サンフランシスコに留学をした「4つの理由」

私は、学生時代サンフランシスコに留学しました。約1年近く留学したサンフランシスコ。留学をサンフランシスコに選んだキッカケを語っていきます。気になった方は以下をチェック!

▷ サンフランシスコに留学をした「4つの理由」

▷ ガイドブックに載っていない!サンフランシスコで絶対に行くべきカフェ Capital one cafe

▷ 絶対オススメ!サンフランシスコでしか食べれないチキンティッカマサラ

▷ 英語を使って仕事をする。僕が留学をして就活で失敗したワケとその後

 


サンフランシスコを選んだ4つのワケ

 

01 コンパクトシティー

 IMG_0942  IMG_0945

知っていましたか?サンフランシスコは、小さな都市です。ちょうど山手線の1周の内側の面積と同じです。それだけ小さな街なのですが、全世界に知名度があります。面積は120㎢と小さいのですが、観光地も沢山あります。ゴールデンゲートブリッジ、Per39、サンフランシスコジャイアンツスタジアム、ヨセミテなどなど行くべき場所が満載です。

ちなみに、私はヨセミテいってません。行くべきだったかもしれません。ちょっと市内から遠いため、日本人向けの現地ツアーを組むのがよいかもしれませんね。他にもアクティビティとして、スカイダイビングやユニオンスクエアの季節イベントなど催し物もおすすめです。

 

02 アジア人向けで住みやすい

IMG_0952  IMG_0951

市内の中心部にユニクロがあります

サンフランシスコは、西海岸にあります。アメリカの西に位置するため、アジアからの移住者が多いのが特徴です。ジャパンタウンやチャイナタウンなどアジアの日本人が手がけている日本食や美容室、本屋で言えば紀伊国屋が入っています。スーパーも日本の食材やお菓子が並んでいるので、恋しくなることもありませんし、日本人コミュニティのイベントや集まりも多いです。

日本食が食べられるのは嬉しいことですが、ハズレをひかないようにしてください。たまに日本人シャフではない人が見よう見真似で作っている日本食もあります。現地の日本食を食べ比べするのも面白いかもしれませんね。

 

03 勉強できる施設が充実

IMG_1017  IMG_0991

留学で気になるのが、勉強面です。安心してください、勉強スペースは沢山あります。サンフランシスコには数多くのカフェがあります。図書館もあります。美術館もあります。何でも揃っています。お気に入りのカフェで勉強した後、ジムに通って、その後にWifi環境のあるホテルのロビーで友達としゃべって帰る毎日を過ごしていました。

 

04 ほどんど雨が降らない、涼しい気候

IMG_0953  IMG_0979

サンフランシスコは雨が少ないです。約1年いて傘を1度しか使いませんでした。それくらい降りませんし、降ってもすぐに止みます。その代わり、風が強いです。西海岸からの風がよく吹いていました。夏も寒くなることがあるので、何か羽織れるものを持ち歩くべきです。冬は、コートがいるくらいの寒さです。

留学斡旋会社に相談にいった時、サンフランシスコは雨が多いと聞きました。嘘です。全然降りません。サンフランシスコの少し北はよく雨が降るそうですが、市内は降りません。留学斡旋会社も正確な情報を持っていないこともあるので注意してください。

 


最後に

 

サンフランシスコは、コンパクトシティです。日本人が住みやすい環境で日本語が恋しくなることや、日本食が食べたくなる衝動にかられても対処できます。少し離れたブロックに行けば、アジア人のいないコミュニティにも参加することもできます。日本人向けの環境ですが、英語漬けの毎日を過ごせます。

また、勉強スペースも数多く便利な街です。 留学を決めるときに、環境を気にする方が多いとおもいます。自分は周りに流されて勉強できないだとか、日本人が多いからだめだとか、ネガティブなことを考えがちです。留学斡旋会社も、実際、全世界にいったことはないので、曖昧な情報提供しかできません。

要は、全ては自分次第です。勉強に集中できる人は、どこでもできるし、遊びがうまい人は、どこの環境でも遊べます。また私は、日本人がいる環境の方が英語学習ができると思っています。日本人に聞かないとわからない微妙な表現方法や翻訳、英会話の学習方法など相談できるためです。過度に環境にこだわらず、自分のやりたいことができる場所を選んでみてください。サンフランシスコはおすすめですよ。

 

▷ サンフランシスコに留学をした「4つの理由」

▷ ガイドブックに載っていない!サンフランシスコで絶対に行くべきカフェ Capital one cafe

▷ 絶対オススメ!サンフランシスコでしか食べれないチキンティッカマサラ

▷ 英語を使って仕事をする。僕が留学をして就活で失敗したワケとその後