライン英会話hanaso。ここは、無料体験を受けた後、わずらわしい広告メールがこない。また、人にもよるだろうが、先生の対応もとても丁寧だった。初めてのオンライン体験に適している。

▶︎オンライン英会話hanaso

 

一度オンライン英会話を受ける理由

これまで英会話をやってこなかった人なら、全く話せないだろう。できるのは自己紹介ぐらい、いまの時点で何も英語が話せないことを確認するためにやる。

 

 話せないのが当たり前だと思い知る

ゼロからのスタートであることを意識する。最初から話せる人はいない。だからこそ、絶対に話せるようになってやるという気持ちを持つことが、最大のモチベーションになる。

 

恥じらいを楽しむ

ここで話せない恥ずかしさを体験しよう。オンラインの画面にいる先生は、日本から遥か離れた異国から授業をしている。また出会うことはまずない。会うことのない人に対して恥じらう意味はないはずた。恥じらうことなく、どんどん話すべき

 

 ❸rd. 本格的に勉強する

一度目のオンライン英会話の体験から、自分がどれほど英語が話せないのか痛感したはず。その悔しさを英語勉強に活かす。ここで、英語が話せないことに落胆し諦めてしまうような人間には、英語は話せるようにはならない。悔しさをモチベーションに変えられるホジティブさが必要。

 

オンライン英会話の体験を振り返る

英語を話そうと試みたが、自分の言いたいことが言えなかった。なぜ、その語がいえなかったのか分析することで、これから自分がどのようにして英語を学習していくのかプロセスを立てることができる。

たとえば、その単語を知らなかった場合や文法を復習しきれていないため分の構成の仕方がわからないなど、さまざまな理由があるはず。なぜ話せないのか、何が原因かを徹底的に分析すると自分がやるべき英語学習が見えてくる。

 

きなかったことを克服するためにテキストをインプット

できなかったことを克服するために知識をインプットする。

どんどん話すための瞬間英作文では、基本的な英文を反復しながらフレーズを暗記する。自分の頭の中で英作文を作るためにやる。

瞬間英作文を挫折した人へ、英語を話せる人の英会話6つのテクニックを紹介する

 

中学3年間の英文法を10時間で復習する本では、基礎文法を総復習できる。英会話だけなら、この英文法を知っておけば十分だ。

 

 

❹th. インプットした知識のアウトプット

本格的に勉強してインプットした英語の知識を、オンライン英会話を使ってアウトプットする。ある程度インプットに時間を使った後は、オンライン英会話の定期会員になることをおすすめする。

NativeCampなら24時間、予約をとらずにオンライン英会話が受けられる。特に、スマホアプリはオススメだ。スキマ時間に簡単につなぐことができ、友人と電話をする感覚で続けられる。スキマ時間を使って、アウトプットの機会を増やす。無料体験を何度かすることで、自分の好きなオンライン会社をみつけるのがコツ。

▶︎NativeCamp

どんどん瞬間英作文で勉強したページを無理やり会話で使う

Part1で取り組んだ❶を会話の中で使うというように使うフレーズを決めておく。一度使えば、二回目、三回目と簡単に口に出せるようになる。英会話は、表現を増やしていく積み重ね。苦手な表現であればあるほど、実際の会話で使うと効果が発揮される。簡単に自分の使える表現が増えていく。

1

 

 

❺th. 英語学習を習慣化させる

勉強することを習慣化させる。絶対にやってはいけないのが、途中でやめてしまうこと、せっかく、英語を勉強し始めたのなら、自分の描くゴールまて辿りつかせよう。

 

アウトプットの機会を確保する

インプットは、テキストを開けば簡単に時間を作ることができるが、アウトプットは話し相手が必要になる。アウトプットの機会を確保することが重要になる。

おすすめは、自分ん好みの先生を探し回ること。無料体験レッスンを通して、オンライン英会話をひたすら体験していく。無料であるため、費用もかからない、かつ、英語を話す機会が増えていく。さらに、会社ごとの違いがわかってくるため比較しやすい。

 

 

 

 

アプリを使って学習する時代

はっきり言って、教科書のみを使って勉強するだけの学習は時代遅れ。わざわざテキストを買わずとも、充実したアプリがある。なかでも。スタディサプリ ENGLISHは、英会話のスキルアップ教材として最適。

上で紹介したどんどん瞬間英作文の暗唱するパートを、スマホを使って、取り組むことがきる。ここまで綿密にトレーニングができるのは、スタディサプリくらいだろう。

最も人気なのが、「リスニングコース」。なぜ、英語が聞き取れないのか、どうしてリスニングができないと悩むのか、その「理由」を詳しく説明してくれる。

「つながる音」「落ちる音」「消える音」など英語特有の「音の変化」について、動画で詳しく解説してくれるのは、このアプリくらい。もっと早く知りたかったと悔やむほどおすすめできるアプリ。

僕は、アプリで勉強することにものすごく抵抗があった。たいていの学習アプリは、大したこのないレベルばかりだった。しかし、このスタディサプリは別物。英語学習のスペシャリスト達が太鼓判を押すほど人気になっている。さすがに全てのコースが無料ではないが、無料で使える学習カリキュラムもあるので、ぜひ試してほしい

▶︎ スタディサプリ ENGLISH

 

英語学習の記録の全て

英語を義務教育以外に真剣に勉強し直してから、3年程度かけて、そこそこビジネスで使えるレベルの英語力まで伸ばすことができた。その時の、学習過程の全てを記録している。

▷ 英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在

 

最新テキスト・サービスを使う

最新のテキストとサービスを使って学習をしよう。テキストだけを使って学習を完結する時代は終わった。英語学習の良質なサービスを使って、より早く、効率よく、自分の思い描くゴールへたどり着かせよう

▷ 【2017年】英語上達完全マップを最新テキストとサービスで、もう一度

 

英語学習に行き詰まりを感じたら

独学は、常に不安がつきまとう。このまま勉強を続けても伸びるだろうか。自分はこれだけ勉強したのに全く伸びていない。そういった不安や焦りをパーソナルトレーナーのカウンセリングでクリアにさせよう。

今では、オンラインで無料相談をしてくれるサービスまである。無料の相談をして、有料のコンテンツを利用しなければお金は全くかからない。無料相談や体験レッスンなどを以下にまとめた。

▷ 無料で英語勉強の相談をしよう。オンラインで受けられるカウンセリングサービスまとめ

 

おすすめの英語パーソナルジム

東京・大阪にお住まいなら、ライザップがおすすめ。ジムトレーニングで有名なライザップは、次に、英語の学習にもコミットし始めた。今現在、都内で2店舗。必ず結果を出したい、成果を出さなければならない人は利用すべき。

ライザップで利用すべきなのが、無料のカウンセリング。もし、あなたが、英語を独学で学ぶことに不安を抱えているのなら、一度相談してみるべき。最短で結果を出すために、自分が今、何をすべきなのか分析してアドバイスをくれる。カウンセリング自体は、無料なので、相談だけでもしてみる価値は十分にある。予約は公式ページからできる。

▶︎ ライザップイングリッシュ

1年間の長期スパンで結果を出したい人には、トライズがおすすめ。1年間の英語学習をサポートしてくれるサービス。パーソナルトレーニングジムはどこもいい値段設定。が3ヶ月で30万円近くする値段だが、トライズは月8万円。

独学で勉強が続かないストレスを感じるよりは、潔く人に教わる方が断然良い。無料カウンセリングで英語学習の悩みを相談するのも効果的

▶︎ トライズ

他にもいくつか英語に特化したパーソナルトレーニングジムをピックアップした。都内以外にも、オンラインで弱点分析をしてくれるサイトもまとめている。

▷ 英語パーソナルトレーニングができるイングリッシュジムまとめ

最近では、情勢向けのパーソナル英語ジムも増えてきている。女性だけが受けられる特別なトレーニング。女性限定の特別コースは、女性だけが受けれる。

▷ 女性限定!英会話パーソナルトレーニングが受けられる英語教室まとめ

 

オンラインで何でもできる時代へ

オンラインの環境で何でもできる時代となった。スキマ時間に外国の人と、無料で英会話ができる。英語の悩みを聞いてもらえる。悩んでいる部分をクリアにしながら独学で英会話が学べる。

こうした最新のツールを取り入れて、楽しく英語学習をしよう。オンライン英会話を無料体験できるサービスをまとめた。まずは、お試しで無料体験をすることをおすすめする。

 無料体験のみを使ってオンライン英会話を1ヶ月タダでやろう。最新のスカイプ英会話まとめ

 

 iPadノマド勉強

僕が行き着いた先が、iPadを使った勉強法だ。先に言うと、僕は地頭が悪い。集中力もない。だからこそ、今ある脳を最大限に使って効率を上げる必要があった。自分の気分が乗った時に、いつでも勉強できるような環境を作る。そのために、iPadに英語教材を全て取り込んだ。

このiPad勉強が、僕にはぴったりだった。ちょっとしたスキマ時間に単語の暗記をしたり、長い移動時間に洋書を読んだりと、いつでもどこでも自分の好きな勉強ができることでストレスを感じずに学習を続けることができた。自分が楽しく勉強が続けられる方法を見つけることが必要。

▷ iPadノマド勉強法!自炊で本をスキャンして、かっこよくおしゃれで効率のいい勉強をする

 

英語を身につけた後、何をしたいのか

英語が話せるようになりたい。そう考えている人は多い。だが、実際、英語を身につけた後に、身につけた英語をどう使ってよいのかわかっていない人が多い。就活、転職、海外就職のための「スキル」として持つだけでは、もったいない。英語をコミュニケーションの「ツール」として、外国人とシームレスに会話をしよう。

▷ 英語を使って海外で働く方法。セブの語学学校で仕事をするという選択肢

 

「社会人」を辞めた

英語を使う仕事に就きたいと、留学をする人は多い。僕もかつてそういった幻想を抱いていた。ただ、残念なことに、そう行った機会は「社会人時代」にやってこなかった。日系企業のほとんどは、日本国にで完結できる仕事をする。「内需」でまかなうことのできる企業がほとんどにもかかわらず、わざわざ海外へ出て「販路」を広げようという企業は少ないのだ。

そして僕は、「社会人」をやめた。

▷ 脱サラフリーランス計画実行。100万円のボーナスを捨てて、退職届を出してきた。

 

フリーランス起業家として活動

サラリーマンを辞めた僕は、「フリーランス」として個人事業主となった。肩書きで言えば、ウェブライターであり、カメラマンであり、ウェブコンサルタントであり、ウェブデザイナー、EC物販員、フルライムトラベラーである。多くの肩書きを持ちながら、マルチタスクをこなしている。

「英語」を軸に、英語を使いながら仕事ができている。日本にいるクライアントがほ飛んだがら、海外在住のお客様ともやりとりをする。ライターとしては、海外の情報を翻訳しながら日本に合う形で取り入れたり、日本に売っていない商品を海外から取り寄せたり、その逆もしている。ちなみに、収入は、サラリーマン時代の数倍は稼いでいる。

▷ フリーランス活動報告 1ヶ月目

 

ライターとしてセブ留学の体験記を書く

「英語」上達者として、セブ島の語学学校へ招待された。この仕事は、インフルエンサーとしての役割があったため、語学学校の生徒となり、実際に1ヶ月間セブ留学をした。その実際に体験した内容を、Abroaderサイトで記事する仕事。

英語を使って仕事をするということは、何も「海外で就職」したり、「外資の企業」に勤めることではない。「フリーランス」として多くの肩書きを持つことで、より選択肢を広げることも一つの手だ。

▷ セブ留学体験記#03 サウスピークEOP校 セブ留学の1日。

 

「情報発信」

「英語」を使った仕事の一例として、「フリーランス」という形を紹介した。このサイトは、「英語」を学んだり、「フリーランス」になったり、「副業」を始めるための、「情報提供」になればと考えている。見た人が自分でもできると感じてもられるような内容にするため、僕のやってきた軌跡をメモしている。

▷ About me