起きてから寝るまでの英語表現700はもう古い?留学、旅行で使えるのか?

起きてから寝るまでの英語表現700は人気作。実際に、起きてから寝るまでが1日であるため、このテキストをマスターすれば1日中英語を話したことになる。

 

起きてから寝るまでの英語表現は使えるのか?

留学に持って行ったテキスト

学生時代、留学をした。その際に、このCD付 起きてから寝るまで英語表現700 完全改訂版を持って行った。僕の発想はこうだった。起きてから寝るまでの1日を、英語で表現できれば、英語が話せる人間に近づけると。

留学先のアメリカでは、ホームステイする予定だった。英語がほぼ話せなかった僕は、日常の使える英語すら知らなかったため、何か参考になればこのフレーズがパクれるとおもっていた。

例えば、歯を磨く、ベットで寝る。など全く難しくない表現でも、参考になるフレーズがあるだろうと考え、このテキストを手に取った。

 

2016-05-11 20.22.45

 

 

あまり使わなかった。少なくとも留学には

留学ではあまり使用しなかった

持って行って間もなく、英語の壁にぶち当たった。全く何を行っているのかわからなかったし、そもそも、何を行っているのか見当もつかない。発音がアメリカンすぎて、和製英語の僕には、理解ができなかった。

要は、基礎の基礎ができていなかったため、CD付 起きてから寝るまで英語表現700 完全改訂版を使っている場合ではなかった。

2016-05-11 20.22.42

 

700例文

ちょっと小洒落た表現が多いため、基礎の基礎を勉強する僕には表現が限定された。もっとシンプルな英語を話したいのに、700この例文は、何かしら条件が限定されていた。

 

独り言700例文

表現が限定されていた理由は、この例文の多くが独り言で成り立っているからではないかと思う。要するに何かを相手に伝える表現ではなく、自分が行ったことを英語に訳している文だからだ。

タイトルにもあるように、起きてから寝るまで英語表現700と、主観で書かれた700個の表現集なのだ。口語表現向きではなく、独り言として考えると自分の中で腑に落ちた。

 

まとめ

キャッチーなタイトルに踊らされるな

起きてから寝るまで英語表現700は、内容をみて買うべき。僕のように口語表現が学ぶために買うのも良いが、テキストをどのように使うかイメージしながら買うべき。有名著書である分、ミーハーにならずきちんと自分の中で精査するのをおすすめする。

もしあなたが英語を話したいと思ってこの本を手にする前に、もっと別の方法を考えるのも良いだろう。英語は独学で勉強できる世の中になった。僕は留学をしたが、英語漬けの毎日を日本にいながら作ることができる。英語の勉強はやり方次第で簡単に上達する。

 

独学で英語を学ぶ

真剣に英語を学びたいのなら、方法はたくさんある。9ヶ月真剣に英語と向き合った記録をまとめた。そのときの勉強スケジュールが以下

▷ 英語上達完全マップを10ヶ月やってみたを9ヶ月やった結果と現在

最新テキスト・サービスを使う

最新のテキストとサービスを使って学習をしよう。はっきり言って、テキストのみを使って勉強するだけの学習は時代遅れ。スタディサプリ ENGLISHなどのアプリを使って、最高の学習環境を作ろう。英語学習の良質なサービスを使って、より早く、効率よく、自分の思い描くゴールへたどり着かせよう

▷ 【2017年】英語上達完全マップを最新テキストとサービスで、もう一度

英語学習に行き詰まりを感じたら

英語パーソナルトレーニング

独学は、常に不安がつきまとう。このまま勉強を続けても伸びるだろうか。自分はこれだけ勉強したのに全く伸びていない。そういった不安や焦りをパーソナルトレーナーのカウンセリングでクリアにさせよう。

今では、オンラインで無料相談をしてくれるサービスまである。無料の相談をして、有料のコンテンツを利用しなければお金は全くかからない。無料相談や体験レッスンなどを以下にまとめた。

▷ 英語パーソナルトレーニングができるイングリッシュジムまとめ