超低速メソッド英語発音トレーニングで発音を徹底やり直しする

超低速メソッド英語発音トレーニング (CDブック)

目的:発音を徹底的に理解する

難易度:★☆☆☆☆

オススメ度:★★☆☆

やり込み期間:1ヶ月

 

超低速メソッド英語発音トレーニング (CDブック)」で、脱日本語英語をしよう。超低速の音源を使って、一つ一つの発音の音の変化を耳で捉えよう。音楽を聞く感覚で発音を学習するのはこのテキストがオススメだ。

 


超低速メソッドで発音をやり直した3つのワケ

 

 発音を一からやり直す

英語を綺麗に発音したい。僕はどうしてもこのテーマをクリアしたかった。当時、「英語のリスニングは発音力で決まる!」をやり込んでいたため、ある程度発音には自信があった。しかし、現実は甘くなく、ちょっとした文章のつながりなどで、発音を聞き取ってもらえないことが多かった。

一つ一つの単語は発音できるのに、文章となると発音できない。この発音のズレを埋めたかった。

 

 低速による分析する

発音のズレを、超低速メソッド英語発音トレーニング (CDブック)で克服しようと試みたのだ。要は、ゆっくり発音される英語の音の変化を自分がマスターする。

・超低速で、ネィティブスピーカーが発音

・日頃、聞き取れない細部の音の変化も聞くことができる

・ゆっくりなので音マネしやすい

・自分の発音をムービーで録音して聞き分け

 

なかでも、CD音源と、自分の発音を聴き比べるとその違いが簡単にわかった。自分では発音しているつもりなのに、録音するとこもって聞こえる。など口の開き方が足りなかった。

 

 口の開け方や舌の動きを認識する

日本語にない口と舌の動きをマスターする。自分の発音と、本物の発音の差を分析した後は、ひたすら練習をした。

日本語は、口の開け方や舌の動きをあまり変化させなくても発音できるが、英語はより口を開いたり、舌を動かす。とにかく大げさに、自分が思っている以上、誇張をして発音することで、本物に近づいていった。誇張をすることで、実践の会話でもこもった音にならず、発音に必要な筋肉を意識して使えるようになった。

 


最後に

 

低速メソッドは、発音をやり直すのに最適だ。ある程度発音に自信のある方が、よりクリアな発音を求めて、本書に取り組むのもいい。また、初めての発音のトレーニングする方にも役に立つ。

 

 勉強に限界を感じたら

✔︎ 英語パーソナルトレーニング

一人で勉強するのが苦手な人、 長続きしない人は、英語のパーソナルトレーニングを受けてみるのはどうだろうか。いまやイングリッシュジムと呼ばれるトレーニング施設が続々と登場している。

独学は、常に不安がつきまとう。このまま勉強を続けても伸びるだろうか。自分はこれだけ勉強したのに全く伸びていない。そういった不安や焦りをパーソナルトレーナーのカウンセリングでクリアにさせよう。無料相談や体験レッスンなど無料のツールをうまくべきだ。

▷ 英語パーソナルトレーニングができるイングリッシュジムまとめ

女性専用のパーソナルトレーニングもできている。女性限定のサービスを使うことで効率面、ストレス面をカバーしながら学習を進めることができる。

女性限定割引や、初心者用のコースなど、充実した選択肢が得られる。

▷ 女性限定!英会話パーソナルトレーニングが受けられる英語教室まとめ